為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
世界の通貨大カタログ
ニュージーランドドル(NZD)

 ニュージーランドは長い間、人の住まない無人の地でしたが、9世紀ごろになると、 ポリネシア人(マオリ族)の開拓者たちがニュージーランドの島々に住み着くようになりました。 ポリネシア人がニュージーランドの先住民族なのです。

 1769年、そこへ島全体の調査に訪れたのがイギリス人のキャプテン・クック。 その後はイギリスからニュージーランドへ移民が流入するようになり、1840年には イギリスがマオリ人との間にワイタンギ条約を締結。イギリスはその後、 1907年までニュージーランドを植民地としました。

 第二次世界大戦後は、ニュージーランドはイギリスを主な貿易国として栄えましたが、 1970年ごろからイギリスとヨーロッパ諸国との結びつきが強くなり、ニュージーランドの 輸出額は激減。オイルショックも追い討ちをかけ、財政状態は悪化しました。

 これを受けて1984年、労働党のロンギ政権は改革を推し進めました。 中央官僚のリストラ、電信電話、鉄道、航空、発電、金融など国営企業の民営化、 大学と国立研究所の法人化などを実施しました。

 このようなニュージーランドの改革は国家財政の黒字化、 経済の発展などの成果を生みましたが、一方で貧富の格差の拡大や 人材の海外流出などの弊害も出てきました。このため現在は政府による介入を 部分的に復活(公営金融機関の復活、ニュージーランド航空への政府の資本参加など) させ、行き過ぎた改革の是正を図っています。

 さて、NZドルも豪ドル同様、高金利通貨です。近年、NZドル建て債券や外貨預金が 人気を集め、2007年7月には、NZドル/円相場が約17年ぶりの高値となる97円台 乗せになるまで上昇し続けました。

 ニュージーランドの最大の輸入相手国、最大の輸出相手国はともにオーストラリア。 貿易面では隣国のオーストラリアへの依存度が高いため、NZドル/円相場は、豪ドル/円 相場と似通った動きをするという特徴があります。

 また、NZドル=「資源国通貨」という言われ方をするケースも多いのですが、 これは少し違います。資源というと、原油や金などの鉱物資源。オーストラリアは まさにこうした鉱物資源を産出する国であり、豪ドルは資源国通貨と称されています。

 ところがニュージーランドの場合は、オーストラリアのように原油や 鉱物が産出されるわけではありません。ニュージーランドが主に輸出しているのは、 酪農品や肉類などの農産物。

 つまり、NZドルの場合は、原油や金ではなく農産物の商品市況が上がれば、 それに伴って同国の輸出額が増え、NZドル高につながるという流れになります。

 とはいえ、NZドルは豪ドルに連動する性質から、金などの貴金属相場が上がれば、 それに伴って値上がりするという傾向も見られます。

 ただ、貴金属相場が下落した場合の影響は豪ドルより軽微。それはいうまでもなく、 ニュージーランドが輸出しているのは、鉱物資源ではなく農作物だからです。

 NZドルも、豪ドル同様、米ドルやユーロに比べて市場規模が小さいため、 巨額の資金を運用するヘッジファンドなどの売買によって、相場が一時的に大きく 変動するリスクがあることは忘れないでください。

 高金利通貨はみんなが買いたいもの。したがってFXでもNZドルは個人投資家の95%以上が「買い」から入っています。

 つまり売っている人は5%しかいない。ということは売る時には95%の人がいっせいに売るので、 下げのスピードが速くなります。上昇はゆっくりで、下降は早い。こうした特徴があることも覚えておきましょう。

415万人(06年) ヘレン・クラーク(労働党) 畜産を中心とする農業。最近ではバイオや映画等も。 2.0%(07年) 3.8%(07年) 輸出:346億NZドル(06年)
輸入:408億NZドル(06年)
輸出:酪農品、食肉、林産物、機械類、果実類
輸入:自動車、機械類、石油・同製品、電気機器、
繊維品
輸出:豪州(21%)、米国(13%)、日本(10%)、
中国(5%)
輸入:豪州(20%)、米国(12%)、中国(12%)、
日本(9%)
各国GDP成長率の推移
各国政策金利の推移
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム



 
02月27日更新






ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門