No.1マネー誌『ダイヤモンドZAi』の「ザイFX!」がFX会社のスペックを徹底比較!

トレイダーズ証券[みんなのFX]
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

FX「メキシコペソ/円」のスワップポイントを比較!
高い順にランキングして、おすすめのFX口座も紹介!
「メキシコペソ/円」の見通しやチャートも確認【最新】

2024年07月03日(水)17:50公開 (2024年07月03日(水)17:50更新)
ザイFX!編集部

毎月開催! ヒロセ通商「LION FX」の“太っ腹な食品キャンペーン”から目が離せない…! 限定4000円のキャッシュバックも!

FX「メキシコペソ/円」のスワップポイントを比較!
受け取れるスワップポイントが高い、おすすめのFX口座は?

メキシコペソ/円スワップポイントイメージ

 FXでスワップポイント(スワップ金利)を狙った中長期の投資先として人気の高い、高金利通貨の「メキシコペソ(MXN)」と日本円の通貨ペア、「メキシコペソ/円(MXN/JPY)」のスワップポイント比較・ランキングを一覧表で紹介します!

 約30のFX口座について「メキシコペソ/円」のスワップポイント(スワップ金利)を調査し、比較しやすいよう金額が高い順に並べました。「メキシコペソ/円」のスワップポイント比較・ランキングに記載したスワップポイントは、前月を対象期間として、1万通貨の買いポジションに付与された1日あたりの平均金額です。比較・ランキング表を見れば、継続的に高いスワップポイントを提供しているFX口座がどれか、ひと目でわかるようになっています。

 FXで「メキシコペソ/円」を取引するならチェックしてもらいたい、注目のFX口座を厳選した「編集部おすすめのFX口座11選」もあわせて紹介するので、ぜひFX口座選びの参考にしてください。特にスワップポイントの面から注目のFX口座を紹介しています。

【このページの目次】(クリックで各項目に移動します)
■ 約30口座を調査! 「メキシコペソ/円」のスワップポイントを紹介!
 -【最新版】「メキシコペソ/円」のスワップポイント比較・ランキング!
■  編集部おすすめのFX口座11選!
 - GMOクリック証券「FXネオ」
 - JFX「MATRIX TRADER」
 - トレイダーズ証券「みんなのFX」
 - トレイダーズ証券「LIGHT FX」
 - セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
 - インヴァスト証券「トライオートFX」
 - ヒロセ通商「LION FX」
 - 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
 - 松井証券
 - auカブコム証券「auカブコム FX」
 - 楽天証券「楽天FX」
■ 「メキシコペソ/円」の特徴や今後の見通し
 -「メキシコペソ/円」の最新チャート&レート
 -「メキシコ」の基本情報
 -「メキシコペソ」の値動きの特徴

「メキシコペソ/円」のスワップポイント比較・ランキング!
約30口座を比較! 特にスワップポイントが高い注目のFX口座は?

 約30のFX口座を対象に「メキシコペソ/円」のスワップポイントを調査し、「メキシコペソ/円」のスワップポイント比較・ランキングを作成しました。比較しているのは、前月を対象期間(※)として、1万通貨の買いポジションに付与された1日あたりの平均金額です。
(※現在の対象期間:2024年6月)

 以下の表では、左から「メキシコペソ/円」のスワップポイントが高い順にFX口座を並べ、上位3位までの水準にランクインするスワップポイントをオレンジ色に着色しています。オレンジ色が濃いほど、高い水準のスワップポイントであることを表しているので、参考にしながら各FX口座の「メキシコペソ/円」のスワップポイントを比較してください。

・【最新版】「メキシコペソ/円」のスワップポイント比較・ランキング

2024年7月16日 更新

FX口座名
GMOクリック証券
「FXネオ」

⇒詳細はこちら
インヴァスト証券
「トライオートFX」

⇒詳細はこちら
JFX
「MATRIX TRADER」

⇒詳細はこちら
トレイダーズ証券
「みんなのFX」

⇒詳細はこちら
トレイダーズ証券
「LIGHT FX」

⇒詳細はこちら
セントラル短資FX
「FXダイレクトプラス」

⇒詳細はこちら
外為オンライン
(くりっく365)

⇒詳細はこちら
岡三証券
(くりっく365)

⇒詳細はこちら
FXブロードネット
(くりっく365)「FXブロードネット365」

⇒詳細はこちら
ヒロセ通商
「LION FX」

⇒詳細はこちら
外為どっとコム
「外貨ネクストネオ」

⇒詳細はこちら
松井証券

⇒詳細はこちら
auカブコム証券
「auカブコム FX」

⇒詳細はこちら
楽天証券
「楽天FX」

⇒詳細はこちら
楽天証券
「楽天MT4」

⇒詳細はこちら
SBI FXトレード

⇒詳細はこちら
LINE証券
「LINE FX」

⇒詳細はこちら
GMO外貨
「外貨ex」

⇒詳細はこちら
マネックス証券
「FX PLUS」

⇒詳細はこちら
IG証券

⇒詳細はこちら
ゴールデンウェイ・ジャパン
「FXTF GX-FX」

⇒詳細はこちら
サクソバンク証券

⇒詳細はこちら
アイネット証券
「ループイフダン」

⇒詳細はこちら
マネースクエア
「トラリピ FX」

⇒詳細はこちら
フィリップ証券
「フィリップMT5」

⇒詳細はこちら
外為オンライン
「外為オンラインFX」

⇒詳細はこちら
トレイダーズ証券
「みんなのシストレ」

⇒詳細はこちら
マネーパートナーズ
「パートナーズFX nano」

⇒詳細はこちら
マネーパートナーズ
「パートナーズFX」

⇒詳細はこちら
ゴールデンウェイ・ジャパン
「FXTF MT4」

⇒詳細はこちら
FXブロードネット

⇒詳細はこちら
アイネット証券
「アイネットFX」

⇒詳細はこちら
岡三証券
「岡三アクティブFX」

⇒詳細はこちら
StoneX証券
「MetaTrader4」

⇒詳細はこちら
ひまわり証券
「ループ・イフダン口座」

⇒詳細はこちら
ひまわり証券
「レギュラー口座」

⇒詳細はこちら
キャンペーン情報 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中
 
当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中
 
 
 
 
 
 
当サイト限定!タイアップ実施中
 
 
当サイト限定!タイアップ実施中
 
当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中
 
当サイト限定!タイアップ実施中
 
当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中
 
 
 
