為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
世界の通貨大カタログ
カナダドル(CAD)

 カナダに最初住んでいたのは先住民の人々で、アジアから数千年前に シベリアとアラスカを結ぶ陸の橋を渡って到着したと考えられています。その後、 16世紀にフランスとイギリスの探検家が大西洋岸を往来し始め、 やがて植民地利権をかけた激しい争いが起き、17世紀初頭には両国の定住入植地が建設されました。

 1759年にはパリ条約が結ばれ、全植民地が100年以上にわたって、 英国の支配下に置かれることになります。1867年1月1日に、カナダは、 オンタリオ、ケベック、ノバスコシア、ニュープランスウィックの4つの州から なるカナダ自治領になり、その後、他の州や準州が順次カナダに加わりました。

 第二次世界大戦までは、移住者のほとんどがイギリス諸島、 または東ヨーロッパの出身でしたが、1945年以降は、南ヨーロッパ、 アジア、南米、カリブ海諸国からの移住者が増え、豊かな文化が育まれています。

 1982年にはカナダ自主憲法が成立。イギリスへの法的従属性を解消、 1992年には、北米自由貿易協定「NAFTA」に参加し、北米3国間 (米国、メキシコ、カナダ)交流も促進しました。

 カナダはG7の一員です。すなわち、先進国の仲間入りを果たしているわけですが、 とりわけ財政収支、貿易収支共に黒字を維持していることは注目に値するでしょう。

 さて、カナダはオーストラリアと同じように資源国の代表格的存在でもあります。 ウラン、金、原油の産出国であり、通貨は原油価格や金価格の動向に左右されます。

 ただ、同じ資源国であってもカナダの金利水準は、相対的にオーストラリアや ニュージーランドに比べると低いため、金利面の魅力で買われることはありません。

 過去のカナダドル/円の推移を見ると、1992年には、北米自由貿易協定(NAFTA)に 参加し、米国との経済的な結びつきが強化され、そのころから、カナダドル/円相場が米国の 経済状況、ひいては米ドル/円相場に強く影響されるようになりました。

 つまり、米国景気の悪化によって、米ドル/円が下がった時にはカナダドル/円相場も下落し、 逆に米国景気拡大によって米ドル/円が上昇したときには、カナダドル/円も上昇したのです。

 近年、カナダ経済は米国への依存度がますます高くなっています。 カナダの輸出の実に8割が米国向け。したがって、米国の好不況の影響を 少なからずカナダ経済も受けることになるでしょう。

 しかし特筆すべきは、2005年あたりから、米ドル/円が下落する一方で、 カナダドル/円が上昇するというケースも目立つようになったこと。

 このウラで何があったかというと原油価格の高騰であり、 貴金属相場の高騰です。つまり、米国経済の影響は受けるものの、 それよりも「資源国通貨」としての特性が為替相場にも強く反映されるということ。 したがって、カナダドル相場の変動要因として注目すべきは原油相場の動向が第一に挙げられます。

 カナダの原油埋蔵量は全世界の埋蔵量の約15%を占め、サウジアラビアに次いで、 世界第2位。中東地域で政情不安が起こった時でも、安定的に石油が供給できるよう、 中東以外の地域からの原油輸入を増やそうと考える国が増える中、カナダがその候補 となる可能性を秘めていることは通貨にとってはプラス材料といえます。

 カナダ経済が引き続き堅調に推移していることもカナダドル買い要因となり、 2007年11月にはカナダドル/円相場が17年ぶりの水準の120円台乗せとなりました。

3161万人 スティーブン・ハーパー首相(保守党) 金融、保険、不動産業、製造業、商業 2.0% 6.3% 輸出:4557億カナダドル
輸入:4044億カナダドル
輸出:工業製品、エネルギー製品、機械機器、
        自動車・関連製品
輸入:機械機器、工業製品、自動車・関連製品、
        その他消費財
輸出:米国、英国、日本、中国
輸入:米国、中国、メキシコ、日本
各国GDP成長率の推移
各国政策金利の推移
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム




 
03月20日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門