FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

米ドル/円の上昇は限界! 高値更新には
いったん下落が必要とみる理由とは?

2013年07月12日(金)東京時間 13:40

■バーナンキ氏の「裏切り」が市場にショックをもたらした

 ジェットコースターに乗っているような相場だ。

 先週末(7月5日)、米雇用統計の好調で米ドル買いが進んだが、昨日(7月11日)未明、一転大きく売られた。

バーナンキ氏の「裏切り」がショックをもたらしたわけだ。

 FRB(米連邦準備制度理事会)議事録による内部意見の対立が露呈した上、バーナンキFRB議長が「しばらくは非常に緩和的な金融政策が必要だ」と明言したことが、マーケット関係者を狼狽させた。

 前回のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、出口政策やそのスケジュールに言及されていただけに、バーナンキ氏の「裏切り」はまさにショックそのものであった。変動率の拡大も当然の成り行きだ。

■やはり、米ドル上昇は限界と見るのが妥当

前回のコラムでは、主に2つ結論を申し上げた。

 すなわち、米雇用統計の好悪と関係なく、米ドル全体の上昇余地が限られることと、米ドル/円の高値打診があれば、戻り売りの好機であることだ。

【参考記事】
今回の米雇用統計はなぜ特別なのか?ドル/円の高値打診があれば売りの好機!(2013年7月5日、陳満咲杜)

 実際、先週末(7月5日)の米雇用統計、予想より好調だったことから、米ドルは急騰していた。「米ドル全体の上昇余地は限られるといった見方は間違いだったではないか」とのお叱りもいただいているが、メイン通貨ペアのユーロ/米ドルと米ドル/円の値動きを検証してみたい。

前回のコラムでは、「ユーロ/米ドルは日足において『ヘッド&ショルダーズ(※)』といったフォーメーションを形成しているが、ただちに同ネックラインを下放れするかどうかは、なお慎重に見極めたいところだ」と強調していた。

 そして実際、先週末(7月5日)、米雇用統計の好調があったにもかかわらず、ユーロ/米ドルは同ネックラインを打診したものの、割り込みはしなかった

 同ラインの下放れは、今週の火曜日(7月9日)まで待たなければならなかったことから考えて、筆者の見方が妥当であったことがおわかりいただけるだろう。

(※編集部注:「ヘッド&ショルダーズ」はチャートのパターンの1つで、天井を示す典型的な形とされている。人の頭と両肩に見立てて「ヘッド&ショルダーズ」と呼び、仏像が3体並んでいるように見えるため「三尊」と呼ぶこともある)

ユーロ/米ドル 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 そして、肝心の米ドル/円については、米ドル買いの限界がより明白だった。いくら好材料があっても、いわゆるアベクロラインの抵抗にすっかり拒まれ、ついに超えることができなかったから、まさに戻り売りの好機だった。

【アベクロラインに関する参考記事】
カギは“アベクロライン”の平行線にあり!円安局面は外貨売り・円買いのチャンスか(2013年4月19日、陳満咲杜)

米ドル/円 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

前回のコラムでは、101.20円~101.80円といったレジスタンスゾーンにて米ドル/円の頭打ちを想定していたので、今週(7月8日~)高値の101.49円は、ほぼ予想どおりである。

【参考記事】
今回の米雇用統計はなぜ特別なのか?ドル/円の高値打診があれば売りの好機!(2013年7月5日、陳満咲杜)

 上のチャートのように、ライン1本をもって事前にポイントを押さえることも不可能ではないが、実戦ではやはり、より具体的な戦略と戦術が必要だ。

 米ドル/円のトップアウトおよび売りポイントについて、最近筆者がコメンテーターを務めるラジオ番組にて詳説しているので、興味のある方はそちらをお聞きいただければ、おおむね理解できるのではないかと思う。

■「ユーロクロス」と「ネットポジション」が今後のカギ

 では、これから相場はどうなるか。筆者はこれからの相場を解くには、2つのキーワードが大事だと思う。

 すなわち、「ユーロクロス」「ネットポジション」である。

 前者に関して、ユーロ/円がベア(下落)トレンドを展開していけば、ユーロ/米ドルのベアトレンド復帰と米ドル/円の軟調といったセットが考えられる。

 よって、ユーロ/円の急落があれば、ユーロ/米ドルと米ドル/円の両方がベアトレンドにあるか、最低でも片方が急落していることを意味するであろう。

 同じように、ユーロ/豪ドルの反落が続くのであれば、ユーロより豪ドルの切り返しの方が、一段と余地を拡大する公算が高いと思う。

 では、ユーロはどうなるのか。そして…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75787人

ザイFX!のtwitterをフォローする
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

当サイト限定で5000円がもらえる!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!

link

ザイFX!限定で3000円!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

イメージキャラクター深田恭子さん! 無料オンラインセミナーは初心者に人気!

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.10113.45

USDJPY

ユーロ/円-0.14133.49

EURJPY

英ポンド/円-0.11151.32

GBPJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム


 
12月11日更新


 
12月11日更新








ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門