当サイト限定!タイアップ実施中 当サイト限定!タイアップ実施中
【最大55万4000円キャッシュバック】 【最大5万5000円キャッシュバック】 【最大10万6000円キャッシュバック+オリジナルレポート】 【最大101万円キャッシュバック】 【最大100万3000円キャッシュバック】 【最大100万5000円キャッシュバック】 【最大15万3000円キャッシュバック】 【4000円キャッシュバック】 - 【最大100万6000円キャッシュバック】 【最大100万5000円キャッシュバック+1000FXポイント(1000円相当)+1000円キャッシュバック】 【最大100万円キャッシュバック+松井証券ポイント最大400ポイント】 【最大100万円キャッシュバック】 【最大135万円キャッシュバック+楽天ポイント200円分】 - 【最大100万5000円キャッシュバック】 【最大100万5000円キャッシュバック】 【最大100万4000円キャッシュバック】 【最大100万400円キャッシュバック】 【最大5万円キャッシュバック】 【最大50万5000円キャッシュバック】 - 【最大3万円キャッシュバック+Amazonギフト券3000円分】 【非売品・トラリピ設定レポートつきハンドブック】 【オリジナルインディケータ+トリロジー社のEA】 【最大15万3000円キャッシュバック】 - 【150万6000円キャッシュバック】 【150万6000円キャッシュバック】 【最大50万5000円キャッシュバック】 【最大6万3000円キャッシュバック】 【最大3万円キャッシュバック】 - - 【QUOカード2000円分】 【QUOカード2000円分】
最低取引単位 1000通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨
(※南アランド/円は1万通貨)
1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など6通貨ペアは1万通貨)
1000通貨
(※ロシアルーブル/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨
(※ロシアルーブル/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨 1万通貨
(※南アランド/円など5通貨ペアは10万通貨)
1万通貨
(※南アランド/円など5通貨ペアは10万通貨)
1万通貨
(※南アランド/円など5通貨ペアは10万通貨)
1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など7通貨ペアは1万通貨、ハンガリーフォリント/円は10万通貨)
1000通貨
(※ロシアルーブル/円は1万通貨)
1通貨 1000通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨 1000通貨 1通貨
(※韓国ウォン/円は1単位=100通貨)
1000通貨 1000通貨
(※南アランド/円など5通貨ペアは1万通貨)
1000通貨 1万通貨 1000通貨 1000通貨
(※トルコリラ/円は5000通貨、南アランド/円は1万5000通貨など通貨ペアによって異なる。最低取引単位以上なら1通貨単位で取引可能)
1000通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨 1000通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは1万通貨)
1000通貨
(※ロシアルーブル/円など2通貨ペアは1万通貨)
100通貨 1万通貨 1000通貨 1000通貨
(※南アランド/円は1万通貨)
1万通貨
(※南アランド/円は10万通貨)
1000通貨 1000通貨 1000通貨 1万通貨
通貨ペア 20ペア 20ペア 41ペア 33ペア 33ペア 25ペア 25ペア 25ペア 25ペア 54ペア 30ペア 20ペア 26ペア 28ペア 24ペア 34ペア 23ペア 24ペア 16ペア 98ペア 29ペア 155ペア 24ペア 16ペア 24ペア 26ペア 33ペア 21ペア 28ペア 29ペア 24ペア 24ペア 20ペア 84ペア 24ペア 24ペア
取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
メキシコペソ/円
スプレッド
0.2銭
原則固定
- 0.2銭
原則固定
~7/31までのキャンペーン
0.2銭
原則固定
(18-22時)
~9/30までのキャンペーン
- 0.1銭
原則固定
(例外あり)
(9-24時)
- - - 0.2銭
原則固定
~7/31までのキャンペーン
0.2銭
原則固定
(例外あり)
0.1銭
原則固定
(ただし、注文種類によって変化)
0.3銭
原則固定
0.2銭
原則固定
0.7銭
原則固定
0.18銭 0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-29時)
0.2銭
原則固定
(8-27時)
0.3銭
原則固定
- 0.3銭 - 1.0銭
原則固定
- - 1.0銭
原則固定
- 0.0銭
原則固定
(9-27時)
0.1銭
原則固定
(14-27時)
0.3銭 取り扱いなし 1.0銭
原則固定
取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし
メキシコペソ/円
スワップ
ポイントが
高い順
30.98円 30.32円 27円 26.14円 26.14円 26.14円 26.14円 26.14円 26.14円 26.04円 26円 26円 26円 26円 26円 25.96円 25.96円 25.84円 25.61円 25.54円 25.07円 22.33円 21.07円 18円 17.51円 5円 4.96円 2円 2円 - 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし 取り扱いなし
詳細はこちら
(公式サイトへ)
GMOクリック証券
「FXネオ」
インヴァスト証券
「トライオートFX」
JFX
「MATRIX TRADER」
トレイダーズ証券
「みんなのFX」
トレイダーズ証券
「LIGHT FX」
セントラル短資FX
「FXダイレクトプラス」
外為オンライン
(くりっく365)
岡三証券
(くりっく365)
FXブロードネット
(くりっく365)「FXブロードネット365」
ヒロセ通商
「LION FX」
外為どっとコム
「外貨ネクストネオ」
松井証券
auカブコム証券
「auカブコム FX」
楽天証券
「楽天FX」
楽天証券
「楽天MT4」
SBI FXトレード
LINE証券
「LINE FX」
GMO外貨
「外貨ex」
マネックス証券
「FX PLUS」
IG証券
ゴールデンウェイ・ジャパン
「FXTF GX-FX」
サクソバンク証券
アイネット証券
「ループイフダン」
マネースクエア
「トラリピ FX」
フィリップ証券
「フィリップMT5」
外為オンライン
「外為オンラインFX」
トレイダーズ証券
「みんなのシストレ」
マネーパートナーズ
「パートナーズFX nano」
マネーパートナーズ
「パートナーズFX」
ゴールデンウェイ・ジャパン
「FXTF MT4」
FXブロードネット
アイネット証券
「アイネットFX」
岡三証券
「岡三アクティブFX」
StoneX証券
「MetaTrader4」
ひまわり証券
「ループ・イフダン口座」
ひまわり証券
「レギュラー口座」
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る

※各データは1万通貨の取引を行ったときのもので、それ以外の取引量の場合、スプレッドは異なることがあります
※スワップポイントは、1万通貨の買いポジションに付与された、前月の1日あたりの平均金額を示しています(マイナスは支払い)
※取引手数料は無料でも、注文方法などによってはスプレッド以外に何らかの手数料がかかる口座もあります
※表中の「-」は、公式サイトなどでスプレッドやスワップポイントが公開されていない口座です。口座を開設のうえ、取引ツールや会員ページにログインすれば、実際の数値を確認できる場合があります
※その他の注意事項はこちら

 取引コストを比較する「メキシコペソ/円のスプレッド比較・ランキング」は、以下より確認することができるので、「メキシコペソ/円」を取引をする際は、あわせて参考にしてください。
【※メキシコペソ/円のスプレッドが狭いFX口座は?】
【最新版】「メキシコペソ/円のスプレッド比較・ランキング」! 取引コストが安い、おすすめのFX口座はここだ!

 「メキシコペソ/円」以外の人気通貨ペアのスワップポイントは、以下より確認することができます。他の通貨ペアのスワップポイントも確認しながら、FX口座を比較するのもおすすめです。

米ドル/円スワップ比較
ユーロ/円スワップ比較
英ポンド/円スワップ比較
豪ドル/円スワップ比較
NZドル/円スワップ比較
南ア・ランド/円スワップ比較
トルコリラ/円スワップ比較
メキシコペソ/円スワップ比較
中国人民元/円スワップ比較
人気ランキング
キャンペーンで比較
おすすめのFX会社

 FX口座ごとに、9通貨ペアの「スワップポイント」を一覧で確認したい場合は、こちらを参考にしてください。
【※人気通貨ペアのスワップポイントが高いFX口座は?】
FXの「スワップポイント」を比較!【最新版】スワップポイントが高い、おすすめのFX口座を紹介! 約40口座を対象に、高金利通貨を含む9通貨ペアを調査

 また、当サイトでは、「メキシコ合衆国」を含む主要各国の最新の政策金利を調査し、以下のページにまとめて掲載しています。スワップポイントとあわせて、ぜひ各国の政策金利もチェックしてください!
【※主要各国の最新の政策金利をグラフで紹介!】
主要各国の「政策金利」の推移をグラフでチェック!

「メキシコペソ/円」で注目の「編集部おすすめのFX口座11選」!
最新情報も踏まえて、人気のFX口座を厳選して紹介!

