ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

格下げ後の仏入札はなんとか無事に
米金融決算までユーロどのくらい戻るか?

2012年01月17日(火)18:32公開 (2012年01月17日(火)18:32更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はアメリカが休みだったが、注目するべき材料はいくつかあった。昨日の関心事はフランス国債の入札と、EFSFの格付け動向だった。フランス国債といっても、ものは1年以内なので、はっきり言って短期金利の部類である。それが3本、新規発行されたが、いずれも需要は旺盛。利回りも低下。

 これによっていちおうの安心感を得たマーケットではあったが、グローベックスでは米国株などが上昇するものの、半日営業でありアーリークローズ。その後にはいよいよEFSFが予想通りに格下げされたが、唯一やっていた為替市場では反応は薄かった。完全に織り込み済みといったところだろう。

 海外市場でのユーロドルのレンジは1.2650から1.2680までのほぼ30ポイント。プレーヤーがいないのだから仕方がない。ユーロドルはアジア時間の早朝に安値突っ込みをしたこともあって、ある程度は底値圏から脱したようにも見えるが、1.26台のままであることに変わりはない。ユーロクロスは余計にひどくて、ユーロ円もちょっとは戻っているのかと思いきや、97円台の前半でステイしている。ユーロポンドは小動きだったが、垂れて終了している。

 10月の最終日に日銀がドル買い介入をした以降の、ユーロドルの日足はきれいである。大きなリトレースもなく、1600ポイントの下げ、つまりドルの上昇を演じている。ここで反転するというのは不自然な流れとなっている。1.26台といっても、年初よりは安いというだけであって、本格的なユーロ下落の過程から見れば、まだまだ通過点なのかもしれない。一部の米系のシンクタンクからは今月中にも1.2000の大台割れをうかがうだろうとの観測記事も流れているらしい。

 今日は朝から邦銀ネームのユーロ買いが出ていたようだ。ユーロドルは堅調な動きを示していた。株価上昇という外部要因のアシストもあって、ユーロは買われやすくなっているのは確かだ。それなりにユーロショートもたまっていそうなので、1.27台に乗せてくると多少の買い戻しストップが誘発しそうでもあった。

 私も最悪は1.2800で損切ればよいと思って、気軽に1.2683でショートにしていったのだが、11時に発表された中国の経済指標がおしなべて予想を上回る良さだったので、市場ではリスク許容度が増して、ユーロドルやユーロ円は上昇した。私のストップ注文@1.2700もあっという間にダンになって、ちょっと様子見を強いられている。欧州序盤では株高も進んでいるので、ちょっとユーロ売りには分が悪い。

 今晩の注目材料は19時のドイツ景況感、そして21時以降に発表されるシティグループやウェルズ・ファーゴといった米系金融機関の決算発表だ。その時間までにユーロの買いは続くのかどうかが見どころである。とりあえずの高値のメドは金曜日の高値の1.2878近辺である。


日本時間 18時20分

 

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る