FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

米ドル全面安の嵐が吹き荒れているが、
米ドル/円の下値余地は限定的とみる!

2009年09月11日(金)東京時間 18:44
■9月に入って、米ドル全面安が加速した!

米ドル全面安の嵐が吹き荒れている

7月24日のコラムでは、ユーロ/米ドルは1.4700ドル、英ポンド/米ドルは1.7150ドル(場合によっては1.7500ドル)、豪ドル/米ドルは0.8500ドルというターゲットが射程圏に入ってくるという見通しを示し、それらは実現されるだろうと述べた「米ドル安トレンドが再開したかどうか米ドル/スイスフランを見ればわかる!」参照)

 ユーロ/米ドルをはじめとして、上記のターゲットに一段と近づいている。

 また、8月28日のコラムでは、「豪ドル/米ドルは0.8500ドル手前まですでに迫っており、ターゲットを0.8600~0.8800ドルに引き上げる余地もある」と指摘していたが、こちらは、早くも0.8600ドルの大台を突破した「『コップの中の嵐』と米ドル全面安の傾向はまだ続くのか?」参照)

米ドル安の傾向ははっきり見えていたが、そのモメンタムは9月に入ってから加速した

 それは、主力筋が夏のバカンスから戻ってきたためという解釈もあるだろうが、テクニカル的な視点から見ると、チャートの節目のブレイクが確認されたためであろう。

■ファンダメンタルズだけ見て取引をしたら混乱していた!?

 この点については、8月28日のコラム9月4日のコラムと2回にわたって、チャートを羅列して、レジスタンスラインとサポートラインのブレイクおよびRSIのシグナルの重要性を提起していた「『コップの中の嵐』と米ドル全面安の傾向はまだ続くのか?」「今の相場は嵐の前の静けさ。米国雇用統計をきっかけに嵐が来る!」参照)

 ここで、その続きを見てみよう。
ユーロ/ドルとポンド/ドル(クリック拡大)
(出所:米国FXCM

 上に示したユーロ/米ドルと英ポンド/米ドルの日足チャートを見る限り、おおむね予測どおりの展開となったが、テクニカルの要素よりもファンダメンタルズ的な判断に頼ったら、混乱に陥ったことだろう

■値動きが先で、米雇用統計の良し悪しは関係ない

 たとえば、米ドル全面安は米国の雇用統計が引き金となっていた。

 だが、下記のユーロ/米ドルの15分足チャートが示すように、結果が発表された後は、むしろ米ドル高に反応していた
ユーロ/米ドル 15分足(クリックで拡大)
(出所:米国FXCM

 ホットラインでは、すぐさま「米国の失業率上昇でリスク選好度が後退し、トレーダーはユーロ、豪ドルなどの高金利通貨や資源国通貨を売りまくり、米ドル買いに走る」といった解説が流れていた。

 しかし、その後は一転して米ドル安の方向に転じ、「多くのトレーダーが冷静にデータを見直し、非農業部門雇用者数の減少幅が予想よりも縮小したことを好感し、総合的に見ると、今回の雇用統計は悪くないと受け止め、再び米ドル売り/外貨買いに戻った」といった解説が流れていた。

 これこそ、まちがいの根源である。真実はまったくの逆であろう。

 つまり、このような解釈は、米ドルが買われたから米ドル買いにつながるような情報を探し、米ドルが売られたから米ドル売りにつながるような要素を探し出すといった「我田引水」になっているにすぎない。

本当のトレーダーには、結果発表後にデータそのものを理論的に分析し、その分析に基づいて売買をしている余裕はない。いろいろ難しいことを考えてから取引しても、もはや激しい値動きをフォローできない。

 言い換えれば、経済指標のデータよりも値動きの方が先なのだ。相場はデータの良し悪しとは関係なく、相場の内部構造に沿って、行くべき方向へ行く。データの結果は、往々にして取引を刺激する一種の起爆剤になっているに過ぎない

 多くのトレーダーは、「データの解釈に関する需要は、ファンダメンタルズ系のエコノミストとアナリストを養うために存在する」と、よく揶揄しているものだ。
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75880人

ザイFX!のtwitterをフォローする
FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.30112.22

USDJPY

ユーロ/円-0.75132.38

EURJPY

ユーロ/米ドル-0.00351.1796

EURUSD
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
12月14日更新


 
12月11日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門