ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

安値更新後ユーロ売りは小休止中?
でも下値余地はまだありそうな

2011年09月27日(火)19:44公開 (2011年09月27日(火)19:44更新)
持田有紀子

【GMOクリック証券】圧倒的人気で100万口座達成!最短即日で取引可能!

 今週になっても欧州不安の動向が、市場のムーブメントを決定するのだろう。そういうわけで株価の動きから目が離せない状態が続きそうだ。昨日の欧州時間の序盤では、グローベックスでの米国株が急激に下落してきた。あ~、また今週もリスク回避が主体となって、ユーロ売りの圧力が高まるだろうか。アジア時間、ユーロドルは1.34台の前半で固まっていたのだが、ついに1.33台に突入してきた。

 クロス円がリードする形で円高が進んでいるのだから、その反対にある欧州通貨は売られざるをえない。ユーロドルは先週の安値である1.3385が意識される。私はそこが抜けてから売るのが教科書的でもあり、戦術の基本でもあることは重々承知していたが、なにせアジア時間からのユーロドルも戻しが乏しかった。もう戻らないだろうという考えが、ふと頭に沸いてユーロドルのショートを作った。

 欧州株をはじめ、資本市場の暗いムードの反転が確認されなければ、ユーロが買い戻されることはないだろうという見込み。1.3418でしか売れなかったが、東京市場での午後のマックス戻しである1.3440をクリアに越えてきたら、損切りしよう。

 ユーロ円は投げ売りを巻き込んで101円台に突入した。ここまできたのだから、95円台とかになっていても驚かないという体制で臨んではいる。だが昨日の欧州株は、それなりに反発してきた。9月の最終週となり、ユーロ各国から前向きな話しに反応して、ショートカバーに見舞われる可能性もある。ユーロドルが1.33台をつけた後、2回目に1.34台を触わりはじめた時には、一応手仕舞うことにした。

 結局、海外市場を通じてユーロドルは1.35ミドルまで戻す場面も何度かあったようだ。本日のアジア市場は、ニューヨーク市場で株価が反発したこともあって、その流れはとりあえずは続いているが、どうなることやら。そもそも根本的な問題は、まったく解決していないのである。重要なアメリカの経済指標も出てくるので、リスク回避の材料には事欠かない。

 それにしてもユーロ円は107円台を下回ってきてからは、ジワジワと下げ続けるばかりで、押し戻されても1円戻るのがやっとである。ということは戻り売りに戻りなしの状態が継続しているのであって、売らねばならない人が日に日に増加しているのが容易に想像されるのである。

 しかも特殊事情があったとはいえ、同じクロス円でもスイス円はここ2カ月で108円から83円まで25円も落ちているのだ。ユーロ円もまだ10円くらい落ちても不思議はないというものなのかもしれない。

日本時間 19時30分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 田向宏行 バイナリーオプション比較
メキシコペソ比較 田向宏行 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る