 最新の情報を踏まえて、​「メキシコペソ/円」のスワップポイントが相対的に高い「編集部おすすめのFX口座11選」を紹介します。

 ここで紹介するFX口座は、「メキシコペソ/円」のスワップポイントの金額の高さはもちろん、その他のサービスにおいても注目ポイントが多数ある魅力的なFX口座です。ぜひ、FX口座選びの参考にしてください!


★GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら!

 使いやすいスマホアプリや取引ツールに定評のあるFX口座、GMOクリック証券「FXネオ」は、「ザイFX!読者が選んだ『おすすめFX会社』人気ランキング!」でも圧倒的1位に輝くなど、FXトレーダーの総合評価が非常に高いFX口座です。
【※おすすめの関連コンテンツはこちら!】
GMOクリック証券「FXネオ」が圧倒的1位に! 【最新版】ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

「スプレッド」や「スワップポイント」は、当サイトで比較調査の対象としているほぼすべての通貨ペアにおいて、業界上位の水準で提供されています。いずれもトップ争いに加わる高水準で提供されているものが多く、取引コストを抑えながら短期トレードで積極的に為替差益を狙いたいFXトレーダーにも、高いスワップポイントを狙った中長期派のFXトレーダーにも、おすすめできる取引環境です。
【※おすすめの関連記事はこちら!】
GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較のほか、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!

「スプレッド」については、「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」、「ユーロ/円」といったメジャーな通貨ペアから「メキシコペソ/円」などの高金利通貨ペアまで、バランス良く上位3位にランクインする水準で提供されています。「南アフリカランド/円」など、わずかに上位3位に届かないものもありますが、おおむねそれに次ぐスプレッド値が提供されており、業界上位の水準です。

 GMOクリック証券「FXネオ」では、取引時間中、ほとんどの通貨ペアで、常に原則固定スプレッドが提供されており、原則固定スプレッドの適用時間に制限が設けられていない点もメリットと言えます(※)。
(※相場状況などによっては、原則固定スプレッドの適用対象外となる場合もあります。最新の情報はGMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトにてご確認ください)

「スワップポイント」は、「メキシコペソ/円」や「南アフリカランド/円」、「トルコリラ/円」といった高金利通貨ペアだけでなく、「米ドル/円」や「ユーロ/円」といったメジャーな通貨ペアのスワップポイントもバランス良く高水準で提供されているのが、うれしいポイントです。

 当コーナーで紹介している人気が高い10通貨ペアを中心に、トップ水準にランクインしているものも多数あります!

人気ランキングNo1! 圧倒的な人気と実力を兼ね備えたFX口座!
GMOクリック証券「FXネオ」 ⇛詳細データはこちら
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 20ペア
(ラージ除く)
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 0.4銭原則固定
GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント
GMOクリック証券の「FXネオ」は、上位水準のスペックと優れた取引環境が多くの投資家に支持されている業界を代表するFX口座。1000通貨単位の取引が可能なので初心者にもおすすめです。機能性、操作性ともに抜群の取引ツールは、Apple Watchにも対応。また、約150種類と国内系の口座としては非常に豊富な銘柄を取り扱っているCFD口座も人気が高く、高機能チャートツール「プラチナチャート」では、両口座の銘柄を表示できます。
GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較のほか、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
■GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月1日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★JFX「MATRIX TRADER」

JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら!

 元為替ディーラーの小林芳彦氏が社長を務めるJFXの「MATRIX TRADER」は、公式サイトで「スキャルピングOK!」を掲げているFX口座です。
【※おすすめの関連記事はこちら!】
FXのスキャルピングとは? スキャルOK!のFX会社、JFXの社長で元為替ディーラーの小林芳彦氏に、スキャルピングの取引手法としての魅力や上達のコツを徹底取材!

 スキャルピングは狭い利幅で何度も売買を繰り返して利益を積み重ねるため、手法として取り入れるなら「スプレッド」の狭さはとても重要。JFX「MATRIX TRADER」は「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」、「ユーロ/円」など、短期トレードでも人気が高い主要通貨ペアのスプレッドを中心に、安定的に上位3位にランクインする水準をキープしています。「メキシコペソ/円」、「南アフリカランド/円」といった高金利通貨のスプレッドも、おおむね上位水準です。

 一部の通貨ペアで原則固定スプレッド(※)の適用時間が9時~27時となっているので、ややネックに感じるトレーダーがいるかもしれませんが、ロンドン市場やNY市場を含めて、相場が活発に動く時間帯はおおむねカバーされているため、大半のトレーダーにはさほど影響はなさそうです。
(※相場状況などによっては、原則固定スプレッドの適用対象外となる場合もあります。最新の情報はJFXの公式サイトにてご確認ください)

 「スワップポイント」では、「メキシコペソ/円」や「南アフリカランド/円」などの高金利通貨に加え、「豪ドル/円」や「ニュージーランドドル/円」といったオセアニア通貨のスワップポイントが、継続的に業界上位にランクインしています。

 通貨ペア別に見ると、特に「豪ドル/円」や「ニュージーランドドル/円」、「メキシコペソ/円」などは、スプレッド・スワップポイントともに高水準で提供されているので、短期取引か中長期取引かにかかわらず、これらの通貨ペアの取引に興味があるなら、ぜひチェックしておきたい口座です。

 JFX「MATRIX TRADER」では、分析用ツールとしてMT4(メタトレーダー4)やTradingView(トレーディングビュー)(※)を利用することができるのも魅力と言えます。
(※2023年12月からTradingViewにJFXのレートが配信されている。MT4もTradingViewも分析用なので、直接発注することはできない)

スキャルピングOK、注目の経済指標の結果も瞬時にわかる!
JFX「MATRIX TRADER」 ⇛詳細データはこちら
JFX「MATRIX TRADER」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 41ペア
(大口除く)
0.2~1.3銭 0.3pips 0.4~1.2銭
JFX「MATRIX TRADER」のおすすめポイント
JFXの「MATRIX TRADER」は、41種類の豊富な通貨ペアが取引できるうえ、スキャルピングを公式に許可している、超短期トレーダーにうれしいFX口座です。チャート分析ツールとして日本時間表示に対応したMT4(メタトレーダー4)チャートを提供しており、社長の小林芳彦氏のツイートを表示するオリジナルインジケーターもあります。小林氏が発信する会員限定コンテンツや、取り扱い全通貨ペアの足種別ボラティリティ表などヒロセ通商と共通しているサービスもあります。
JFX「MATRIX TRADER」の関連記事
■スキャルOK!のJFX社長・小林芳彦氏に スキャルピングの魅力や上達のコツを取材!
■JFX「MATRIX TRADER」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼JFX「MATRIX TRADER」▼
JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★トレイダーズ証券「みんなのFX」

トレイダーズ証券「みんなのFX」の公式サイトはこちら!

トレイダーズ証券「みんなのFX」は、世界的に人気があるチャート分析ツール、「TradingView(トレーディングビュー)」の有料機能の一部を無料で使えることでも知られていますが、人気が高い通貨ペアの「スプレッド」や「スワップポイント」が、業界上位水準で安定して提供されている点にも、ぜひ注目してください!
【※おすすめの関連記事はこちら!】
トレーディングビューの有料機能が無料で使える、おすすめのFX会社を公開!大人気のチャート分析ツールを賢く使える裏ワザを紹介

 たとえば「スワップポイント」は、「米ドル/円」や「ユーロ/円」などの「日本円」が絡むメジャーな通貨ペアについて、どの通貨ペアを見ても、大半が上位3位に食い込む高水準です。高金利通貨ペアについては、惜しくも上位3位に届かない通貨ペアもありますが、特に人気が高い「南アフリカランド/円」や「メキシコペソ/円」のスワップポイントは、他のFX口座と比較すると明らかなとおり、十分、業界上位の水準で提供されています。

 しかも、「みんなのFX」では、「対象の通貨ペアのスワップポイントが他社より1円でも安い場合、差額を上乗せする」という太っ腹なキャンペーンが、ひんぱんに開催されている点も見逃せません!

