為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
プロも認める超人気アナリスト宮田直彦さん
「年末から来春に向けて1ドル=105円」!

「40年の円高」の終焉、2016年に124円の見通しは変わらず!

「まず長期的には『40年の円高』の時代が終わったという見通しはまったく変わりません。『最低限』のターゲットは2016年124円です」

 そう解説するのは三菱UFJモルガン・スタンレー証券の宮田直彦さん。

>>2016年はどうなる? 最新記事はこちら!

 

 経済紙の行なうアナリストランキングでは市場分析部門でトップ3常連、プロも認めるアナリストなのだ。そんな宮田さんには以前にも「ザイFX!」に登場してもらった。去年の80円割れ水準から比べるとずいぶん円安が進んだけれど、宮田さんの予測によれば、まだまだ中盤戦なのだ! 

「40年の円高」の終焉!

 

宮田さんの必殺技は「エリオット波動」

 チャートに書き込まれた1~5の数字をみて戸惑うかも。これは宮田さんの必殺技「エリオット波動」を示す数字。エリオット波動はエリオットさんが1938年に発表し、長く使われているチャート分析の古典理論だ。エリオットの波動論によれば、トレンド方向に動く5つの波=推進波と、トレンドの反対方向に動く3つの波=修正波ですべて解き明かせるのだ。その基本中の基本はこんな感じ。

 これを踏まえた上で、先ほどのチャートを見てほしい。きれいな5波動を描いて進んでいた円高は今、まさに終わったところ。円高方向への波動のあとにくるのは円安方向への波動。宮田さんがターゲットとして示してくれた124円はあくまでも「最低限」だ。40年続いた波動が終わったあとだから、けっこうな大きさの波動になる可能性だってある。

ザイ オンライン
ザイFX!トップへもどる
ZaiFX! Beginners

TOPICS