FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

円安第二幕開始のカギを握る米国金利。
ドル/円は年後半にかけ85~90円へ上昇か

2012年03月30日(金)東京時間 15:47

■円安第一幕は終了、第二幕へのカギを握るのは?

 今回は、「4月の為替を予想する」というテーマでお送りしたいと思います。

 最初に結論を述べます。私は、円安第一幕は終わった可能性もあるだろうと思っています。

 4~5月にかけて少し円高になる可能性もあるかもしれません。

円安第二幕が始まるカギを握っているのは米国金利だと思っています。

■今回の円安は一時的か? それとも基調転換か?

 米ドル/円は2012年2月に76円から上昇し、3月には一時84円台を記録するところとなりました。

 このような米ドル高・円安の動きは、「資料1」のように、足元79円程度の52週移動平均線(以下、52週線)を先週(3月19日~)までで、すでに6週連続、最大で5%もブレークする動きとなっています。

資料1

 「資料1」でわかるように、これだけ52週線を大きくブレークしたのは、2007年からすでに5年近くも続いてきた今回の米ドル安・円高の中では初めてです。

 また、それは、「資料2」のように、今回の米ドル安トレンドに限った話ではありません。

資料2

52週線を大きくブレークした動きは、一時的ではなく新たなトレンドが始まっている可能性を示唆していると言えそうです。

 つまり、もし、今回の米ドル高・円安が一時的ではなく、新たな米ドル高・円安トレンドが始まった動きということになると、当面、米ドルは52週線を大きく割り込むことはないといった見通しになるわけです。

 52週線は足元79円程度ですから、米ドル/円は下がったとしても、79円を大きく下回らない可能性すら出てきていることになります。

■米ドル/円は年後半にかけ85~90円を目指す

 では、新たな米ドル高トレンドが始まっているとするなら、今後、どのように展開していくのでしょうか。

 今回と似た過去のケースを参考にするのは基本でしょう。

 そこで、今回と同じように、長く続いてきた米ドル下落が終わり、上昇に転じた動きを示した年を確認すると、たとえば、2000年、2005年にありました。

 この2例では、52週線を抜けると約半年で10%程度の米ドル上昇となっていました(「資料3」参照)。

資料3

 相場は上がったり下がったり、ジグザグに動くものですが、以上を参考にすると、今後の米ドル/円は、もし下がったとしても、もう79円すら大きく割り込まず、年後半にかけて85~90円を目指して上昇していくといった見通しが基本になるでしょう。

■ファンダメンタルズの変化からは確認できない

 このような値動きからすると、米ドル高は一時的ではなく、基調転換の可能性が高そうです。

 では、それがファンダメンタルズの変化で確認できるかというとそれは違います。

 たとえば、5年近くも続いてきた米ドル安・円高を支えてきた経済環境の1つは日米の金利差がほとんどなくなったということでした。

 「資料4」は米ドル/円のポジションと日米政策金利差の関係を見たものです。

資料4

 これを見ると、日米政策金利差がほぼゼロになった中で、米ドル売りが大幅化、継続化し、一方、金利差と逆行する米ドル買いは短命に終わるパターンが続いてきました。

 ただ、金利差という面では、今はもちろんまったく状況が変わっていません。

 そうであれば、今回の米ドル買いも一時的に終わってしまうということはないでしょうか?

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75970人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

取引でTポイントが貯まる! YJFX![外貨ex]

YJFX![外貨ex]

ザイFX!限定3000円もらえるキャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高5年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で5000円キャッシュバック!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

3000円と新刊書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

当サイト限定で5000円がもらえる!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.02112.56

USDJPY

ユーロ/米ドル0.00001.1781

EURUSD

南アランド/円+0.018.83

ZARJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム


 
12月18日更新


 
12月18日更新








ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門