 取引コストとなる「スプレッド」は、「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」、「ニュージーランドドル/円」、「メキシコペソ/円」といった人気が高い通貨ペアについて、安定的に上位水準で提供されています。当サイトで比較調査の対象としている10通貨ペアでは、スプレッド値が非公開の通貨ペアを除くと、半分程度が上位3位にランクインする水準です。

 トレイダーズ証券「みんなのFX」では、原則固定スプレッドの適用時間が8時~29時と制限されていますが、取引が活発な時間帯は原則固定スプレッドが適用されるので、そこまでデメリットを感じることはないでしょう。

 TradingViewを使って充実したチャート分析ができる点はもちろん、マーケット情報や各種コンテンツも充実しており、スワップポイントを狙った中長期トレードにも、取引コストを抑えた短期トレードにも最適な取引環境を提供してくれるのが、トレイダーズ証券「みんなのFX」の魅力です!
【※おすすめの関連記事はこちら!】
FXのオーダーブック、注文やポジションの「売買比率」を無料で情報公開している、おすすめのFX口座を紹介!今後の相場展開を予想する手がかりとして、役立つ情報に

TradingViewが使え、業界最狭水準のスプレッドと高いスワップポイントで人気!
トレイダーズ証券「みんなのFX」 ⇛詳細データはこちら
トレイダーズ証券「みんなのFX」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 33ペア
(ラージ除く)
0.2銭原則固定
(8-29時)
0.3pips原則固定
(8-29時)
0.4銭原則固定
(8-29時)
トレイダーズ証券「みんなのFX」のおすすめポイント
トレイダーズ証券の「みんなのFX」は、業界上位水準のスプレッドとスワップポイントに定評があり、1000通貨単位の取引ができる初心者にもおすすめのFX口座です。「みんなのFX」の口座を持っていれば、世界中のトレーダーに愛用されている大人気チャートツール「TradingView」の有料機能の一部を、誰でも無料で使えるサービスも魅力です。「通貨強弱」や「売買比率」などに加え、新興国通貨に特化した為替ニュースを配信しているなど、独自のサービスも充実しています。
トレイダーズ証券「みんなのFX」の関連記事
■「トレーディングビュー」の有料機能が無料で使える、おすすめのFX会社を公開!大人気のチャート分析ツールを賢く使える裏ワザを紹介
■トレイダーズ証券「みんなのFX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼トレイダーズ証券「みんなのFX」▼
トレイダーズ証券[みんなのFX]の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月1日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★トレイダーズ証券「LIGHT FX」

トレイダーズ証券「LIGHT FX」の公式サイトはこちら!

 トレイダーズ証券「LIGHT FX」は、「みんなのFX」を提供するトレイダーズ証券のもう1つのFXブランドです。

 そんな「LIGHT FX」の最大の注目ポイントは、12通貨ペアについて通常の通貨ペアとは別に「LIGHTペア」という特別な通貨ペアが提供されているところ! 「LIGHTペア」は「米ドル/円」や「ユーロ/円」、「英ポンド/円」、「メキシコペソ/円」、「南アフリカランド/円」など人気が高い通貨ペアを中心に提供されていて、1取引の最大発注数量や建玉数量に一定の制限が設けられているものの、スワップポイントやスプレッド(※)は、おおむね通常の通貨ペアよりも良い水準で提供されています!
(※「LIGHTペア」のスプレッドは、通貨ペアによって原則固定の場合と変動制の場合がある)
【※おすすめの関連記事はこちら!】
LIGHT FXの「LIGHTペア」とは? スワップポイントとスプレッドが有利なLIGHT FXの特別な通貨ペア!? 通常の通貨ペアや他のFX口座と比較して詳しく解説!

 「LIGHT FX」の通常の通貨ペアのスワップポイントやスプレッドは、「みんなのFX」とほぼ同水準で提供されており、人気が高い通貨ペアについては、どれも業界上位の水準です。そのうえ、通常の通貨ペアと比べてスワップポイントやスプレッドが有利な「LIGHTペア」があるのは見逃せません!「LIGHTペア」は、やや少額取引向けのサービスとはいえ、一般的なトレーダーには十分な取引条件(※)で提供されているので、取引量が大きいなどの特別な事情がないなら、「LIGHT FX」では「LIGHTペア」で取引するのがおすすめです。
(※「LIGHTペア」の1取引の最大発注数量は20万通貨、通貨ペア別の建玉数量上限は300万通貨と定められている。詳細は公式サイトで確認してください)

 また、「LIGHT FX」でも「みんなのFX」と同様、世界的に人気が高いチャート分析ツール、TradingView(トレーディングビュー)を使うことができます。取引の際は、ぜひ活用してください。

大人気チャートツールのTradingViewが使え、スペックも業界上位水準!
トレイダーズ証券「LIGHT FX」 ⇛詳細データはこちら
トレイダーズ証券「LIGHT FX」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 33ペア
(ラージ・LIGHTペア除く)
0.2銭原則固定
(8-29時)
0.3pips原則固定
(8-29時)
0.4銭原則固定
(8-29時)
※通常の通貨ペアのスプレッド。ラージ・LIGHTペアのスプレッドは上記とは異なります
トレイダーズ証券「LIGHT FX」のおすすめポイント
トレイダーズ証券の「LIGHT FX」は、世界的に人気のチャート分析ツール、TradingViewが搭載されたFX口座です。TradingViewの一部の有料機能を無料で提供しているのも注目ポイント。さらに、スワップポイントの高さで人気のメキシコペソ/円など高金利通貨ペアを含む主要12通貨ペアでは、1回の注文数量が20万通貨までと上限があるものの、スプレッドやスワップポイントの水準が通常の通貨ペアより有利な「LIGHTペア」の取り扱いがあるのも特徴です。
トレイダーズ証券「LIGHT FX」の関連記事
■LIGHT FXの「LIGHTペア」とは? スワップポイントとスプレッドが有利なLIGHT FXの特別な通貨ペア!? 通常の通貨ペアや他のFX口座と比較して詳しく解説!
■トレイダーズ証券「LIGHT FX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
■大人気チャートツール、TradingViewが使える FX口座を徹底比較。有料機能を無料で使える 口座が複数! ロシア製MT4のピンチで脚光!?
▼トレイダーズ証券「LIGHT FX」▼
トレイダーズ証券「LIGHT FX」の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月1日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」の公式サイトはこちら!

 セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」では、おもに「米ドル/円」や「ユーロ/円」など、「日本円」が絡むメジャーな通貨ペアで、業界でも上位にランクインするスワップポイントが提供されています。

 人気の高い「メキシコペソ/円」では、当コーナーで紹介しているFX口座の中で上位にランクインするスワップポイントが提供されていますが、それ以外の高金利通貨ペアはそこまで高い水準で提供されていないので、「FXダイレクトプラス」でスワップポイントを狙った取引をするなら、通貨ペアを絞るのがおすすめです。

 17時から24時というように、やや短めの時間制限はあるものの、時間制限内であれば「米ドル/円」や「ユーロ/円」をはじめ、高金利通貨ペアを含めて、人気の高い通貨ペアのスプレッドは、おおむね業界上位にランクインする水準で提供されています。コストを抑えた取引が可能な点は、「FXダイレクトプラス」のメリットです。

 スワップポイント増額キャンペーンや取引高キャッシュバックキャンペーンなどが開催されていることも多いので、「FXダイレクトプラス」で取引するなら、最新のキャンペーン情報もチェックしておくと良いでしょう。

 セントラル短資FXは、1世紀以上の歴史を有するセントラル短資株式会社のグループ企業なので、信頼性の高さも魅力のFX口座と言えます。

情報コンテンツが豊富で、信頼性や透明性の高さに定評あり!
セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」 ⇛詳細データはこちら
セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 25ペア 0.2銭原則固定
(17-24時)
0.2pips原則固定
(17-24時)
0.4銭原則固定
(17-24時)
※スプレッドはすべて例外あり
セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」のおすすめポイント
「FXダイレクトプラス」を提供するセントラル短資FXは、1909年に創業したセントラル短資株式会社のグループ会社。FXの専業企業としては唯一となる、JRC(日本格付研究所)の長期発行体格付を取得しています。利便性の高いスマホアプリには、カレンダー形式の取引履歴や、わかりやすくビジュアライズされた取引成績表示が特徴の「パーソナルレコード」機能を搭載。信頼性の高い市場情報の提供にも定評があります。
セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」の関連記事
■セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」▼
セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月1日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★インヴァスト証券「トライオートFX」

インヴァスト証券「トライオートFX」の公式サイトはこちら!

 インヴァスト証券「トライオートFX」は、人気ブロガーや金融ストラテジストが考案したルールのなかから選ぶだけで、あるいは自分で新たなルールを作って、FXの自動売買(システムトレード)ができるサービスです。

 選ぶだけのシストレサービスはほかにもありますが、オリジナルのルールを手軽に作ることができたり、カスタマイズできたりするものはあまりないので、独自性の高いシストレサービスと言えます。シストレ初心者から上級者まで、あらゆるレベルのトレーダーのニーズに応えてくれるのが、このサービスの魅力です。
【※おすすめの関連コンテンツはこちら!】
FXの自動売買(システムトレード)ができる「おすすめFX口座」を比較して詳しく解説!

 ただし、「トライオートFX」で自動売買を利用すると、取引量によってはマークアップ手数料(※)が適用されるので、一般的な裁量取引口座に比べると、取引コストは高くなりがちです。自動売買の利便性を考慮すれば妥当なコストと考えることもできますが、取引コストの抑制を第一に考えるトレーダーには、あまりおすすめできません。
(※マークアップ手数料は、取引量が50万通貨以上の場合は無料だが、50万通貨未満の場合は取引量に応じて発生する。マニュアル注文=手動での取引の場合は発生しない)

 しかし、スワップポイントは、「米ドル/円」などの「日本円」が絡んだメジャーな通貨ペアも、「南アフリカランド/円」をはじめとした高金利通貨ペアも、バランス良く業界上位に入る水準で提供されています! うまくいけば、自動売買で為替差益を狙いながら、高水準のスワップポイントを受け取ることも可能です。

 特に「トライオートFX」は、高金利通貨ペアについて「スワップNo.1への挑戦!」を掲げているので、継続的に高い水準を維持してくれるそうです。今後のスワップポイントも、高い水準が維持されることを期待しましょう。

FXの自動売買(システムトレード)と裁量取引が、1つの口座で可能!
インヴァスト証券「トライオートFX」 ⇛詳細データはこちら
インヴァスト証券「トライオートFX」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 20ペア 変動性 変動性 変動性
※自動売買を使った50万通貨未満の取引には、別途マークアップ手数料がかかる
インヴァスト証券「トライオートFX」のおすすめポイント
インヴァスト証券の「トライオートFX」は、 自動売買と手動(マニュアル)売買のどちらも取引できるFX口座です。自動売買は用意されたプログラムから選択して利用することも、簡単な操作でオリジナルのプログラムを作成することも可能。既存のプログラムを自分のなりにアレンジすることもできるなど、カスタマイズ性の高さも魅力です。スプレッドは業界上位水準。取引量が50万通貨未満の自動売買取引にはマークアップ手数料が発生しますが、手動売買の取引に手数料はかかりません。
インヴァスト証券「トライオートFX」の関連記事
■勝っていたのは自動売買ユーザーだった! 自分でやらないFXの過去3年半の成績とは?
■インヴァスト証券「トライオートFX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼インヴァスト証券「トライオートFX」▼
インヴァスト証券「トライオートFX」の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月1日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★ヒロセ通商「LION FX」

ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら!

 ヒロセ通商「LION FX」は、毎月、豪華な食品がプレゼントされるグルメキャンペーンでおなじみのFX口座です。

 スワップポイントは、「豪ドル/円」、「ニュージーランドドル/円」といったオセアニア系の通貨ペアや、「メキシコペソ/円」などの高金利通貨で、業界でも上位に入る高水準となっています。取り扱い口座が限られる「中国人民元/円」でも、継続的に高いスワップポイントが提供されている印象です。ちなみに、オセアニア通貨が絡む通貨ペアでは、取引高キャッシュバックキャンペーンなどを実施していることも多く、特にサービスが充実しています。
【※おすすめの関連記事はこちら!】
【毎月更新!】FXのキャンペーンおすすめ10選!キャッシュバックがもらえる条件が簡単なFX会社や、「ザイFX!」限定のお得なキャンペーンを厳選して紹介

 ヒロセ通商「LION FX」は取り扱い通貨ペアが全部で50通貨ペア以上と、国内系FX会社としては最多水準です。「中国人民元/円」はもちろん、「チェココルナ/円」や「イスラエルシェケル/円」といった、他ではあまり見ない珍しい通貨ペアも取引することができます。また、米CPIや雇用統計など、重要な経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる「ロイター経済指標速報」を無料で使うことができる点も見逃せません。
【※おすすめの関連記事はこちら!】
経済指標の速報を、ほぼリアルタイムで知る方法!FX口座を開設すれば、誰でも無料で利用できるのが魅力!「ロイター経済指標速報」を実際に使ってみた!

 このほか、ユーザーからの意見を積極的にシステムのバージョンアップに反映させたり、子会社であるJFXの社長で、元為替ディーラーの小林芳彦氏を囲んでトレードを振り返る「プレミアム大反省会」を開催するなど、他社と一線を画するユニークでフレンドリーなサービスにも注目です!

総合力は業界トップクラス、初心者から上級者まで多くのFX投資家におすすめ!
ヒロセ通商「LION FX」 ⇛詳細データはこちら
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 54ペア
(大口除く)
0.2~1.3銭 0.3pips 0.4~1.2銭
ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント
ヒロセ通商の「LION FX」は、国内系のFX口座としては最多の54通貨ペアを取り扱っており、ユーロ/ポーランドズロチやユーロ/南アフリカランドといった珍しい通貨ペアも取引できます。「LION FX」ユーザーの指値・逆指値(ストップ)注文状況が見られる「価格帯別注文数」や、資金管理用の計算ツール、取り扱い全通貨ペアのボラティリティ確認表、子会社のJFX社長、小林芳彦氏が発信するトレード情報など、トレードをアシストする便利なサービスを豊富に提供。取引高に応じてグルメ商品がもらえるキャンペーンも人気です。
ヒロセ通商「LION FX」の関連記事
■経済指標の速報を、ほぼリアルタイムで知る方法とは? もちろん無料で利用できるのが魅力! 実際に使ってみた!
■ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら!

 FX取引に役立つマーケット情報が豊富で、FX初心者へのフォローアップも手厚い、老舗FX会社の外為どっとコム「外貨ネクストネオ」では、人気が高い通貨ペアの「スプレッド」や「スワップポイント」が、ともに業界上位の水準で提供されています。
【※おすすめの関連記事はこちら!】
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!

