FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

NYダウ、史上最大の暴落にVIX指数の影。
ビットコインも真っ青。2日で96%下落って!?

2018年02月08日(木)東京時間 17:45

【DMM FX】ザイFX!限定! 口座開設+初回取引で4000円キャッシュバック

■パウエル新議長への洗礼!? NYダウが史上最大の下落!

2018年2月5日(月)。ジェローム・パウエル氏がFRB(米連邦準備制度理事会)の第16代議長に就任したこの日、米国の代表的な株価指数であるNYダウが、史上最大の下落幅となる大暴落を演じました。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:Bloomberg)

 これが世界的な株安へと波及し、翌日6日(火)には日経平均が一時、前日比で1600円以上も値下がりするなど、金融市場に大きなインパクトを与えました。

日経平均 日足
日経平均 日足

(出所:Bloomberg)

 NYダウは大暴落の翌日に大きく反発し、日経平均は下げ止まったような動きとなりました。売りが売りを呼ぶような、パニック的な動きは一服していますが、そもそもなぜ、このような動きが引き起こされたのでしょうか?

■暴落の原因はどこにあった?

 一部には、2月2日(金)に発表された米雇用統計の強い結果で米長期金利が上昇したため、急激な金利上昇がネガティブな材料となりやすい株式が下落したとの説がありました。

 ただ、そのことはきっかけの1つにすぎないとの見方が多いようです。現在、もっとも有力な説として語られているのは、VIX指数が大暴騰したことと関係して、リスク資産の株が大きく売られたというものです。

 VIX指数(CBOE Volatility Index)とは、CBOE(シカゴ・オプション取引所)が公表している、米国の代表的な株価指数S&P500を対象としたオプション取引のボラティリティを元に算出された指数です。

 投資家の心理状態を示す指数として注目され、市場ではVIX指数に関連した金融商品の取引が活発に行われています。日本では恐怖指数と呼ばれることもあるVIX指数ですが、実際にチャートを見ると、2月5日(月)に急騰し、翌6日(火)には一時、50台まで駆け上がるという、とんでもない動きをみせたのです。

VIX指数 日足
VIX指数 日足

(出所:Bloomberg)

 先ほど書いたとおり、VIX指数はボラティリティを元に算出された指数です。相場の上下に関係なく、相場の変動率が高まればVIX指数は上がりそうですが、普通はVIX指数の値が高いほど、投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとみなされ、株式が暴落すると、VIX指数は爆上げすることが多いようです。

VIX指数は平常時は10~20ぐらいの間を推移していて、30を越すと不透明感が非常に高まっていると判断されます。上のチャートをみると、今回はこの警戒水域を大きく超えたことがわかります。

■長い低ボラティリティが引き起こしたパニック相場だった!?

 では、VIX指数急騰の背景にあったものとは、いったい何だったのか?

 かつて、ザイFX!のインタビューに応じてくれたこともあり、エコノミスト、為替ストラテジストとして活躍する天才トルコ人のエミン・ユルマズさんに急遽、この原因の解説をお願いしたところ、以下のようなコメントをいただきました。

「実は最近、低ボラティリティの方向にベットする金融商品が人気で、今年(2018年)1月に、米国でもっとも人気の高い2つの大きなETN(上場投資証券)への投資は、莫大な金額に達しました。

これらのETNのライバル商品も計算に入れると、さらに大きな金額が低ボラティリティの方向にベットされていました。

なぜこうなったのかと言いますと、2015年以降は低ボラティリティにベットする投資がずっと儲かっていたからです。直近3年間のVIX指数の平均値は14で、過去30年の平均より約5ポイントも下でした。そして、近い将来に上昇する気配もありませんでした。

しかし、2月5日(月)に、この低ボラティリティにベットした過剰なポジションの巻き戻しが連鎖反応を起こしました。ボラティリティが上昇し始めると、たとえば損失をカバーするためにVIX先物をロング(=買い)し始めます。みんなが同時に動いたので、この動きはVIX指数をさらに上昇させる結果になり、低ボラティリティ方向へベットしていたETNのポジションをさらに巻き戻す必要が生まれました。

