FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

ロブ・ブッカー流・米国式FX(1)
相場の局面を判定する「アリゾナルール」

2011年02月01日(火)東京時間 18:07

全米最強のFXコーチ、ロブ・ブッカー。個人トレーダーとしてFXで多くの利益を上げながら、FXコーチとして世界中に3000人もの弟子を持つ男……。

 ザイFX!では、以前もロブへの取材記事を掲載しているが(※)、今回は彼がこのたび来日したときに行った、ある企画のためのインタビューを再構成して、お届けしたい(“ある企画”については、記事の最後でお知らせするのでお楽しみに!)

(※過去の取材記事は「米国人“カリスマFXコーチ”に聞く(1) 資産3億4000万円、ロブ・ブッカー氏登場」など)。

■通貨のトレードだけはするなと言われてFXを始めた!?

 現在はFXで大きな利益を上げているロブ・ブッカーだが、彼はそもそもどんなキッカケでFXのトレードを始めたのだろうか?

 前回の取材の際は「テレビで『わずか2000ドル払えば、秘密のFXトレードシステムが手に入る!』という触れ込みのCMをやっていた」ことがキッカケだと語っていたのだが、さらにそのCMを見る前にちょっと問題があったようだ。

 「実は元々やってたビジネスが失敗してしまったんです。そこで、借りたお金を返すためにトレードを始めることにしました。それが2000年ごろの話。

 そのとき、サンフランシスコにいる友だちに相談しました。投資をするには、どうしたらいいかと。すると、『だいたい何をやってもいいけど、1つ絶対やるべきでないことがある。それが通貨のトレードだ』と忠告されました。

 それを聞いたボクはもちろん、それから通貨のトレード、つまりFXをずっとやっています

 どこまでがホントで、どこまでがアメリカンジョーク(?)なのか、何とも判断がつきかねる話だが、ちょっと心配になるような危ういキッカケで彼はFXのトレードを始めたようだ。

 それも、わざわざ友だちの忠告の真逆を行くように…。前回取材時に「周りの人と逆のことをしたい! というのが自分の性格」だと語っていた彼らしいエピソードかもしれないが…。

■「NYボックス」の利益をさらに伸ばすアレンジとは?

 ロブ・ブッカーのトレード法は基本的にテクニカル分析によるもの。そして、彼は他人の作った手法ではなく、オリジナルの手法でトレードすることにこだわっているが、そんな彼の作ったトレード法の一つが「NYボックス」(ニューヨークボックス)だ。

 NY市場が開く前の7時間──それはおおよそ欧州市場が開いている時間に重なる部分が多いが──この7時間の間の高値と安値で「NYボックス」というトレード手法の基盤となる「ボックス」が構成される。

 NY市場が開いたあと、15分足のローソク足がその「ボックス」を完全に抜けたら、その抜けた方向についていってトレードするのが「NYボックス」の基本的なトレード法だ。

 取引量の多いNY市場では、一度動きが出ると、一方向に相場が振れやすい。それを取りにいくのが「NYボックス」の考え方となる。

 基本的な「NYボックス」では、狙う利益は20pips。また、ポジションをとった方向と相場が逆に動いてしまったら、30pipsで損切りとする。

 狙う利幅がちょっと少ないのでは? とも思えるが、それについてロブの説明はこうだ。

 「20pipsの利益では少ないと感じるかもしれませんが、この本の中では『NYボックス』の基本手法をアレンジして、もっと利益を伸ばせるようにした手法が解説されています。

 ぜひ、そちらも見てください」

 ん? ロブの言ってる「この本」とはいったいナニ!?

 ……と、わざとらしくぼけてしまったが、「この本」とは1月終わりに発売されたばかりの『全米最強のFXコーチ ロブ・ブッカーとダイヤモンドZAiが作った米国式FXマニュアル』(ダイヤモンド社、以下『米国式FXマニュアル』と略)のこと。 

⇒Amazon.co.jpで『全米最強のFXコーチ ロブ・ブッカーとダイヤモンドZAiが作った米国式FXマニュアル』を見る

『米国式FXマニュアル』では、ロブ・ブッカーと彼の弟子、ブラッドリー・フリードによって、ロブと彼の弟子たちが開発・改良してきた3つの戦術が解説されている。

 その戦術とは「ボルテックス」、「アリゾナルール」、そして、前述した「NYボックス」の3つだ。

『米国式FXマニュアル』はオールカラーで、豊富な図版やイラストが入り、とてもわかりやすい構成となっている。「アリゾナルール」あたりは正直ちょっと複雑な部分もある戦術なのだが、そのような構成なので、とても理解しやすくなっているのだ。

⇒Amazon.co.jpで『全米最強のFXコーチ ロブ・ブッカーとダイヤモンドZAiが作った米国式FXマニュアル』を見る 

■今の相場に合った最適なテクニカル手法がわかる!

 さて、そのアリゾナルールとはいったいどんなものなのか? それを説明する前に多くのトレーダーが抱くだろう、ある悩みについて、ちょっと考えてみたい。その悩みとは次のようなものだ。

 あるテクニカル手法を使ったトレードが成功したとしよう。しかし、別の時には失敗してしまった……「なんでこの前はうまくいったのに、今度はうまくいかなかったのか?」

 これに対し、「そんなことはよくあることで、テクニカル手法にダマシはつきもの。だから仕方がない」というのは確かに1つの考え方だ。

 ただ、相場はフェーズ(局面)によって、よく効くテクニカル手法が異なるのも事実。だから、「今はどのフェーズなのか」がわかれば、そのフェーズに最適なテクニカル手法を使うことができ、ダマシをできる限り避けることができそうだ。

 でも、そんな都合よく今のフェーズがわかるものだろうか?

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75844人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

当サイト限定で5000円がもらえる!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!

link

今ならザイFX!限定で現金5000円がもらえる!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後の取引で5000円がもらえる!

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.22113.32

USDJPY

豪ドル/円-0.0485.77

AUDJPY

NZドル/円+0.0378.73

NZDJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム



 
12月13日更新


 
12月11日更新







ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門