FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報
バックナンバー

アルパリジャパンの乗り換え先口座を調査。
ドル/円0.3銭原則固定のMT4口座とは?

2015年01月29日(木)東京時間 19:42

MT4チャート表示が可能! YJFX![外貨ex]は限定3000円キャッシュバック中!

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 今回は、スイスショックが原因で口座が閉鎖状態となった、アルパリジャパンの乗り換え先となりそうな、国内のメタトレーダー(MT4)口座を探してみました。

■スイスショックによるFX会社への打撃

 2015年1月15日(木)、SNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])によるユーロ/スイスフランの防衛ライン撤廃を受け、ユーロ/スイスフランは数十分で約3800pips暴落するなど、マーケットは一時、大混乱となりました。

【参考記事】
ユーロ/スイスフランが約3800pips大暴落! スイス中銀が防衛ラインの撤廃を発表!
プライスが消えた…。現役インターバンクディーラーが語ったスイスショックの瞬間
スイスショックで借金の悲劇!個人投資家を直撃、裁判への動きも…

 FX業界においては、相場の急変動で有効証拠金以上の損失を被った投資家も少なくありませんでした。

 特に海外FX会社への打撃が大きく、顧客が被った損失を肩代わりしきれなくなったアルパリ(UK) Limitedは、2015年1月16日(金)に破綻することを発表。

 これを受け、アルパリ・グループの日本法人であるアルパリジャパンでも、すべてのポジションが強制的に決済されました。

 また、アルパリ(UK) Limitedのほかにも、米大手FX会社のFXCMも、顧客による損失が2億2500万ドル(約263億円)にまで膨らみ、一時は危機的状況に陥りましたが、米複合企業ルーカディア・ナショナル(米投資銀行ジェフリーズの親会社)から、3億ドルの資金支援を受けることで、最悪の事態は免れました。

 幸い、FXCMジャパン証券は日本で登録されている独立法人であり、この騒動によるFXCMジャパン証券の財政基盤への影響はなかったようです。

【参考記事】
スイスショックでアルパリUKが破綻! スイスフラン大暴騰で損失をカバーできず
ついに破綻も! スイス中銀の爆弾発言は欧米のFX会社にどう影響したのか?(広瀬隆雄)

■選ぶなら「完全信託保全」のFX会社!

 アルパリジャパンを除けば、スイスショックによる国内FX会社への影響は限定的だったものの、アルパリジャパンで取引をしていた方は、代わりとなる口座を見つけなければいけません。

 アルパリジャパンには、メタトレーダー(MT4)のシステムを採用した[スタンダード口座]と[プロ口座]、CURRENEX系システムを採用した[アルパリダイレクト]がありました。

 特にアルパリジャパンのメタトレーダー(MT4)は、メタトレーダー(MT4)口座としてはスプレッドが狭く、[スタンダード口座]なら1000通貨単位の取引ができて、さらに1週間の日足のローソク足が5本と正常な本数。閉鎖状態となってしまったのが惜しいくらいのスペックを持っていました。

 そんなアルパリジャパンの乗り換え先を探すにあたり、スプレッドなどの取引コスト以外にも、先日のスイスショックのような異常事態が発生した際、FX会社が顧客の資産が保全できるかどうかという点も重要なチェック項目となります。

 今回、当記事でご紹介するメタトレーダー(MT4)取り扱い会社は、すべて日本国内の会社であるため、完全信託保全のシステムを採用しています。これにより、万が一、会社が破綻した場合でも、顧客の証拠金は基本的には安全に保護されることになっています。

■米ドル/円スプレッド0.3銭原則固定のMT4口座!