その結果、1月上旬には10を割り込む歴史的な低水準だったVIX指数は、2月5日(月)に38.80、6日(火)に50.30まで急上昇しました。

VIXの急上昇を受け、今度はリスクパリティ戦略(※)で運用されている株式などのリスク資産が一気に売られ、相場が大パニックになりました。これは、誰も予想していなかった動きです」

(※編集部注:「リスクパリティ戦略」とは、ボラティリティが低い資産を多めに、高い資産を少なめにと調整して、特定の資産の影響を受けにくくしていく投資戦略のこと)

【参考記事】
天才トルコ人・エミン氏に聞くトルコリラ(1) 11月総選挙がトルコリラの命運を左右する
天才トルコ人・エミン氏に聞くトルコリラ(2) トルコリラの行方は「田中角栄」が握る!?
NYダウは665ドル安! 日経平均も大幅安! それでも米ドル/円が下げなかったワケは?(西原宏一&大橋ひろこ)

 通常、投資家は株式などのリスク商品が暴落する時のヘッジ手段としてVIX先物指数に連動するETNなどを購入し、市場のボラティリティ拡大に備えます。

 しかし、ここ数年は金融市場のボラティリティが低く、過熱しすぎず低迷もしない適温相場、いわゆる「ゴルディロックス相場」が続いていたため、こうした状況が今後も継続すると予想し、VIX先物指数に連動するETNなどへカラ売りする動きが拡がり、これがパンパンに膨らんでいたために、今回のような事態が引き起こされた、ということのようですね…。

■ETNやETPはほぼ全滅…

 下の2つは、エミンさんも指摘していたVIX先物指数に連動するETNのうち、ナスダックに上場されているXIV(ベロシティシェアーズ・デイリー・インバースVIX短期ETN)と、NYSEアーカ取引所に上場されているSVXY(プロシェアーズ・ショートVIX短期ETF)のチャートです。

XIV 週足
XIV 週足

(出所:Bloomberg)

SVXY 週足
SVXY 週足

(出所:Bloomberg)

 VIX指数が暴騰したのに、大暴落しています。これはXIVとSVXYが、S&P500VIX短期先物指数と逆のパフォーマンスを測定するために設計された、S&P500VIX短期先物インバース日次指数を連動対象とした、先物価格の下落による運用収益を目指したインバース型の商品だからです。この2商品を含めた数十本の関連商品は、今回のVIX指数の暴騰による損失で、2月6日(火)に取引を一時停止しています。

 エミンさんは、

 「ここ数年はずっと低ボラティリティが続いたので、これらのETNの価格はずっと上昇していて、投資家が大儲けでした。しかし、2月5日(月)の下落で全部、吹っ飛んでいます。

ETNと同様なしくみでETP (上場取引型金融商品)というものもあります。これも、最近はVIX指数をショート(=売り)するものが人気で、アルゴリズムを使って運用するファンドが大量に投資していました。ETPも、ほぼ全滅です」

 と言っています。かなり大変な事態になっているようですね……。

 じつは通常、S&P500VIX先物指数は、常に下がり続ける…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 912人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 78254人 ザイFX!のtwitterをフォローする

ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

当サイト限定で5000円がもらえる!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!

link

ザイFX!限定4000円!

サクソバンク証券

月曜早朝3時から取引可能!週末ニュースを収益チャンスに!取扱通貨ペア数は業界最多水準。

Pick Up

ザイFX!Twitter
ザイFX!facebook

米ドル/円はついに一時、105円台まで下落! 2月19日(月)~2月23日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

一時、108円近辺まで下落した米ドル/円相場、2月12日(月)~2月16日(金)はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

108円台前半から米雇用統計後に110円台半ばまで反発した米ドル/円ですが、2月5日(月)~2月9日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上場する 横ばい 下落する
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.04106.80

USDJPY

ユーロ/米ドル-0.00341.2295

EURUSD

南アランド/円+0.089.24

ZARJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS


相場を見通す 超強力FXコラム





 
02月21日更新

 
02月19日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門