FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

カギは“アベクロライン”の平行線にあり!
円安局面は外貨売り・円買いのチャンスか

2013年04月19日(金)東京時間 17:15

■米ドルの急落はサプライズ的側面が大きかった

先週のコラムでは、米ドル/円が100円の大台へタッチせずに反落してくる公算が高いことを書いていたが、マーケットはそのとおりの展開を見せてくれた。しかし、あまりにも劇的な値動きだった。

【参考記事】
約1年ごとに天井を打つサイクルを見よ!米ドル/円は桜のごとく一旦散る運命にあり(2013年4月12日、陳満咲杜)

米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足)

 まず、100円の節目にギリギリまで接近していたこともあり、事実上、100円の大台打診の有無が大した意味を持たない物差しとなっていた。

 その後の反落は予想どおりとはいえ、あまりにも「タイミング良く」出された米為替報告書のほか、ボストンテロという想像もつかない材料が出てきたので、米ドルの急落は想定内とはいえ、やはりサプライズ的側面が大きかった

 もっとも、筆者の持論、つまり、「材料は値動きの後を追って発生するもの」といった理屈に照らすと、前述の材料は、中身はともかく、「タイミング良く」出たことに関してはうなずける。

前回のコラムで強調したように、円安トレンドはいったん頭打ちの時期に差し掛かっていたから、何らかの材料が出てきて、米ドルの反落がうながされること自体は、むしろ当然の成り行きと言える。

 ゆえに筆者は、初めて自ら主催するセミナーの日程を、あらかじめ4月6日(土)に決定していた。

 セミナーにおいて、4月6日(土)を選んで開催した理由について、「来週、米ドルの反落が見られるので、本日開催することによって、皆さんに印象づけたい」と説明していた。

 先週末(4月12日)から今週月曜(4月15日)にかけての米ドル急落のおかげで、少なくとも筆者のメンツは一応保たれたが、正直、その時点で、これから何の材料が出てくるかはまったく予想していなかった。

■米ドル/円をサポートする“アベクロライン”とは?

 ところで、足元の米ドルの切り返しも、想定より強いものである。

 執筆中の現時点では、98.70円まで回復しており、本日(4月19日)も陽線引けなら、4月16日(火)から4連騰になるだけに、再度高値更新の勢いさえ感じられる。

 では、米ドル/円が再度高値更新し、円安トレンドを継続させていくのだろうか。先週(4月8日~)の米ドル/円の反落は、あくまでメイントレンドにおける一時的なスピード調整だったのであろうか。

 こういった疑問に答えるために、米ドル/円とクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)の両方を、もう1回点検しよう。

 まず米ドル/円だが、週足で見てみると、下のチャートに記したように、上昇チャネルを確認できる。

米ドル/円 週足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 同チャネルのサポートラインは、アベノミクスで始まり、黒田新政で大陽線が形成された先々週(4月1日~)の安値を連結しているから、名付けて“アベクロライン”と呼んでいる。

■“アベクロライン”の平行線がレジスタンスとなりそう

 同ラインと平行に引いた抵抗ラインは、ちょうど2月と3月第1週の高値を連結したラインと重なる。そして、先週(4月8日~)はわずかに同ラインをブレイクして高値をつけたあと、そこから下がって安く引けたことから、同ラインの役割が確認された。

同抵抗ラインが当面レジスタンスとして効果を発揮するなら、米ドル/円の高値再更新も容易ではなかろう。

 次に注目されるのは先々週(4月1日~)と先週(4月8日~)の間で、マドを空けていたことだ。

 株式と違って、日足でさえ、マド空けが珍しい為替市場では、週足におけるマド空けは特別な意味を持つ

 実際、日銀の異次元緩和で大きく上昇した先々週(4月1日~)の大陽線の後にマドが空けられ、また先週(4月8日~)の足型は「塔婆」に近いだけに、当面のトップアウトを示唆する組み合わせとして有力視され、やはり、高値の再更新は難しいようにみえる

 今週(4月15日~)の反落を、一種のマド埋めの動きとして見る場合、足元の切り返しはマド埋め後の反動としてよく見られる値動きだ。しかし、このような値動きは往々にして長続きせず、再度、頭打ちして反落してくる公算が大きいとみられる。

 クロス円を測る上では、米ドル/円以外に一番大事なのは…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75966人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

取引でTポイントが貯まる! YJFX![外貨ex]

YJFX![外貨ex]

ザイFX!限定3000円もらえるキャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高5年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で5000円キャッシュバック!

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.02112.64

USDJPY

ユーロ/円+0.09132.48

EURJPY

ユーロ/米ドル+0.00061.1761

EURUSD
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム

 
12月18日更新





 
12月15日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門