FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報
バックナンバー

アタック25形式(?)で通貨ペアの相関が一目
瞭然! 米ドル/円と高い相関があるのは?

2016年08月08日(月)東京時間 12:15

FXトレード・フィナンシャルは当サイト限定で3000円キャッシュバック!

■通貨ペア同士の相関関係がぱっとわかるツール登場!

 2016年7月、FXトレード・フィナンシャルのメタトレーダー(MT4)口座[FXTF MT4]に、通貨ペア同士の相関関係を表示してくれる優れものツール、「FXTF‐Symbol Soukan」が登場しました!

]取引画面に表示した「FXTF‐Symbol Soukan」(クリックで拡大)
MT4に表示した画面「FXTF‐Symbol Soukan」

(出所:FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]デモ口座)

 伝説のクイズ番組「アタック25」(「アタックチャ~ンス」のアレ)を連想しそうなパネルが表示されていますが、これ、中の数字とマスの色で、縦列と横列に並んだ通貨ペア同士の相関の方向性と強弱を表しています。

 通貨ペアの相関関係は、エントリーやイグジットの判断材料としても貴重な情報。それを手軽にチェックできるツールというのは、興味深いです。詳しく見ていきましょう。

 なお、当記事の最後にはお得なキャンペーン情報もお届けしますので、どうぞ最後まで目を通してくださいね。

■そもそも「相関関係」ってなに?

 そもそも「相関関係」とは、2つ以上の事物が密接にかかわり合い、一方に変化があれば他方もそれに連れて変化する関係のことを言います。そして、相関関係の強弱を見るのに使う指標を「相関係数」と言い、これは、一定の計算式に従って算出された-1~+1までの数値で表されます。

 相関係数がプラス(正)の時は「正の相関(順相関)」、マイナス(負)の時は、「負の相関(逆相関)」と呼ばれ、0の時は「無相関」、つまり相関関係がない状態を表します。

 また相関関係は、以下のように個々のデータを集計した「散布図」と呼ばれるグラフにして表すことが可能。正の相関は右肩上がりに、負の相関は右肩下がりに、無相関は丸くぼんやりとドットが散らばります。

正の相関・負の相関・無相関を表した「散布図」例
正の相関・負の相関・無相関を表した「散布図」例

 試しに、身長と体重のデータを使って相関関係の具体例を見てみましょう。以下は、大学生男女の身長と体重、404名分について散布図を作成したものです。

 サンプル数を多くすると、なんとなくその傾向性が浮かびあがってきます。

上智大学生男女の身長と体重の相関関係

※2002年度上智大学統計学受講者、男女404名分の身体測定データ
(出所:上智大学経済学部・大西博名誉教授のデータ)

 これを見ると、右肩上がりの直線が描けそうですよね?

身長が高くなるほど体重は重たくなる傾向がありそうなことは、とくに調べなくても、なんとなく想像がつきますが、それがこのような散布図を描いてみると、改めてよくわかります。

 そして、このことが「正の相関」があるということなのです。

■日経平均と米ドル/円の動きにも正の相関が!

 金融の世界であれば、米ドル/円と日経平均の関係が一番わかりやすいかも。一般的に、日経平均が上がれば米ドル/円も上がり、下がれば米ドル/円も下がるという事実はよく知られていますよね?

 以下は、2005年1月~2016年7月までの日経平均と米ドル/円の月足・終値で作成した散布図です。

日経平均と米ドル/円の相関関係(2005年1月から2016年7月)

※日経平均と米ドル/円それぞれの月足・終値を使用
※米ドル/円はヒロセ通商[LION FX]のデータ

 上の図のとおり、緩やかな右肩上がりになりました。

 日経平均と米ドル/円の関係は、過去からずーっとこうだったワケではありませんが、少なくとも、2005年以降、米ドル/円と日経平均は「正の相関」が強まっていると言えます。

 相関関係とはどのようなものか、という説明が長くなってしまいましたが、当記事で取り上げたツール、「FXTF‐Symbol Soukan」は、こうした相関関係という概念を通貨ペア同士にあてはめて算出し、視覚的にも見やすくしてくれたツール

 「FXTF‐Symbol Soukan」を見れば、ただチャートを眺めているだけでは気づかない通貨ペア同士の意外な相関関係を発見できるかも?

■パネルをひと目見るだけで、相関関係を把握できる

 一般的に相関係数は、先にお伝えしたとおり、-1~+1で表しますが、「FXTF‐Symbol Soukan」においては、-100~+100までの数値で表されています。たぶん見やすいようにそうしたのでしょう。

 なお、無相関を表す数字は一般的なものと同じく0(ゼロ)です。

 冒頭で「アタック25」を連想しそうなパネル、とお伝えした「FXTF‐Symbol Soukan」のマスの中にあった、マイナスとかプラスが付いた数値が相関係数にあたります。

「FXTF‐Symbol Soukan」(日足 200本・クリックで拡大)
「FXTF‐Symbol Soukan」(日足 200本・クリックで拡大)

 プラスかマイナスかで正と負、どちらの相関かがわかり、また、相関係数の絶対値の大きさで相関の強弱が表されているというワケです。

 ただ、一点注意していただきたいのは…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75930人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ザイスポFX!about Meta Trader
ザイFX!編集部

このコーナーではザイFX!編集部がメタトレーダー(MT4)に関する、あらゆる最新情報をお届けします。
そのジャンルは「FX会社のキャンペーン」「FX会社の新サービス」「MT4インディケーター」「MT4便利ワザ」「MT4最新情報」の5つ。5つのジャンルごとにバックナンバー一覧も表示可能。メタトレーダー好きなトレーダーさん必見のコーナーです。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

記事ジャンル別バックナンバー

  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報


>>>バックナンバー一覧

■親サイト「ザイFX!」内のコンテンツ シストレ比較 ⇒EAにお任せでFXの自動売買! メタトレーダー(MT4)口座のシストレ比較はこちら

FX会社徹底比較

FX会社 スプレッド 申し込み
スプレッド(米ドル円) スプレッド(ユーロ円) スプレッド(豪ドル円) スプレッド(ユーロ米ドル)
ザイFX!限定キャンペーン実施中
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1000通貨コース]
詳細
0.3銭
原則固定
12/29までのキャンペーン
0.6銭
原則固定
12/29までのキャンペーン
1.4銭
原則固定
0.8pips
原則固定
12/29までのキャンペーン
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
YJFX![外貨ex]
詳細 ※MT4ではチャート表示のみ可能。取引はできない。
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
12/15までのキャンペーン
0.7銭
原則固定
12/15までのキャンペーン
0.4pips
原則固定
12/15までのキャンペーン
口座開設資料請求
楽天証券[楽天MT4]
詳細
0.5銭
原則固定
1.1銭
原則固定
1.2銭
原則固定
0.6pips
原則固定
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1万通貨コース]
詳細
0.8銭
原則固定
1.4銭
原則固定
2.0銭
原則固定
1.4pips
原則固定
口座開設資料請求
ゲインキャピタル・ジャパン[MetaTrader4]
詳細
1.5~1.8銭 2.1~2.7銭 1.9~2.5銭 1.6~
2.0pips
口座開設資料請求

「ザイFX!×MT4」が総力をあげてMT4が使えるFX会社の最新データを調査。徹底比較しています! 1215日更新

top-fxcompany-bottom-btn

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ザイFX!×メタトレーダー(MT4)トップにもどる
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1000通貨コース]

ザイFX!期間限定キャンペーン

ザイ オンライン
ザイFX!に戻る
超図解メタトレーダー入門

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。