FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

実はチャイナショック時以上にひたひたと
進んでいる中国人民元安。その理由は?

2016年11月25日(金)東京時間 12:10

■実は、対米ドルで中国人民元安が進んでいる

 まさかのトランプ氏勝利で終えた米大統領選があったせいで、いろんなことが吹っ飛んでしまった感じがしますが、2016年11月冒頭に、当コーナーで大手ネット証券の一角、楽天証券[楽天FX]が中国人民元/円の取り扱いがスタートしたという話題をお届けしました。覚えているでしょうか?

【参考記事】
楽天証券が中国人民元/円を新たに追加。中国人民元相場でも注目は米大統領選!

 その際、「中国人民元は、2016年10月24日(月)に、対米ドルで2015年8月のチャイナショック時や2016年1月の中国株暴落時の安値を更新するなど急速な中国人民元安が進んでいる」という点に触れ、この話題については別の機会にお伝えするとしていました。

 当記事が、その別の機会です。ここでは、昨今進んでいる対米ドルでの中国人民元安について、あれこれ掘り下げてみたいと思います。

■チャイナショックや中国株暴落時の安値も更新! なぜ?

 まずは、米ドル/中国人民元の月足チャートを見てみましょう。

 お伝えした2015年8月のチャイナショックや2016年1月の中国株暴落時の安値を飛び越えて、中国人民元安が進んでいるのがおわかりいただけると思います。中国人民元安は、2016年11月現在も進行形です。

 いったいどうして、ここまで中国人民元安が進んでいるのでしょうか?

米ドル/中国人民元 週足
米ドル/中国人民元 週足

(出所:CQG)

■2016年11月の上昇は、トランプ勝利の余波によるもの

 まず、米大統領選を終えた2016年11月9日(水)以降は、トランプ氏がまさかの勝利を収めたことで、マーケットでは米長期金利が上昇し、米ドル全面高の様相となっていますので、中国人民元が対米ドルで下落幅を広げているのも、このことが大きく影響しているのだと考えられます。

【参考記事】
トランプ勝利で狼狽は禁物! イエレンはお払い箱! バラマキ政策で景気は良くなる

米長期金利 日足
米長期金利 日足

(出所:CQG)

 米長期金利上昇(=米10年物国債価格の下落)の理由が、トランプ次期大統領の経済政策による景気回復を期待したポジティブな反応によるものなのか? 逆にトランプ氏の経済政策によって米国財政が悪化し、米国債のリスクが増すとみるネガティブな反応によるものなのか? 定かではありませんが、どっちにしろ、米長期金利の上昇は単純に米ドル高要因になります。

中国人民元も全体的な米ドル高の流れに乗って、対米ドルでの下落が進んだと考えるのが自然ではないでしょうか?

■中国との間に、最大45%の高い関税の壁を築く!?

 また、あれこれ物議を醸しまくってきたトランプ発言ですが、その中には中国に影響を与えるものもあります。まさか中国と米国の間に物理的な壁をブチ建てることはできませんが(トランプ次期大統領は、メキシコとの国境に壁を作ると主張している)、対中国では、貿易において最大45%という高い関税の壁を築くと主張しているのです。

【参考記事】
4.75%の高金利!カギはトランプ氏が握る!? 今、メキシコペソが注目されるのはなぜ?

ドナルド・トランプ次期大統領

大統領選挙中は、過激な発言で物議を醸してきたトランプ次期大統領。「メキシコに壁を作るゾ!」発言も衝撃的でしたが、中国に最大45%の関税を課すという考え方も、ある意味、貿易の壁を作るってことですよね…?(C)Win McNamee/Getty Images

 これは、中国を為替操作国に認定し、そのペナルティとして高い関税を課そうというもの…。もし、そんなに高い関税がかけられたら中国は貿易黒字を減らすことになりますし、コストパフォーマンスを求めて中国に進出している各国の企業も撤退することになりかねません。

 これは、中国経済にとってはマイナス材料となり、ひいては中国人民元安要因となります。

■中国人民元安の根本原因は、国外への資金流出か

 このように、米大統領選以降の中国人民元安は、トランプ氏勝利の余波による影響が色濃いと考えられるのですが、冒頭でお伝えしたとおり、中国人民元の対米ドルでの下落が特に顕著になったのは、米大統領選の少し前、2016年10月頃のこと。いったい何がありましたっけ…?

米ドル/中国人民元 日足
米ドル/中国人民元 日足

(出所:CQG)

 2016年12月の米国利上げ期待の背景に、マーケットは相対的な米ドル高が進みやすい環境下にあったとか、10月1日(土)付で行われた中国人民元のSDR(特別引出権)構成通貨入りが影響しているとか、それっぽい理由はいくつか挙げられますが、それより何より、もっとも根本的な原因となっているのは、「中国からの資金流出」ではないかと言われています。

 2016年の中国のGDP成長率を見ると6.7%と、あるかないかわからないような先進国のGDP成長率に比べると、うんと高い経済成長率を誇っていますが、10%を超えていたような時期にくらべると鈍化しているのはたしか。

 2015年8月には、チャイナショックなんてトンデモ事件も起こり、「中国経済はヤバイ!」とか「バブル崩壊!?」とか、過度に騒ぎ立てられた感もありますが、事実、鈍化しているとお伝えしたGDP成長率をはじめ、今の中国経済を見ると、右肩上がり一色というワケではないようです。

【参考記事】
中国発のリスク回避強まり世界同時株安! 南アランド/円は乱高下、一時10%超暴落!
田代尚機氏に聞く中国経済(1)上海株の暴落は中国経済減速が原因ではない!

 株価もチャイナショック以降、ぱっとしない状況が続いていますしね…。

上海総合指数 週足
上海総合指数 月足

(出所:CQG)

 経済が減速…株価も戻りが弱い…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 72090人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

取引でTポイントが貯まる! YJFX![外貨ex]

YJFX![外貨ex]

ザイFX!限定3000円もらえるキャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

5年連続でFX取引高世界第1位を達成! ザイFX!限定3000円キャッシュバック

FX情報局
FX情報局

為替相場の先行きはどうなるのか? 各国金融当局はこれからどう動くか? 為替介入はあるのか? 世界経済の先行きは明るい? 暗い? 欧米のFX業界の動向は?……などなど、FXにまつわる情報が集まってくるのがこの「FX情報局」。このコーナーでは、ザイFX!編集部以外から広くFXに関する情報を集め、読者のみなさまにお届けします。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で3000円!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

イメージキャラクター深田恭子さん! 魅力の低スプレッド

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

通常5000円に加えて3000円追加キャッシュバックが貰えるのはザイFX!だけ

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.34109.30

USDJPY

豪ドル/円-0.1186.02

AUDJPY

NZドル/円-0.0778.63

NZDJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
08月21日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門