為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
世界の通貨大カタログ
南アフリカランド(ZAR)

 もともとは狩猟民族が住んでいましたが、15世紀にはバーソロミュー・ディアスが 南アフリカの南端・喜望峰に到着し、1652年にオランダ東インド会社のヤン・ファン・リーベック がやってきて喜望峰を中継基地としたことをきっかけに、南アフリカはオランダの植民地になりました。

 18世紀の終わりごろになると金やダイヤモンドなどの鉱脈を狙って、 イギリス人がやってくるようになり、19世紀に入ると、オランダから正式にイギリスに譲渡され、 以降イギリスの植民地となります。現在でも英語が南アフリカの公用語となっているのは、そのせいです。

 1910年に独立しましたが、その後は白人労働者保護のための人種差別法、鉱山・労働法が制定されたため、 1990年代にアパルトヘイト政策が廃止されるまで、黒人差別が横行していました。

 現在はアパルトヘイトが廃止され、法の下では黒人と白人が平等になったものの、 まだ人種差別は根強く残っています。ただ、マンデラ黒人政権成立後は比較的安定し、 経済も発展をみせ、今ではブラジル、ロシア、インド、中国などと並んで、 急成長が期待できる新興国と評価されています。

 特にこのところの南アフリカの注目度はうなぎのぼり。その背景には一次産品の高騰があります。 南アフリカは世界一の金の産出国であり、プラチナ、クロム、バナジウムの産出量も世界一。 ダイヤモンドなども有名で、同国総輸出額の約4分の1を、金をはじめとする貴金属類が占めています。

 最近ではワインの生産国としても頭角をあらわしてきました。 BMWやメルセデスベンツなどの生産地ともなっていて、日本からもトヨタや日産が進出しています。

 2010年にはサッカーのワールドカップの開催国にもなっており、今後、成長が鈍化することは考えにくい情勢です。

 そんな中、南アフリカは投資対象としても注目されています。 日本においては南アフリカランド建て債券や外貨預金が人気を集めていますし、 高金利通貨なので、FXでスワップ金利を狙った投資も活発になっています。

 1998年以降、南アフリカの政策金利はいちばん高い時では20%を越えており、 いちばん低い時でも7%の水準。南アフリカランド相場は、2001年末には1ランド=11円でしたが、 現在は1ランド=18円台まで上昇してきています。

 さて、南アフリカランドの相場の変動要因ですが、南アフリカランドも豪ドルやカナダドル同様、 「資源国通貨」の側面があるため、やはり注目すべきは金相場の動向です。ランド/円相場を 見ていく際には、金先物相場(とくにニューヨーク市場)にも着目する必要があるといわれています。

 また政情の影響も大。南アフリカはアフリカの中でも政情は安定した国ですが、 周辺諸国に政情が不安定な国が多く、周辺国で政情不安が起こった場合、 それが南アフリカにも影響を及ぼすことが考えられます。「質への逃避」の際は、 資金が引き上げられる可能性があるでしょう。

 さらに、失業や貧困、犯罪などの社会問題も波乱要因。経済は発展しているとはいえ、 まだまだ失業率は高く、1997年以降は常に20%を超えており、現在は25.5%。今後、 着実に経済発展を成し遂げていくには、雇用情勢の改善は大きな課題です。

 スワップ金利は魅力ですが、値動きが激しい通貨なので、投資の際は買うタイミングに 注意しましょう。なるべくレバレッジを低くして、慎重に投資をしないと、短期で大きく損をする可能性もあります。

4690万人 ターボ・ムヴイェルワ・ムベキ (農)畜業、トウモロコシ、柑橘類、その他の果物、
小麦、砂糖、羊毛、皮革類
(鉱)金、ダイヤモンド、プラチナ、ウラン、鉄鉱石、
石炭、銅、クロム、マンガン、石綿
(工)食品、製鉄、化学、繊維、自動車
3.4% 25.5% 輸出:587億ドル
輸入:686億ドル
輸出:金、希金属、鉱物製品、化学製品、食品、
繊維製品、ダイヤ
輸入:機械、自動車類、化学製品、科学機器、
繊維製品、プラスティック、ゴム
輸出:日本、英、米、独、蘭
輸入:独、中、米、日本、サウジアラビア
各国GDP成長率の推移
各国政策金利の推移
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
04月17日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門