ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ザイFX!投資戦略&勝ち方研究!

米インフレはピークアウトで2023年は落ち着いてくる。
中国株、米国株のテクノロジー株に注目!集中して投資
するならハイテク銘柄中心のETFに買い妙味アリ!

2022年12月17日(土)15:22公開 (2022年12月17日(土)15:22更新)
ザイ投資戦略メルマガ

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

ポール・サイが「WORLD MARKETZ」にシアトルから電話出演。ニワトリが食べられた!!!ニワトリトークは新たな展開に発展!?

 元フィデリティ投信のアナリスト&ファンドマネジャーを歴任した、米国・シアトル在住のDFR(ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ)アナリスト(メルマガ執筆担当)のポール・サイさんが、東京MX2で毎週月曜~金曜22時から放送されている、「WORLD MARKETZ」に電話でゲスト出演しました。

ポール・サイ氏のプロフィール

 今回出演したのは12月13日(火)放送回で、ゲスト出演は2回目。前回は11月29日(火)に出演し、フィデリティ投信でどのような業務に携わっていたのか、そしてFIREを達成したあとの生活についても触れ、特に子供との時間を大切にしていて、米国中をキャンピングカーで回ったことなどを紹介。現在はDFRで米国株を中心とした、投資助言メルマガを配信していることなども流暢な日本語で話していました。

 なかでも、スタジオMCの渡部一実さん、アシスタントの木村カレンさんが興味津々だったのが、ポールさんが自宅の庭でニワトリを飼っているという話。ニワトリを放牧し、新鮮な卵を入手しているという生活に驚いていました。

【※関連記事はこちら!】
ポール・サイ氏が地上波TVに初ゲスト出演! シアトルで実感する米国経済のリアルとは? “ニワトリ”を飼育するユニークなFIRE生活の告白に、視聴者も思わずほっこり!?

 今回は、前回放送の話を受けて、ポールさんが住むシアトルのクリスマスシーズンの話題、雪が降って娘さんが興奮して、雪だるまを作った話などを紹介。

 そして、今回も前回盛り上がったポールさんが自宅の庭で飼っているというニワトリの話に…。ちなみにポールさんの住む地域ではニワトリは6羽までしか飼ってはいけない制限があるということで、現在は4羽飼っているということだったのですが、実は6羽飼っていたところ、アライグマかボブキャットに2羽食べられてしまったのだとか…。これにはMCの渡部さんとアシスタントの木村カレンさんもビックリ!渡部さんがお悔みを伝えるという、なんともシュールなトークを繰り広げていました。

ポールさんが飼っているニワトリがアライグマかボブキャットに食べられてしまったという驚愕の事実を知り、お悔やみを申し上げるMCの渡部さん

ポールさんが飼っているニワトリがアライグマかボブキャットに食べられてしまったという驚愕の事実を知り、お悔やみを申し上げるMCの渡部さん

 このやり取りに、笑ってはいけないと思いながらも筆者も吹き出してしまったのですが、毎回盛り上がるニワトリトーク、次回はどんな展開が待っているのか(?)注目したいですね。

番組放送中に大注目の米CPI発表!予想比下振れにポールさんの見解は?

 さて、本題のマーケットについては、ちょうど番組放送中に米CPI(消費者物価指数)の11月の結果が発表になり、市場予想を下回る総合+7.1%(予想:+7.3%)、コア指数+6.0%(予想:+6.1%)を受けて、円高・株高の展開に。

「WORLD MARKETZ」放送中に発表された11月の米国CPIの結果

 ポールさんは、米国のCPIが発表になる前から、インフレがピークアウトすると考えていたそうで、2023年にかけて、インフレは少し落ち着いていくと予想していました。

「ウクライナ戦争」が1年を通して印象深かった出来事に

 そして、渡部さんから今年(2022年)1年を振り返り印象深かった出来事を振られ、ウクライナ戦争をあげたポールさん。

 また日本はこれまでインフレに縁がなかったが、新しい世界に入ったとも指摘。円安も含めてインフレになったとし、これまでの預金しておけば大丈夫という常識が変わってきたと話しています。

 米ドル/円相場については、じわじわとインフレが進む流れの中で100円というのは考えられないとの見方をしていましたね。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:IG証券