「スプレッド」は、当サイトで比較調査の対象とした10通貨ペアのうち、「米ドル/円」や「ユーロ/円」、「ユーロ/米ドル」、「ニュージーランドドル/円」など、主要な対円通貨ペアを中心に半数以上が上位3位に入る水準で提供されています。また、メジャーな通貨ペアだけでなく、「南アフリカランド/円」や「メキシコペソ/円」、「トルコリラ/円」といった高金利通貨ペアのスプレッドが上位にランクインしている点も見逃せません。一部にキャンペーンスプレッドが含まれるものの、おおよそ人気が高い通貨ペアなら、どれでも安定的に業界上位に入る水準のスプレッドで取引できるのが、外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の魅力です。

 原則固定スプレッドの適用時間が「9時~27時(例外あり)」となっている点には注意が必要ですが、市場参加者がもっとも多く、相場がよく動くコアタイムは原則固定の適用時間帯に入っているので、一般的な時間帯に取引するトレーダーであれば、過度に心配する必要はないでしょう。

「スワップポイント」は、「米ドル/円」や「ユーロ/円」などのメジャーな通貨ペアから「南アフリカランド/円」をはじめとする高金利通貨ペアまで、人気が高い通貨ペアを中心にバランスよく高水準で提供されています。

 特に、スワップポイントで外為どっとコム「外貨ネクストネオ」が競合する他社と業界上位を争っているのは「米ドル/円」や「ユーロ/円」、「英ポンド/円」といったメジャーな通貨ペアです。高金利通貨ペアのスワップポイントも高水準ではありますが、外為どっとコム「外貨ネクストネオ」でスワップポイントを狙う取引をするなら、ぜひメジャーな通貨ペアの水準に注目してみてください!

業界上位水準のスペックと豊富な情報コンテンツが魅力
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」 ⇛詳細データはこちら
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 30ペア 0.2銭原則固定
(9-27時)
0.3pips原則固定
(9-27時)
0.4銭原則固定
(9-27時)
※ユーロ/米ドル、ユーロ/円は、2024年7月27日午前3時までのキャンペーンスプレッド。スプレッドはすべて例外あり
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント
外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」は、業界上位水準のスプレッドに定評があり、国内系では珍しく、シンガポールドル/円、スウェーデンクローナ/円などのマイナーな通貨ペアも取引できるFX口座です。「外貨ネクストネオ」で取引している投資家の指値注文や逆指値(ストップ)注文の状況を確認できる「外為注文情報」も人気で、多くの投資家が活用しています。超ビギナーから上級トレーダーまで、さまざまなレベルを対象としたオンラインセミナーがあり、独自の投資情報コンテンツも充実しています。
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月1日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★松井証券

松井証券「MATSUI FX」の公式サイトはこちら!

 わずか1通貨から取引できる松井証券のFX口座は、少額から取引を始められるのでFX初心者にも使いやすいサービスです。

 スワップポイントは、「米ドル/円」や「豪ドル/円」など、「日本円」が絡むメジャーな通貨ペアで、いくつか業界で上位の水準に入っています。

 上位3位には届かないものもありますが、人気の高金利通貨ペアである「南アフリカランド/円」や「トルコリラ/円」、「メキシコペソ/円」でも比較的、安定して高水準のスワップポイントが提供されているので、高金利通貨のスワップポイントを狙って中長期でポジションを保有したいトレーダーも、松井証券のFX口座をチェックしてみてください。

 松井証券のFX口座には、取引量が1万通貨までの少額取引について、一定の条件下なら通常よりも有利なスプレッドが適用される特別なサービス(※)も用意されているので、少額取引を繰り返して、こつこつポジションを大きくしていきたいトレーダーもコストを抑えた取引が可能です。
(※通貨ペアごとに取引数量や注文方法による適用条件が定められている。詳しくは公式サイトで確認してください)

 さらに、1通貨から利用できる自動売買(システムトレード)もあるので、取引戦略の幅も広がります!

 老舗の証券会社というイメージが強い松井証券ですが、FX口座のサービスも充実しているので、まだご覧になったことがない方は、この機会にぜひサービスの詳細をチェックしてみてください。

1通貨単位で取引でき、FXの自動売買(シストレ)も可能な初心者におすすめのFX口座
松井証券 ⇛詳細データはこちら
松井証券の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1通貨 20ペア 0.2~0.9銭 0.3pips原則固定 0.4銭原則固定
※スプレッドは取引数量、注文種類によって変化
松井証券のおすすめポイント
松井証券のFX口座は、最低取引単位が「1通貨」、1通貨からFXの自動売買(システムトレード)もできるので、FX初心者や少額取引を求める投資家におすすめです。スプレッドも狭く取引にかかるコストも抑えられます。LINEの公式アカウントと口座情報を連携させることで、LINEで売買シグナルを受け取れるなど、画期的なサービスも魅力。電話だけでなく、無人・有人のチャットによるサポートも充実しているので、初心者でも安心して取引できるFX口座の1つです。
松井証券の関連記事
■FXの自動売買(システムトレード)ができる「おすすめFX口座」を比較して、FXシストレ口座を種類別に詳しく解説!
■松井証券のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼松井証券▼
松井証券の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月1日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★auカブコム証券「auカブコム FX」

auカブコム証券「auカブコム FX」の公式サイトはこちら!

auカブコム証券「auカブコム FX」は、三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券、auカブコム証券が提供するFX口座です。日本国内で最大規模を誇る金融グループの一員であるという信頼感、安心感がユーザーに支持されています。

 「auカブコム FX」のスワップポイントは、「メキシコペソ/円」などの新興国通貨や一部のクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)で上位水準で提供されていますが、全体的には上位3位水準に食い込む通貨ペアは限られている印象です。

 取り扱い通貨ペアの中には「ポーランドズロチ/円」や「ハンガリーフォリント/円」、「チェココルナ/円」といった、他社であまり取り扱っていない珍しい通貨ペアもあります。

 ちなみに、「auカブコム FX」には、ネット証券が提供するFX口座ならではのサービスがあり、保有している「株式」や「投資信託」を担保にFX取引を行うことが可能です(代用有価証券)。このサービスを利用すれば、株式や投資信託の取引をしながら、現金を用意することなくポートフォリオの中にFXのポジションを組み入れることができます。うまく活用すれば、より資金効率の良い投資ができるので、auカブコム証券で取引する際は、ぜひ公式サイトなどでサービスの詳細をチェックしてください。

機能性の高い取引ツールが使え、自動売買もできる
auカブコム証券「auカブコム FX」 ⇛詳細データはこちら
auカブコム証券「auカブコム FX」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 26ペア 0.2~3.0銭
(9-27時)
0.4pips原則固定 0.5銭原則固定
(9-27時)
※取引単位が1万通貨で1回あたりの新規注文量が100万通貨までの「通常」に適用されるスプレッド。取引単位が10万通貨の「大口」と、米ドル/円の取引単位が1000通貨で1回あたりの新規注文量が9000通貨までの「ミニ」のスプレッドは、上記とは異なります
auカブコム証券「auカブコム FX」のおすすめポイント
auカブコム証券の「auカブコム FX」は、情報収集から発注までをワンストップでおこなえるカスタマイズ性にも優れたPC用取引ツールに加え、チャートへの描画機能、相場の急変や経済指標の結果を知らせてくれるプッシュ通知などが便利なスマホアプリに定評があります。Macにも対応したPC用取引ツールには、設定したテクニカル指標の条件に沿ってシステムが自動で取引してくれるシステムトレード機能も搭載されています。1000通貨単位と1万通貨単位の取引に適用されるスプレッドは全体的に狭く、保有している株式や一般型の投資信託をFXの証拠金として充当できる「代用有価証券」など、証券会社ならではサービスが利用できるのもポイント。三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券という信頼性の高さも魅力です。
auカブコム証券「auカブコム FX」の関連記事
■auカブコム証券「auカブコム FX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼auカブコム証券「auカブコム FX」▼
auカブコム証券「auカブコム FX」の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月1日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

★楽天証券「楽天FX」

楽天証券の公式サイトはこちら!

