為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

ポンド殺人事件の謎を追う!暴落の真相は?
スプレッドが狭いままだったFX会社発見!

2016年10月12日(水)東京時間 15:26

■英ポンド暴落で被害者多数!!

「殺人通貨」の異名を持つ英ポンドの本領発揮というべきだろう。10月7日(金)、朝8時すぎ、英ポンドは大暴落。大きな損失を被った人も多かったようだ。

英ポンド/米ドル 30分足
英ポンド/米ドル 30分足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 30分足

YJFX!「ファイナンススタジアム」の状況(クリックで拡大)
YJFX!「ファイナンススタジアム」の状況

(出所:YJFX!「ファイナンススタジアム」)

■英ポンド暴落の安値、なぜ、こうも違うのか?

この英ポンド殺人事件、謎は多い。8時には1.26ドル台だった英ポンド/米ドルはいくらまで下ったのか? こんな単純な質問にすら答えるのが難しいのだ。

 10月7日(金)の安値を見ると、セントラル短資FXでは1.14011ドル。ところが、楽天証券では1.23024ドルと800pips以上の差が開いているのだ。差があるのは、この2社だけではない。

 主だったFX会社の10月7日(金)の安値(ビッド=売ることができる価格)を比べたのが以下の表だ。

 この表を見ると、安値の食い違いだけでなく、もう1つの謎に気がつく。英ポンド暴落は8時台だったはずなのに、楽天証券マネーパートナーズでは安値をつけた時間帯が19時台。他社と大きく異なっているのだ。

FX会社によって、安値の価格も安値をつけた時間帯も異なる

※各FX会社の1分足や5分足チャートにて、8月7日(金)の英ポンド/米ドルの安値と安値をつけた時間を調査。為替レートはビッドのレート。

■FXでは会社ごとにレートが違って当然。だけど…

 誰かがウソをついているのだろうか? 決して、そういうわけではない。為替市場は基本的に「OTC(相対取引)」(※)。株式市場のように中心となる市場があるわけではなく、買いたい人と売りたい人が折り合えば取引は成立する

 円を米ドルに交換したい輸入企業だったら、いろんな銀行に電話して少しでもいいレートを探すかもしれないし、「いつも御行を使ってるじゃないですか~」なんて寝技に持ち込んで、有利なレートを引き出そうとするかも。同じようにFX会社が提示する為替レートも一律ではないから、会社によって違いはあって当然だ。

 ただ、今回のように800pipsも差が出るのは非常に珍しい。平時なら1pipsも違わないことが多いし、米雇用統計の発表直後のような乱高下する時だって、せいぜい10pips、20pips程度の違いだ。

 とすると、10月7日(金)の英ポンド安値、本当はいったい、いくらなのだろうか?

(※編集部注:日本の為替市場には「くりっく365」という取引所取引もあるが、その取引量は少なく、日本株における東京証券取引所のような存在ではない。為替市場は基本的に「OTC(相対取引)」ということで間違いない)

■銀行の安値は1.1838ドル水準

 信憑性が高いと思われる経済メディアは安値をどう報じたのだろうか。

ロイターの1.1491ドルに対して、ブルームバーグは1.1841ドルと、やはり、ここでも350pipsの食い違いがある。

 「為替取引は相対ですから銀行やFX会社によって安値が異なるのは当然です。ただ、こうした時に基準となるのは大手の金融機関で取引されたレート。今回でいえば、1.1838ドルあたりの水準が多くの銀行で安値となっています」(元HSBCチーフトレーダーで為替取引の電子仲介システム創設にも携わった竹内典弘さん)

【参考記事】
HSBCの元チーフトレーダーが教えるプロの思考。為替を動かす3要素とは?

 1.1838ドルが基準とはいえ、それより下の銀行もあるだろうし、上の銀行もあるはず。あくまでも「1.1838ドルあたりが基準」とぼんやり考えておくのが良さそう。

 「また、あとから安値が調整されることもあります。今回もロイターは当初、安値を1.1378ドルと報じていました。ところが後に、『7日のポンド/ドル最安値、取引キャンセルで1.1491ドルに修正』との記事を出しました。10月7日(金)のような暴落時には自社や優良顧客の約定レートを調整するんです。もちろん、それをやった銀行の信用や評判はガタ落ちですが…」

 大きな混乱を招いた英ポンド暴落、何が原因だった…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 66623人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
FX情報局
FX情報局

為替相場の先行きはどうなるのか? 各国金融当局はこれからどう動くか? 為替介入はあるのか? 世界経済の先行きは明るい? 暗い? 欧米のFX業界の動向は?……などなど、FXにまつわる情報が集まってくるのがこの「FX情報局」。このコーナーでは、ザイFX!編集部以外から広くFXに関する情報を集め、読者のみなさまにお届けします。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

1万円+限定5000円がもらえる!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!

link

ザイFX!限定5000円!

サクソバンク証券

月曜早朝3時から取引可能!週末ニュースを収益チャンスに

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.53112.80

USDJPY

豪ドル/円-0.3286.95

AUDJPY

トルコリラ/円-0.0731.54

TRYJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
02月20日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門