ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

そろりと欧州の信用不安がまた
メルケル・ドラギ会談に注目!

2012年09月25日(火)17:55公開 (2012年09月25日(火)17:55更新)
持田有紀子

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

 週末に欧州に関するやや暗いニュースが出ていた。ギリシャの財政が苦しいことと、独仏会談で銀行管理の一元化に結論が出なかったことなど。それをうけてか、アジア時間ではユーロが軟調な地合い。ユーロドルは先週末のニューヨーククローズあたりでスタートしたものの、1.30台にはいちども戻らず。1.29台の後半がやっとである。

 ユーロドルが金曜日の安値である1.2955を下回ってきた局面では、確かに損切りベースのユーロ売りも出てきたようだが、あまり勢いはなかった。私もユーロ売りにスタンスが傾いていたのだが、ついに売れなかった。でもアジア株は総じて安値攻めをしているし、リスクオフなのだろう。どこかで売らないといけない。

 欧州の序盤ではユーロが買い戻しモードに入った。17時発表のIFO景況感を期待してのことだろうか。1.2970あたりまで戻ってきたので、次に1.2950まで下がってきたら売り込んでみよう。つまり1.2950でショートメークのストップ注文を置いておいて、指標を待つのだ。

 景況指数は予想を下回って101.4だった。ユーロドルが急な下げに転じ、そのまま1.28台に突入した。フレッシュゾーンであるからのストップ注文の誘発もあるだろうし、安値を下抜けしたというトレンドフォローもあるのだろう。私はもっと行くかと思って見ていたが、存外に浅い。

すぐに1.29台に戻ってきた。私もあせって1.2913で買い戻した。その後はもう一度、1.28台に突っ込むが、やはり大きく進まなかった。私はイベントがないので早めに寝てしまったが、ニューヨーク時間は1.29台の前半で留まったようだ。

 今日の東京市場では五・十日のせいか、仲値決めにかけて円売り圧力が強かった。逆にいうと、それを通過しさえすればユーロ円やドル円も次第に重くなってくるというもの。私としてはユーロドルをショートにしたかったのだが、アジア時間でもあるし、仲値決めも通過したことだし、ユーロ円でショートにしてみようと思った。

 ユーロ円は前日の安値突っ込みで100.34までつけている。仲値決め後は、その安値からの最大の戻しである100.81に極めて近いレベル。もちろんここから下げに転じるという保証はないが、スモールだけユーロ円で売っておこう。どうせユーロドルを売るつもりだったのだし。

 もし仮にリスクテークとしょうして円売り相場になったならば、ドル円を買ってヘッジした形にして、実質的なユーロドルのショートにして様子を見ることにすればよい。そういうわけで午後になってからユーロ円を100.66で売りこんだ。

 ドル円が上がっていかないうちはユーロ円でショートキープする。ドル円は77円台の後半であるが、ここ最近の日足のチャートを見てもわかるように、77円台は何度も止められている。だから反発や大きなビッドには気をつけたいところだ。しかも財務大臣は介入も辞さないと息巻いている。ドル円の78.00で買い戻しのストップ注文を置きながらの、ユーロ円ショートである。

 14時を過ぎたあたりからユーロドルが下がり始めた。ドル円は動いていないので、ユーロ円が下がっていることになる。ユーロ円は100.50も割り込んできて、前日の安値に急接近。基本に従うならば、その安値の手前で利食いを入れるところだが、私としては気分がユーロドルショートなので、ユーロドルが1.29割れして以降のビヘイビアを確認したいところ。

 もしもユーロドルが下向きに走るならば、逆張りしてまで買い戻す必要もないだろう。 ユーロドルは昨日の安値である1.2891を下回ってきたが、それもほんの一瞬だった。すぐに1.2915あたりまで巻き返された。こうなるとユーロショート勢は弱い。私もユーロ円を100.33で買い戻させられた。なかなか端から端っこまで取れないものである~。

 昨日、欧州の信用不安が少しだけ強まった分、今晩はメルケル首相とドラギ総裁の会談が気になる。そろっての会見は21時半過ぎになる予定だが、このステージでユーロが動いた方向で、今晩のマーケットの流れが支配されることになるだろう。私としてもこの局面でのトレンドフォローで臨もうと考えているのだが。


日本時間 17時10分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 CFD口座おすすめ比較 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 CFD口座おすすめ比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る