 ネット証券大手の楽天証券が提供する「楽天FX」では、「米ドル/円」や「ユーロ/円」、「豪ドル/円」など、「日本円」が絡むメジャーな通貨ペアで、おおむね業界上位に入る高水準のスワップポイントが提供されています。なかにはトップ水準を争うほど魅力的なスワップポイントが提供されている通貨ペアもあるので、「日本円」が絡むメジャーな通貨ペアを中心に取引するなら、見逃せないFX口座です。

 人気の高金利通貨ペアである「メキシコペソ/円」のスワップポイントも上位に入る高水準で提供されています。

 また、楽天証券ではMT4(メタトレーダー4)専用のFX口座「楽天MT4」も提供されていますが、「楽天FX」と「楽天MT4」の両口座で取り扱いがある通貨ペアについては、基本的に同水準のスワップポイントが適用されているので、楽天証券なら、MT4口座でも高水準のスワップポイントを狙うことが可能です。ただし、スプレッドについては「楽天MT4」よりも「楽天FX」のほうが有利な水準で提供されているので、コストを重視するトレーダーには「楽天FX」のほうがおすすめです。

 楽天証券は、FXのほか株式やCFD、バイナリーオプションなど幅広い商品がラインナップされている総合証券でもあります。FX口座のサービス内容も魅力的ですが、証券会社としての知名度や信頼性の高さもバツグンで、ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!でも、総合ランキングなどで上位にランクインしています。
【※おすすめの関連コンテンツはこちら!】
総合ランキングでも楽天証券「楽天FX」が上位にランクイン! 【最新版】ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

 投資の初心者から上級者まで、あらゆるレベルの投資家が安心して利用できる口座なので、FX以外の取引も検討しているトレーダーは特に、楽天証券への口座開設を検討してみてはいかがでしょうか?

主要通貨ペアのスプレッドの狭さ、スワップポイントの高さでも人気!
楽天証券「楽天FX」 ⇛詳細データはこちら
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 28ペア 0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 0.5銭原則固定
楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント
楽天証券の「楽天FX」は、業界上位水準のスプレッドの狭さと主要通貨ペアのスワップポイントの高さに定評があり、機能性の高い取引ツールが使えることでも人気のFX口座です。スマホアプリには、通貨ペアの動きを25種類のパターンに分類する「チャートの形状」や、1日の値動き・現在のレベル・トレンドが1つの画面に集約され、「ASスピード発注」も使える「サイクルメーター」など、他のFX口座にはないユニークな機能が搭載されています。楽天証券には、MT4(メタトレーダー4)専用のFX口座「楽天MT4」もあり、さらに総合証券としてFX以外のさまざまな金融商品も取り扱っているので、楽天証券だけで多彩なポートフォリオを構築できるのも大きなメリットです。
楽天証券「楽天FX」の関連記事
■楽天証券「楽天FX」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
■楽天証券「楽天MT4」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月11日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

 「メキシコペソ/円」以外の人気通貨ペアのスワップポイントは、以下より確認してください。

【※人気通貨ペアのスワップポイントが高いFX口座は?】
FXの「スワップポイント」を比較!【最新版】スワップポイントが高い、おすすめのFX口座を紹介! 約40口座を対象に、高金利通貨を含む9通貨ペアを調査

「メキシコペソ/円」の特徴や今後の見通し

 ここでは、「メキシコペソ/円」の特徴や今後の見通し、「メキシコ」の基本情報などを紹介します。

 「メキシコペソ/円」は、高いスワップポイントが期待できる人気の通貨ペアですが、高いスワップポイントだけを見て、やみくもに買いポジションを増やし続けるようなやり方は、おすすめできません。

 できるだけリスクを抑えて取引するには、「メキシコ」の経済情勢や金利動向、「メキシコペソ」の長期的な見通しなどを把握したうえで、適宜ポジション量をコントロールする必要があります。たとえば、「メキシコペソ/円」で下降トレンドが続きそうなときには、為替差損が拡大する前に一度すべての買いポジションを決済し、トレンドが変わってから、またポジションを構築し直すといった判断が必要になる場合もあるでしょう。

 基本的には、中長期でポジションを保有するつもりであっても、定期的に経済情勢や金利、相場の動向を確認しておくことをおすすめします。

・「メキシコペソ/円」の最新チャート&レート

 「メキシコペソ/円」の最新のチャート&レートは、ご覧のとおりです。JFX「MATRIX TRADER」の「メキシコペソ/円」のレートを元にTradingView(トレーディングビュー)で生成されたチャートを掲載しています。参考にしてください。
【※おすすめの関連記事はこちら!】
TradingViewが使える「おすすめのFX口座」を紹介!人気のチャートツール「TradingView」の使い方や、無料アカウントの登録方法をわかりやすく解説!

 長らく右肩上がりを続けていた「メキシコペソ/円」ですが、2024年6月に実施されたメキシコ大統領選・議会選で与党・国家再生運動(MORENA)が大勝して以降、一時は急落に転じるなど、これまでとは様子が異なってきています。

 大統領選では、司法制度や財政制度の改革を推進するアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領の政策を大筋で継承する、クラウディア・シェインバウム氏(前メキシコ市長)が選出され、議会選での与党の大勝とあいまって憲法改正などが現実味を帯びてきたことや、改革による経済政策への影響などが懸念されたことで、為替はネガティブに反応したようです。「メキシコペソ」は対米ドルで急落したほか対円でも急落し、「メキシコペソ/円」は一時8円台前半を付けました。

 メキシコの政策金利は、日本に比べるとまだまだ高い状況ですが、この先の政治・経済・金融政策によっては相場のトレンドが変わり、「メキシコペソ/円」の買いポジションで得られるスワップポイント以上に、為替変動によって損失を被るリスクのほうが高くなる可能性もあります。2020年以降、1メキシコペソ=4円台から急上昇を続けてきただけに、下落に転じたときのインパクトも大きくなるかもしれません。
【※主要各国の最新の政策金利をグラフで紹介!】
主要各国の「政策金利」の推移をグラフでチェック!

 2024年11月には、メキシコの政治や経済に大きな影響を与える米国で大統領選挙も控えています。メキシコ国内の状況に加え、米大統領選の情勢が為替に影響を与える可能性もあるので、注意が必要です。

 いずれにしても、「メキシコペソ/円」の取引を検討するなら、定期的に最新の情勢を確認し、突然の急落にも対応できるよう、日ごろからしっかりとポジションを管理しておくことをおすすめします。

・「メキシコ」の基本情報と経済情勢

 ここでは、改めて「メキシコ」という国の基本情報を確認しておきましょう。

 「メキシコ」は、中南米に分類される、ラテン系の住民が大半を占める国家です。正式名称は「メキシコ合衆国」で、首都は中心部に位置する「メキシコシティ」。国が定める公用語は存在しませんが、割合としてはスペイン語がもっとも多く使われています。

 国土面積は世界で13番目に広い196万平方キロメートルで日本のおそよ5倍ですが、人口は約1億2600万人と、日本の約1億2570万人と同水準です。

 2023年の名目GDP(国内総生産)は約1兆7889億ドルで世界第12位ですが、国民1人当たりの名目GDPでは世界第67位に低下するため、労働生産性はさほど高くありません。しかし、経済成長率は3.23%で、リーマンショックのあった2009年と、コロナショックのあった2020年を除く直近20年の経済成長率も平均で2%台後半と、緩やかながら成長は続いています。2024年2月の失業率は2.6%と低く、雇用環境も悪くなさそうです。