FRBの金融引き締めで米国株が下落したのも今年の大きな特徴。でも、テクノロジー株の下落は過去最悪ではなかった

 そしてポールさんは、FRB(米連邦準備制度理事会)の金融引き締めを受けて、米国株が下落したことも今年(2022年)の大きな特徴だったと話しています。

 テクノロジー株が調整したことに触れると、QQQ(Invesco QQQ Trust Series 1=NASDAQ100をベンチマークにしているETF)がピークから30%ほど下落したことを解説。ただし、この下落幅についてS&P500指数と同じくらいのパフォーマンスで、それほど悪くなかったとの見方。リーマンショックの時はピークから50%以上下落したこと、新型コロナウイルスの時は33%以上の下落だったことをあげて、それと比較すればベアマーケットではあったものの、過去最悪ではなかったと解説していました。

Invesco QQQ Trust Series 1 月足
Invesco QQQ Trust Series 1 月足

(出所:IG証券

2023年、FRBの利上げペースはどうなる?S&P500指数は上昇トレンドに回帰か?

 そして、注目されるFRBの利上げの行方については、来年(2023年)、FRBはリセッション(景気後退)することをわかっているので、FF金利の引き上げはしばらく止めるとし、5.00%で様子見になるとの見方。ただし、失業率が3.7%と低いことをあげ、時給が上がりすぎるとFRBはさらなる引き締めを検討する余地が出てくるので、チェックしておいた方がよいとのこと。

 S&P500指数は来年(2023年)4100ポイントを超えて、上昇トレンドに戻ると予想していました。相場を見る上で重要なことは、イメージを描くことだとアドバイスしていましたね。

S&P500指数 月足
S&P500指数 月足

(出所:IG証券

中国経済と注目セクターを解説。テクノロジー株を構成銘柄にしたETFに買い妙味アリ

 米国のファンダメンタルや株価指数について解説したポールさんですが、中国経済と注目セクターについても取り上げています。

 最近、中国はゼロコロナ政策の緩和、習近辺国家主席がバイデン大統領と会談するというように外交方針の転換を示していることなどの変化をあげ、今まではサプライチェーンの混乱がインフレ要因だったが、中国が成長することは世界経済にとってもプラスになるとの見方。

 中国株(上海総合指数)については、現在、2016年のレベルですが、ここでボトムアウトするのではないかとのことで、ピークからは2倍下落しているので、伸びしろは相当あるというのがポールさんの見解でした。注目したい個別銘柄としてアリババやテンセントをあげています。

アリババ 月足
アリババ 月足

(出所:IG証券

テンセント 月足
テンセント 月足

(出所:IG証券

 また、集中して投資するならKWEB(KraneShares CSI China Internet ETF=中国のテクノロジー株を構成銘柄の中心にしたETF)にも注目しているとのこと。そして同じくETFの MSCIチャイナ(中国の主要企業が構成銘柄に入ったETF)については、銀行、国営企業が多すぎると指摘していて、テクノロジー株中心のKWEBの方が買い妙味がありそうです。

KraneShares CSI China Internet ETF 月足
KraneShares CSI China Internet ETF 月足

(出所:IG証券

石油・原子力関連、AI分野にも注目!石油関連銘柄はトレンドから見ると上昇余地がある。進化を遂げるAI分野は長期で注目セクターに!

 そのほかのセクターだと、石油関連銘柄は戻ったが、トレンドから見るとまだ上昇余地があるとの見方を示したポールさん。ウクライナ戦争に関連してエネルギーは重要ポイントになるということで、原子力関連もいくつか買い銘柄が散見されるそうです。

米金利のピークアウトにより、テクノロジー株は上昇し、割安に買い叩かれていたブルーチップ(米国の優良株)も戻るとの見通しを示していました。

 また、ウォーレン・バフェットは台湾の大手半導体製造会社TSMC(台湾積体電路製造)を買っていることを紹介し、こうした著名投資家が購入した銘柄(ポートフォリオ)を見てみるのも、良い銘柄を探すヒントになると話していましたね。

