ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

EFSF大幅拡大の内容に注目!
ユーロラリーをじっくり待って…

2011年10月19日(水)18:21公開 (2011年10月19日(水)18:21更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 先週はずっとリスクテークの相場が続いてきたのに、週明けの月曜日はいきなり流れが反転。リスク回避で失職の相場となった。そこで昨日は昼間からユーロ円の106円台があったら売ろうと思っていたのだが、ついに到達しなかった。105円台の後半までならいくらでもあったのだから、思い切って売っておけばよかったなぁ。

 欧州序盤ではトレンドフォロー的なユーロ売りも出てきて、ユーロ円は104円台を見にいくこととなった。どことなく後悔が残る展開だ。自分に明確なアイデアがあったのに、相場を待ってしまったからだ。こなってくると、いまさら戻して105円台に乗せてきても売れるものではない。入り損ねたときは、私は無理をしないことにしている。ムキになってやったところで、結果が良かったことが圧倒的に少ないからだ。早めに就寝してニューヨーククローズを拝むことにした。

 夜中の3時半ころに目を覚ました。画面を見ると米国株が上がっている。だったらリスクテークになっているだろうと、ユーロを中心に為替レートも調べたら、ユーロドルは1.37代のミドルで、ユーロ円は105円台の中盤まで戻してきている。とりあえず当面の底は売ったかなという感じだ。このままニューヨーククローズまで株高の状態が続けば、翌朝からのアジア市場ではまたユーロ買いとなりそうだ。

 そうしていると、急激にユーロドルが上がってきた。ものすごい勢いで1.39台までかすりそうだ。米国株も上がっているので、何か出たのだろう。さっそく調べにいくと、英紙に「独仏の間でEFSFの規模を2兆ユーロに拡大する」とか出ているらしいとのこと。事の真偽はともかく、ユーロのダイレクトの買い材料ではあるのは間違いない。ユーロ円も106円台に乗せてきてもいたが、さすがに売り込むことはできなかった。

 ユーロドルもユーロ円もすぐに下落に転じて、今度は何事かと思いきや、スペインが格下げされたり、先ほどの2兆ユーロの話は確認が取れていないという話しが出てきたりで、ニューヨーククローズに向けてはかえってリスク回避のほうが強くなってしまい、引け味としてはとても悪いものが残った。

 今晩も企業決算や経済指標がたくさん出る予定だが、さすがに市場の関心はEFSFの2兆ユーロ問題である。これに関するコメントが海外市場で出てくるはずなので、賛否両論ともに相場を動かす動機になりそうだ。すでにある程度、リスクテークの方向に動いてしまっているのだから、積極論が出てきても反応は薄くなる。反対に反対論が出てくれば、一筋縄では資金の拡充はできそうもないということになって、一気に昨日積み上げたポジションのアンワインドということにもなりかねない。

 値動きの大きさとしては後者の方が断然大きい。実際に先週のスロバキアであれだけもめたのだから、さらなる拡充案には反対も出てくると思われる。それがわかっていての2兆ユーロなのだ。先日、やっと議会で承認が取れた拡充案の際の4400億ユーロのおよそ5倍である。これは最近言われているレバレッジを利かしての話なのかもしれない。そうだとすると、かなりの失望感がマーケットを襲いそうだ。

 今日もユーロ円の106円台を待っていたが、アジア市場の終盤に乗せてきて106円ちょうどをはさんで神経質に上下を繰り返している。売りたい気持ちはあるものの、昨日手を出すのを失敗しただけに、こんなときに無理に相場入りしてもロクなことがないことを私の経験が物語っている。ここはじっくりとユーロ円のラリーを待つことにしよう。


日本時間 18時20分


 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る