 では、国内の主要メタトレーダー(MT4)口座の基本スペックを比較してみましょう。

国内メタトレーダー(MT4)口座のスペック比較(2015年1月29日現在・クリックで拡大)

(※)スプレッドはすべて、例外あり

 主要通貨のスプレッドや日足の本数、そして通貨ペア数などを総合的に比べてみると、OANDA Japan[MetaTrader4・ベーシックコース]が良さそうですね。

米ドル/円0.3銭原則固定、ユーロ/米ドル0.5pips原則固定は、低スプレッドで有名なあのGMOクリック証券[FXネオ]と同水準です。

 ただし、OANDA Japan[MetaTrader4・ベーシックコース]は、1回の最大取引数量が10万通貨までというところに注意しなければいけません。

 OANDA Japanのもう一つのメタトレーダー(MT4)口座、[MetaTrader4・プロコース]であれば、1回につき300万通貨までの取引が可能ですが、米ドル/円スプレッドは0.7銭原則固定、ユーロ/米ドルは0.8pips原則固定など、スプレッドが[MetaTrader4・ベーシックコース]よりは広くなります。

[MetaTrader4・ベーシックコース]と[MetaTrader4・プロコース]のスプレッド

 けれど、[MetaTrader4・ベーシックコース]よりは広くなるとはいえ、[MetaTrader4・プロコース]のスプレッドも、メタトレーダー(MT4)口座の中では十分に狭いほうです。

 1回10万通貨以下で取引する方であれば、OANDA Japan[MetaTrader4・ベーシックコース]が最適だと思いますが、大口で取引する方でも、OANDA Japanの[MetaTrader4・プロコース]はいい選択肢ではないでしょうか。

 また、メタトレーダー(MT4)口座においては、1週間の日足ローソク足の本数も…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 73217人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ザイスポFX!about Meta Trader
ザイFX!編集部

このコーナーではザイFX!編集部がメタトレーダー(MT4)に関する、あらゆる最新情報をお届けします。
そのジャンルは「FX会社のキャンペーン」「FX会社の新サービス」「MT4インディケーター」「MT4便利ワザ」「MT4最新情報」の5つ。5つのジャンルごとにバックナンバー一覧も表示可能。メタトレーダー好きなトレーダーさん必見のコーナーです。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

記事ジャンル別バックナンバー

  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報


>>>バックナンバー一覧

■親サイト「ザイFX!」内のコンテンツ シストレ比較 ⇒EAにお任せでFXの自動売買! メタトレーダー(MT4)口座のシストレ比較はこちら

FX会社徹底比較

FX会社 スプレッド 申し込み
スプレッド(米ドル円) スプレッド(ユーロ円) スプレッド(豪ドル円) スプレッド(ユーロ米ドル)
ザイFX!限定キャンペーン実施中
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1000通貨コース]
詳細
0.3銭
原則固定
9/29までのキャンペーン
0.6銭
原則固定
9/29までのキャンペーン
1.4銭
原則固定
0.8pips
原則固定
9/29までのキャンペーン
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
YJFX![外貨ex]
詳細 ※MT4ではチャート表示のみ可能。取引はできない。
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
10/31までのキャンペーン
0.7銭
原則固定
10/31までのキャンペーン
0.4pips
原則固定
10/31までのキャンペーン
口座開設資料請求
楽天証券[楽天MT4]
詳細
0.5銭
原則固定
1.1銭
原則固定
1.2銭
原則固定
0.6pips
原則固定
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1万通貨コース]
詳細
0.8銭
原則固定
1.4銭
原則固定
2.0銭
原則固定
1.4pips
原則固定
口座開設資料請求
ゲインキャピタル・ジャパン[MetaTrader4]
詳細
1.5~1.9銭 2.2~3.1銭 2.0~3.0銭 1.7~
2.1pips
口座開設資料請求

「ザイFX!×MT4」が総力をあげてMT4が使えるFX会社の最新データを調査。徹底比較しています! 0920日更新

top-fxcompany-bottom-btn

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ザイFX!×メタトレーダー(MT4)トップにもどる
YJFX![外貨ex]

ザイFX!期間限定キャンペーン

ザイ オンライン
ザイFX!に戻る
超図解メタトレーダー入門

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。