TSMC 日足
TSMC 日足

(出所:IG証券

 さらに、AI(人工知能)の分野も進化していて、長期では注目のセクターになるとのこと。

 テキストで質問を投げかけると精度の高い回答が返ってくるAI「ChatGPT」を最近試したそうで、自動で物語を考えて毎回違う内容になることに驚いたそうです。

 ここまで12月13日(火)に放送された、「WORLD MARKETZ」に電話出演したポールさんのマーケット解説を中心に紹介しました。毎回、現地(シアトル)時間では早朝5時台に出演ということもあってなかなか大変ですが、現地からの情報はとても貴重です。

 冒頭でも紹介したとおり、ポールさんはメルマガ&オンラインサロン「米国株&世界の株に投資しよう!」で情報配信をしています。米国株投資をしてみたい、すでにしているけどもっと現地からの情報が欲しい、ポールさんが推奨する個別銘柄やポートフォリオを見てみたいという人は、こちらをぜひ登録してください。登録後10日間は無料です。

ポール・サイの米国株&世界の株に投資しよう!

(ザイ投資戦略メルマガ)

 


ザイ投資戦略メルマガ一覧

西原宏一の「トレード戦略司令!」のここがスゴイ!
外資系銀行でチーフトレーダーとして活躍していた西原宏一氏が、プロディーラーの経験を生かした実践的でタイムリーな為替予測や自身のポジションを、ほぼ毎日配信! 会員限定コンテンツでは、過去のすべての配信内容、チャートや過去に配信した動画などが見放題となり、購読者限定のセミナーも開催されるなど充実した内容が魅力。日経平均や米国株など、FX以外の金融商品のことにも言及してくれているので、幅広いトレードに対応可能なメルマガです!


田向宏行の「ダウ理論で勝つ副業FX!」のここがスゴイ!
FXの書籍7冊が計10万部超えの人気を博す田向氏が、会社員などトレードにかける時間がない人に最適なメルマガを配信します! 著書を基礎とした田向氏のテクニカル分析から、相場が動き出すエントリー・プライスや損切りすべきプライスなど、具体的で実践的な取引価格をお届け。メルマガ独自の学習動画コンテンツに加えて、オンライン交流会を行うことで、コミュニティを作りながら、読者自身のチャート分析能力向上を目指す、新しいタイプのメルマガです!


志摩力男の「グローバルFXトレード!」のここがスゴイ!
ゴールドマン・サックス証券会社やドイツ証券などの名だたる金融機関でトップトレーダーを歴任し、現役トレーダーとして相場の前線で活躍する伝説の男、志摩力男氏のグローバルな相場観を配信! 志摩氏が実際に行ったトレードとポジジョンについてもほぼリアルタイムで細かく配信されるほか、マーケットで注目されているニュースやマクロ経済などの的確な分析も届くので、FXだけでなく、他の金融商品の取引にも役立つメルマガです!


「ザイFX!プレミアム配信with今井雅人」のここがスゴイ!
元邦銀チーフディーラー・今井雅人氏からのレポートを受けてザイFX!が配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」は、その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替相場の予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限りお届けするメルマガ。国会議員時代の2014年に、FXで5000万円以上の利益を上げたことが話題になるほどの抜群のトレードセンスと、鋭い視点で為替相場を解説するレポートは、多くの個人投資家の取引に役に立つだろう。


太田忠の「勝者のポートフォリオ」のここがスゴイ!
日本の中小型株市場に携わり、国内外で6年間にわたってアナリストランキングのトップを維持した太田忠氏が、個人投資家の目標のひとつであるFIRE(早期経済的リタイア)を目指す投資法を配信! 徹底した分析による優良銘柄・バリュー銘柄の発掘を通じて、相場の動きに一喜一憂せずに資産増を目指す方法を配信やセミナーなどで発信する。購読者(無料期間終了後)には、太田氏が推奨するポートフォリオの提示サービスが閲覧できるサービスも提供しています!


ポール・サイの「米国株&世界の株に投資しよう!」のここがスゴイ!
日本で外資系運用会社として首位となる3兆円あまりを運用するフィデリティ投信でアナリストとして活躍し、40代でFIREを達成したポール・サイ氏が、世界の株式、経済に影響を与えるニュースをリアルタイムでキャッチし、分析を加えて配信!購読者(無料期間終了後)には、成長力の高い米国株を中心に、中国株や日本株も臨機応変に組み入れる珠玉のポートフォリオを提供しています。


太田忠の勝者のポートフォリオ
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ 経済指標速報記事 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ 経済指標速報記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る