ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

想定済みの自粛延長だがひたひた人災色、
為替相場は相変わらずの動意薄

2020年05月05日(火)16:22公開 (2020年05月05日(火)16:22更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日は日本でも緊急事態宣言が延長された。これは想定済みのことではあったが、それでも現場の経営者や労働者などからは失望の念は禁じえない。5月6日に向けて行動を自粛していたのに、次が延期されるとどこまで我慢すればいいのかということになるからだ。

 また規制緩和の基準が不明確なものだから、このままいくと6月にも再度の自粛延長ということになる。そうなると飲食店などの小型の自営業者はたまったものではない。

 これには休業要請に対して収入保障が付随していないことが原因である。だれも自分の生活をリスクのさらしておいてまで、手足を縛られたくないものだ。また海外の保障例を見比べると、もっとやってくれてもいいのではないかという思いもある。

 いちばん恐ろしいのは政治的な決定に依存していることだ。為政者の側からすると、もしも大事が起こったら大問題になるので、自粛は延長させておいた方が無難だ。国民生活から上がってくる悲鳴よりも、為政者側のステータスが保たれるほうを選びやすい。「よくやっている」振りができるからだ。こうなると、もはや人災だ。

 さて為替相場については相変わらずの動意薄だ。週明けは米中の対立が深刻化する懸念から米国株は続落スタートとなったが、FANG銘柄への買い戻しなどで反転するとともにドル全面安から脱した動きを見せている。

 今晩も貿易収支やISM非製造業などの経済イベントはあるが、悪くて当たり前なので材料視されないだろう。強いていえばホワイトハウスやFRBの要人発言のほうを気にかけたほうが良さそうだ。

日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る