■メキシコの基本情報
正式名称 メキシコ合衆国
人口 1億2600万人(2020年)
名目GDP(米ドル換算) 1兆7889億ドル
経済成長率 3.229%
インフレ率 5.525%
経常収支(米ドル換算) -57億1500万ドル
政府総債務残高(対GDP比) 53.10%
財政収支(対GDP比) -4.29%
外貨準備高 2078億ドル(2022年)
失業率 2.6%(2024年2月)

※人口と失業率はINEGI(メキシコ国立統計地理情報院)、外貨準備高は世界銀行、それ以外はIMF(国際通貨基金)『World Economic Outlook2024年4月版』に基づく2023年のデータ

 メキシコの主要輸出品目を見ると、「工業製品・同部品」の割合が87.9%と極めて高く、そのうちの28.6%を「自動車・同部品」が占めます。このことから、メキシコは、輸出品目のうち、自動車と自動車に関連する部品をもっとも多く輸出している国だということがわかります。

メキシコ主要輸出品目の構成比率

※数値は2022年の暫定値。JETRO(日本貿易振興機構)『メキシコの貿易と投資(世界貿易投資動向シリーズ)公開日:2023年9月27日』のデータを基に編集部が作成

 また、輸出先の81.8%が北部で国境を接する米国で、米国向けの輸出が圧倒的なシェアを占めているのが特徴です。メキシコの経済は、地理的にも近い米国に強く影響を受ける傾向にあるため、「メキシコペソ」の動向を分析するには、米国や米ドルの状況も把握しておく必要があります。NAFTA(北米自由貿易協定)の後継であるUSMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)を結んでいることも、忘れてはならない点です。

 さらに、メキシコは世界有数の天然資源国としても知られています。メキシコの主要輸出品目に占める原油の割合は5.5%なので、自動車関連の品目と比較するとシェアとしては大きくありませんが、メキシコはOPEC(石油輸出国機構)とロシアなどの非加盟国で構成される「OPECプラス」に加盟する産油国でもあります。

 「メキシコペソ/円」と原油(WTI原油先物)の長期チャートを比較すると、両者には相関性がない時期もありますが、どちらかというと相関性が高い時期のほうが長いように見えます。「メキシコペソ/円」を取引する際は、原油価格の値動きもチェックしておくと良いでしょう。

メキシコペソ/円とWTI原油先物の比較チャート
メキシコペソ/円とWTI原油先物の比較チャート

(出所:TradingView

 ちなみに、原油価格の値動きはCFD口座を開設すれば手軽に確認することができます。特に「WTI原油先物」は、原油価格の指標としてもっとも注目されているもので、多くのCFD口座が「WTI原油先物」の価格を参照したCFD銘柄を取り扱っています。
【※おすすめの関連記事はこちら!】
CFD比較!【2024年最新】おすすめのCFD口座&国内の全CFD口座を紹介

 チャートで原油価格の動向を確認するだけでなく、「メキシコペソ/円」の価格変動リスクをヘッジする目的で原油価格を参照するCFD銘柄を取引するといった使い方もできるので、ぜひこの機会にCFDについてもチェックしてみてください。

・「メキシコペソ」の値動きの特徴

 クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)である「メキシコペソ/円」は、「メキシコペソ」固有の要因だけでなく、「米ドル/円」など、他の対円通貨ペアの動向にも影響を受けやすい傾向があります。必ずそうなるというわけではないものの、一般的には対円の通貨ペアで円安傾向が強いときは「メキシコペソ/円」も上昇しやすく、円高傾向が強いときは「メキシコペソ/円」も下落しやすいです。

 「メキシコペソ/円」の動向を分析する際は、ぜひ「米ドル/円」や他の対円通貨ペアの動向にも目を配るようにしてください。

※スプレッドは通常時の数値(基準値)、または2週間以上に渡るキャンペーンの数値を掲載しています。すべてのスプレッドの数値には例外があり、相場の急変時や流動性の低下時などは、スプレッドが拡大することがあります
※スワップポイントの金額は、各FX会社のスワップポイントカレンダーなどに掲載された情報をもとに、対象期間中に付与された合計金額をその期間中の付与日数の合計で割り、小数点以下第3位を四捨五入して算出しています
※FX口座によっては、スワップポイントカレンダーに掲載されている金額と実際に口座へ反映される金額が異なる場合があります
※FX会社のスワップポイントカレンダーに掲載された実績値は、訂正・修正される場合があります
※本ページの調査対象は、すべて個人口座です
※紹介しているサービス内容は当社が独自に調査したもので、原則として各FX会社の公式サイトの表記に順ずるよう記載しています 
※正確な情報を提供するよう努めていますが、詳細は各FX会社の公式サイトや各FX会社の問い合わせ窓口などからご確認いただき、最終的な判断はご自身で行っていただきますようお願いいたします 

■ザイFX!読者が選んだFX口座はココ!(総合ランキング)
【総合1位】GMOクリック証券「FXネオ」⇒詳細ページ
GMOクリック証券「FXネオ」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】SBI FXトレード⇒詳細ページ
SBI FXトレード
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら
【総合3位】外為どっとコム「外貨ネクストネオ」⇒詳細ページ
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合4位】ヒロセ通商「LION FX」⇒詳細ページ
ヒロセ通商「LION FX」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2~1.3銭 1000通貨 54ペア
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
【総合5位】楽天証券「楽天FX」⇒詳細ページ
楽天証券「楽天FX」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 1000通貨 28ペア
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
【総合6位】GMO外貨「外貨ex」⇒詳細ページ
GMO外貨「外貨ex」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(8-27時)
1000通貨 24ペア
▼GMO外貨「外貨ex」▼
GMO外貨「外貨ex」の公式サイトはこちら
【総合7位】外為オンライン「外為オンラインFX」⇒詳細ページ
外為オンライン「外為オンラインFX」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
1.0銭原則固定 1000通貨 26ペア
▼外為オンライン「外為オンラインFX」▼
外為オンライン「外為オンラインFX」の公式サイトはこちら
【総合8位】トレイダーズ証券「みんなのFX」⇒詳細ページ
トレイダーズ証券「みんなのFX」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(8-29時)
1000通貨 33ペア
▼トレイダーズ証券「みんなのFX」▼
トレイダーズ証券「みんなのFX」の公式サイトはこちら
【総合9位】JFX「MATRIX TRADER」⇒詳細ページ
JFX「MATRIX TRADER」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2~1.3銭 1000通貨 41ペア
▼JFX「MATRIX TRADER」▼
JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら
【総合10位】マネックス証券「FX PLUS」⇒詳細ページ
マネックス証券「FX PLUS」
米ドル/円スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2~0.9銭 1000通貨 16ペア
▼マネックス証券「FX PLUS」▼
マネックス証券「FX PLUS」の公式サイトはこちら
※この表は2024年7月3日時点のデータに自動で更新されているため、スプレッド、最低取引単位、通貨ペア数は、本記事公開時の情報とは異なっている場合があります。すべてのスプレッドには例外があり、流動性の低いときや相場の急変時にはスプレッドが拡大することがあります。詳しい条件や最新の情報などは、各FX会社の公式サイトなどで必ずご確認ください。

 各FX口座の詳細や、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「取引ツールの使いやすさ」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

人気FX会社ランキング
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較
キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較
↑ページの先頭へ戻る