為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
バックナンバー

PIIGS諸国の混乱は深まっているのに、
なぜ、ユーロは反発し始めたのか?

2011年05月20日(金)東京時間 14:51

 為替マーケットでは、米ドル全体が保ち合いの状態を維持しながら、やや頭の重い展開となりつつある。

■買えば下落、売れば上昇で右往左往する投機筋

先週の本コラムでは、ギリシャのユーロ離脱懸念は現段階において杞憂だと指摘した。状況はそのとおりで、ギリシャ問題は難航しているものの、2回目のギリシャ危機には至っていない模様「今はあり得ないギリシャのユーロ離脱。本格的なユーロ安はこの先にやってくる!」参照)

 ユーロ/米ドルの値動きは、それを証左するものとして重要だ。

 5月5日高値から急落した後、ギリシャ危機の再来を危惧していた投機筋の多くがユーロ/米ドルの1.4000ドル割れが必至と見込んでいたが、少なくとも短期スパンではその思惑ははずれている。

 皮肉にも、ユーロが上昇し、5月初めに1.5000ドルの大台突破を目前にすると、多くのショート筋がロング派に転換したが、今度はユーロが下落し、5月16日に1.4000ドルの大台割れが迫ると、彼らは再度スタンス転換を余儀なくされ、ロングからショートに転換したと聞く。 

ユーロ/米ドル 日足


(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 これからユーロ/米ドルが1.4000ドルの大台を割り込まないとも限らないが、足元1.4300ドル前後まで回復している値動きをみると、市場参加者のコンセンサスとして、ユーロ安一辺倒にはなりにくいことがわかる。

 ギリシャを始め、アイルランドやポルトガルといったEU周辺国の混乱が深まっているにも関わらず、ユーロ売りは本格化していないのだ。

 そうであれば、先のユーロの急落はスピードこそ速かったものの、メインの値動きではなく、あくまで調整的な範囲に留まる可能性を排除できなくなる。

 その裏返しとして、当然のように、ユーロの下落が本物でなければ、米ドルの切り返しもおのずと限界があり、米ドル安という大きな流れが続くことになるだろう。

■「ユーロの問題より実は米ドルの問題が深刻」と相場は語る

 何しろ、「マーケットの値動き自体」がマーケット参加者全員の判断と思惑を反映したものだから、それは誰よりも先見性に優れ、またどんな集団よりも英知を持つ。

 そうであれば、ユーロの問題よりも実は米ドルの問題のほうがより深刻だとマーケットが教えてくれているのかもしれない。

 より正しい表現をすれば、為替の本質が通貨の比較である以上、マーケットは消却法でより「悪い」通貨に売り圧力をかける。従って、ソブリンリスクがくすぶるユーロの対米ドルでの下落が限定的であれば、米ドルはより「悪い」通貨として扱われることになろう。

 実際、このような可能性は本コラムがかなり前から指摘していた。昨年、2010年4月2日の記事タイトルは「米国の景気回復シナリオは裏切られ、米国のソブリンリスクは必ず問題となる」となっていたが、足元の状況はまさにそのとおりの展開だ。

 言ってみれば、確かにPIIGS問題(※)を抱えるEUへの不信も根強いが、EU域内のドイツやフランスなど大国の景気は好調であり、特に牽引車となるドイツは東西ドイツ統合以来の好調ぶりである。

 対照的に、度重なる量的緩和策の実施にも関わらず、米国経済は脆弱なままであることが最近発表された経済指標のデータでは読み取れる。失業率の高止まりと相まって、米国の景気回復シナリオが現実のものとなっていないことが浮き彫りにされている。

 実際、来年に向け、ゴールドマン・サックスなど大手金融機関が米国の成長率を下方修正しており、ドイツとの差は一段と開くことになる見通しだ。

(※編集部注:PIIGSとは財政懸念の高まっているユーロ圏の国々で、ポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、ポルトガルのこと)

■米国は早晩AAAという最高格付けを失うことになるだろう

 より重要なのは、FRBは資産価格を上昇させ、波及効果で景気を浮上させる狙いで量的緩和策を実施していたが、景気浮上という目的は達成されないまま、米ドルへの信頼が著しく毀損されたことだ。

 基軸通貨としての米ドルの地位を米国が守る意欲があるかどうか、世界から懸念されている。それは他ならぬ、米ドルという通貨の真贋を問われる本質的問題でもある。 

米ドル VS 世界の通貨 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル VS 世界の通貨 週足

 さらに、マーケットは徐々に米国のソブリンリスクにも警戒の目を向け始めていることが米ドルの頭を抑え込む要素として浮上し始めたようだ。

 かつて本コラムが指摘したように、米国は早晩AAAという最高格付けを失うことになると考えるが、その時期が前倒しになる公算が高まっている「ガイトナー財務長官の発言は信用できず! 米国は『AAA』の格付けを失う可能性も…」参照)。 

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 66531人

ザイFX!のtwitterをフォローする
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[ミニ取引](2月28日まで)
  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)・IG証券[標準取引](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)・トレイダーズ証券[みんなのFX](2月28日まで)
  • 最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](3月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[シストレ24](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)・インヴァスト証券[トライオートFX](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)・JFX[MATRIX TRADER](2月28日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)・FXプライム byGMO[選べる外貨](3月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FXトレード戦略指令!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.26113.11

USDJPY

豪ドル/円+0.3386.86

AUDJPY

NZドル/円+0.1781.23

NZDJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム

 
02月20日更新









ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門