FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

ザイFX!で2017年を振り返ろう!(4)
店頭FXだけ? 新レバレッジ規制の怪!

2017年12月22日(金)東京時間 13:02

「ザイFX!で2017年を振り返ろう!(3) トルコリラ/円スペック競争が激アツ!」からつづく)

■レバレッジ10倍引き下げ報道の怪

 前回は、トルコリラ/円のスペック競争やキャンペーン、さらに新サービスなどを中心に紹介してきたが、今回はFX業界で起きたニュースについて紹介したい。

 はじめに紹介するのは、FXの新レバレッジ規制に関する話題だ。

 発端は2017年9月27日(水)、日本経済新聞の電子版が伝えた記事だった。

「FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討 リスク管理を懸念、最大25倍の規制見直し」

 現状ではFX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ上限は25倍。これを10倍程度に引き下げようとの動きが起きているとのことだった。

 この日本経済新聞の報道を受けて、マネーパートナーズは記事の真偽を金融庁に確認し、発表した。

 マネーパートナーズグループのプレスリリースによると、金融庁からの回答は以下のとおり。

(1)証拠金倍率引き下げについては、個人投資家保護や金融機関が想定外の損失を被るリスク等の観点から様々な議論があるのは事実である。

(2)証拠金倍率の引き下げを行う場合は、業者や業界に働き掛けて意見を聞き、手順を踏んで行うものであり、金融庁が一方的に行うということはない。

 その後、さまざまなウワサが飛び交ったが、12月18日(金)に金融庁が『「店頭FX業者の決済リスクへの対応に関する有識者検討会」の設置について』というリリースを発表した。

金融庁のリリース
金融庁のリリース

 このリリースにはレバレッジ規制という言葉は見当たらないのだが、金融庁が決済リスクについてさまざまな観点から検討を進めるとしており、その対象を「店頭外国為替証拠金取引(店頭FX取引)」としている。

 実際、金融庁のリリースが発表される前から、新レバレッジ規制の対象は店頭FXのみで、取引所取引のくりっく365は対象外との報道もあった…。

【参考記事】
衝撃の13分間。崩れ落ちたトルコリラ/円の真相とは? 暴落の震源地は日本にあった!? のかも…(2)

 ここで、くりっく365について簡単に紹介しておくと、くりっく365はFXの公設市場で、東京金融取引所が運営している。

 東京金融取引所は日本で唯一の金融先物取引所として、1989年に開設された東京金融先物取引所がその前身なのだが、その後、2004年に会員制法人から株式会社へ組織が変更され、2005年7月から、くりっく365の取引を開始した歴史を持っている。

【参考コンテンツ】
特集「くりっく365」はなんで安心なの?

 突然振って湧いた、店頭FXに対する新レバレッジ規制問題。金融庁からは有識者検討会を設置するというリリースが発表されただけなので、本当に店頭FXのレバレッジが10倍に引き下げられるのかはまだわからないが、FX業界、FXトレーダーにとって、これが2018年も超注目のテーマであることは間違いないだろう。

■HTML5仕様の取引ツールが続々登場

 そして、今年(2017年)はFX会社で「HTML5」仕様の取引ツールが相次いでリリースされた。

【参考記事】
FX業界にも押し寄せる「HTML5」の波。もう「Java」絡みのトラブルとはオサラバだ!
世界初!ミラートレーダーのHTML5版最新取引システムを導入!スマホ対応も!
ザイFX!記者がヒロセ通商のチャートを徹底検証! 同じように見えても実は違う!

 「HTML」(HyperText Markup Language)とは、ウェブページを制作する際に用いられる言語のことで、現在、主流となっているのは「HTML4」。

 この「HTML4」では、「Silverlight」(※)などのプラグインをウェブブラウザに追加しないと、動画再生などをすることができない。

(編集部注:「Silverlight」とは、マイクロソフト社が開発したウェブブラウザ用のプラグインで、動画などを再生する際に使われる)

「Silverlight」

 現在は、2011年12月にリリースされた「Silverlight5」が提供されているが、マイクロソフト社は「Silverlight5」のサポートを2021年10月12日(火)で終了することを発表している。

 しかし、「HTML5」では、こうした「Silverlight5」のようなプラグインがなくても動画再生などに対応できるので、FX会社だけでなく、さまざまな分野において「HTML5」への移行が進んでいるというわけだ。

 こうした状況の中、ヒロセ通商が提供しているチャートシステムでは、「LIONチャート Plus」と「さきよみLIONチャート」が「HTML5」仕様となった。

ヒロセ通商チャート
ヒロセ通商チャート

(出所:ヒロセ通商

 ほかにも、セントラル短資[セントラルミラートレーダー]の取引ツールが「HTML5」仕様に刷新された。

[セントラルミラートレーダー]のHTML5版取引画面
[セントラルミラートレーダー]のHTML5版取引画面

 また、FXブロードネットライブスター証券が「HTML5」仕様の新取引ツールをリリースするなど、FX業界でも着々と移行が進んでいるようだ。

 FX各社による「HTML5」への仕様変更は、2018年も続きそうなので、ユーザーにとってもっと使いやすい取引ツールがリリースされるか、期待したいところだ。

 次に、9月中旬以降、FX会社を相次いで襲った…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 309人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 76846人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

ザイFX!Twitter
ザイFX!facebook

今週(1月22日~1月26日)の米ドル/円相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.17110.76

USDJPY

ユーロ/米ドル-0.00061.2256

EURUSD

南アランド/円-0.039.17

ZARJPY
おすすめ情報
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS


相場を見通す 超強力FXコラム



 
01月22日更新



 
01月17日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門