為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
タートルズ流の「ユニット」を使えば、
リスク管理はめちゃくちゃ簡単になる!

投資の達人、小次郎講師さんに教えてもらう伝説の投資家集団「タートルズ」の方法論の2回目! 前回では、投資用資金を正確に把握することと、投資先が1日にどのくらい動くのか(ATR)を把握することが重要、ということを覚えた。今回は具体的な取引量の決め方を教えてもらおう。

>>>1回目を読んでない人はここから!

小次郎講師さん●商品先物の外務員時代、営業よりもテクニカル分析の研究に注力し、1980年代から最先端テクニカル分析を吸収する。インターネットの登場とともにチャットなどを通じた無料セミナーを開催し、カリスマ的な存在に。演劇への造詣も深く、演劇コラムニストとしての一面も。

 

 ■「ユニット」で考えるとリスク計算はめちゃくちゃ簡単になる!

 自分の投資用資金を正確に把握して日々のATRを計算したら、タートルズ流の資金管理&リスク管理の準備は完了だ。あとは電卓なりエクセルなりを用意してちょっとした掛け算と割り算をするだけで、最適な取引量が決まる。

 「次に覚えてほしいのが『ユニット』という考え方です。ユニットとは、『自分の投資用資金の1%を1日でリスクにさらす取引量』。これを知っているとFXの米ドル/円やユーロ/米ドルはもちろん、株も金も一括してリスク管理できるんです

 円の絡んだ通貨ペアだけならまだ損益を把握しやすいが、ユーロ/米ドルやユーロ/豪ドルのような外貨同士のペアが絡んでくると、途端にややこしくなる。ユーロ/豪ドルを1万通貨取引して100pipsの損になったときの損失額をさっと答えられる人は少ないはず。でも、1回の取引の損失額を把握していないとリスク管理はできないのだ。

そこで便利なのがユニットという考え方だ。具体的な計算方法は下記のようになる。

 

>>>さて、これがドルストレートになると・・・

ザイ オンライン
ザイFX!トップへもどる
ZaiFX! Beginners

TOPICS