No.1マネー誌『ダイヤモンドZAi』の「ザイFX!」がFX会社のスペックを徹底比較!
FX会社徹底比較
  • FX会社詳細情報

FXCMジャパン証券[プレミアム口座](旧フォーランドフォレックス[フォーランドオンライン])は掲載を終了しました

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

 FXCMジャパン証券[プレミアム口座]は2015年9月でサービスを終了し、証拠金や建玉は楽天証券[楽天FX]に移管されたため、FXCMジャパン証券[プレミアム口座]の「FX会社詳細情報」は掲載を終了しました。

■その前身は高スワップで有名なフォーランドフォレックス

 FXCMジャパン証券[プレミアム口座]という口座はその前身をたどると、フォーランドフォレックス[フォーランドオンライン]という口座になります。

 フォーランドフォレックスはスワップ金利(スワップポイント)の高さに定評がある中堅のFX会社で、毎営業日、主要FX会社のスワップ金利提示額を調査・比較して、自社のスワップ金利を決定しているとうたっていました。

かつてのフォーランドフォレックス公式サイト
かつてのフォーランドフォレックス公式サイト

 そのフォーランドフォレックスは2011年10月に米国FXCM Inc.の傘下にあった外資系FX会社・FXCMジャパン証券に買収されました。これにより、フォーランドフォレックス[フォーランドオンライン]はFXCMジャパン証券[プレミアム口座]に生まれ変わったのです。

【参考記事】
外資系FX会社のFXCMジャパン証券がフォーランドフォレックスを合併

かつてのFXCMジャパン証券公式サイト
かつてのFXCMジャパン証券公式サイト

■FXCMジャパン証券から楽天証券へ

 さらに、2015年1月に起こったスイスショックにより、米国FXCM Inc.が経営危機に。その影響で、2015年4月に楽天証券がFXCMジャパン証券を買収&子会社化、さらに2015年8月に楽天証券とFXCMジャパン証券は経営統合されました。

【参考記事】
ついに破綻も! スイス中銀の爆弾発言は欧米のFX会社にどう影響したのか?(広瀬隆雄)
買収金額74億円! 楽天証券がFXCMジャパン証券の買収&子会社化を発表!
楽天証券がFXCMジャパン証券を吸収して経営統合! MT4書籍がもれなくもらえる!

 経営統合された段階でFXCMジャパン証券[プレミアム口座]は楽天証券[プレミアム口座]になったはずですが、前述のとおり、そのわずか1ヵ月後の2015年9月に[プレミアム口座]のサービスは終了、証拠金や建玉などは楽天証券[楽天FX]に移管されました。

 この[楽天FX]という口座は、大手ネット証券の楽天証券が提供しているFX口座であり、「MARKETSPEED FX」が取引ツールとして採用されています。

楽天証券[楽天FX]

 なお、楽天証券にはメタトレーダー4(MT4)を取引ツールとして採用している[楽天MT4]という口座もあります。

楽天証券[楽天MT4]

■現在、スワップ金利で目立っているのはヒロセ通商系

 以上、説明したとおり、FXCMジャパン証券[プレミアム口座]のルーツはスワップ金利の高さに定評のあるフォーランドフォレックス[フォーランドオンライン]だったわけですが、2017年9月現在、さまざまな通貨ペアのスワップ金利の高さばかりを特に売り物にしたFX会社は日本にはないように思えます。

 ただ、ヒロセ通商[LION FX]JFX[MATRIX TRADER]岡三オンライン証券[岡三アクティブFX]は豪ドル/円のスワップ金利を50円固定、NZドル/円のスワップ金利を60円固定という業界トップ水準で長らく提供しており、スワップ金利で目立っているFX会社と言えるでしょう。

【参考記事】
一挙4通貨ペアスプレッド縮小! 上場したあのFX会社の「オセアニア祭」がすごい!

ヒロセ通商・オセアニア祭り

 このうち、ヒロセ通商JFXは親会社と子会社の関係にあり、同じグループ会社です。また、岡三オンライン証券ヒロセ通商のグループ会社ではありませんが、ヒロセ通商と同じ取引システムを採用しています。

 ヒロセ通商はフォーランドフォレックスと違って、もっぱらスワップ金利の高さばかりをウリにしているFX会社ではありません。ヒロセ通商スプレッドも業界最狭水準ですし、同社の[LION FX]という取引ツールは見やすく、使いやすいことで定番ツールになりつつあります。

ヒロセ通商[LION FX]の取引ツール
ヒロセ通商[LION FX]の取引ツール

 また、ヒロセ通商はFX業界にグルメキャンペーンを流行らせた元祖でもあり、食べ物の写真がバカでかく表示され、食品会社かと見まごうばかりの公式サイトは日本のFX業界でひときわ異彩を放つ存在と言えるでしょう。

【参考記事】
FX業界に衝撃!? GMOクリック証券とヒロセ通商に第1次グルメ戦争勃発か!?

ある月のヒロセ通商公式サイト
ある月のヒロセ通商公式サイト

 このように、ヒロセ通商はスワップ金利が高いだけでなく、総合的にさまざまな魅力を兼ね備えたFX会社と言えるのです。

■トルコリラ/円では“第2次トルコリラ戦争”が勃発

 また、高金利、高スワップの通貨ペアとしてはトルコリラ/円が注目されるところですが、2017年5月ごろからトルコリラ/円について、“第2次トルコリラ戦争”とでも呼ぶべきスペック競争がFX業界で巻き起こっています。これにより、一部FX会社のトルコリラ/円スワップ金利はかなり高くなっています。

【参考記事】
「第2次トルコリラ戦争」が勃発!取引高世界一の参入でスペック競争加速!

 2017年9月現在、ヒロセ通商[LION FX]マネーパートナーズ[パートナーズFX]GMOクリック証券[FXネオ]FXプライム byGMO[選べる外貨]あたりがトルコリラ/円で100円を超える高いスワップ金利を提供しており、トルコリラ/円のスワップ金利という観点から注目できるFX会社となっています。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:トルコリラ/円が取引できるFX会社はここだ![トルコリラ/円スワップ金利の高い順]

 また、ザイFX!「FX会社徹底比較!」では、FX口座のスペックをさまざまな角度から比較することができます。以下のボタンからは「FX会社徹底比較!」のトップページをはじめ、各コンテンツへ直行することができますので、ぜひ、みなさんのFX口座選びの参考にしてみてください。


ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 1565人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 80901人 ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で6000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.3銭!いまだけ当サイト限定キャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高6年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で3000円キャッシュバック!

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ヒロセ通商[LION FX]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

ザイ オンライン