ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

南欧の政治をネタにスピード調整へ?
ユーロ売りで構えるつもり

2013年02月05日(火)17:22公開 (2013年02月05日(火)17:22更新)
持田有紀子

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 昨日のアジア時間ではドル円やユーロ円も利食い売りに押されたので、調整の一日になるのかと思った。というのも、そもそも高値引けした先週末の後を追って、早朝にでも高値更新になるほどの円売りに見舞われるかと思ったのだが、それすらもなかったのである。ちょっと拍子抜けの相場展開だった。

 それでもドル円は92.50あたりを底にして徐々に切り返し。欧州勢の激しい円売りにもあって、ドル円はついに93円台に乗せてきた。ユーロ円も再び127円台を目指す動きとなっている。トレンドが上なので、上がり出すと全員が買う。しかし全員が買うので、数ポイント上にすぐに売りものが現れる。それで上昇にはスピード感が出ない。

 たしかに高いレベルで張りついてはいるのだが、買ってもどうせ5ポイントしか取れないだろうと思ってしまう。そうなると買いたいような気になる半面、冷静にリターンとリスクの見合いを考えると、手を出すのは得策でない気もしてくるのである。

 最近はユーロドルも値動きが良くなってきている。辛い思いをしてドル円で勝負するならば、ユーロドルでも良さそうな頃あいだ。ユーロは1.37台まで乗せてくる過程で、ユーロクロスの大幅上昇を招いた。日本円に引き続き、英ポンドも安い状態が続いているので、ユーロ円に限らず、ユーロポンドも大幅な上昇を見せている。私はユーロドルに限らず、ユーロ円やユーロポンドでポジションを持てみるのもよいかもしれないと考え、相場の成り行きを見守った。

 どちらかというとトレンドに合わせてユーロ買いを探すつもりで相場を追いかけていたのに、ユーロはまったく上がらない。むしろ緩い感じでさえいる。ユーロドルが1.36台を割り込んできてからは、ちょっと注意した。スペインの首相が不正資金の疑惑が立っているとか、イタリアのベルルスコーニの率いる政党が近づく総選挙で優勢であるとか、欧州の不安材料のトピックが出てきているのも事実だ。

 それでも今までの信用不安などに比べれば、あくまでもだいぶローカルな話題に過ぎない。理由はどうであれ、あまりにも最近は上げのペースが速かったので、そのスピード調整も出ているものなのかもしれない。ちなみにスペインやイタリアの信用スプレッドは拡大していた。

 ちょっとユーロの動きを気にしていたが、ニューヨークオープンの頃までにユーロポンドは味アジア間での高値よりも100ポイントも下げ、ユーロ円は1円以上も下げてきた。このようにユーロクロス主導でユーロが下がってくると、もうとてもユーロドルは買えない。むしろ売り場探しに徹するしかない!

 それまでにユーロドルは1.3550をちょっと下回るところまで安値を拡げていたが、そこを完全に下割れトライするようなことになれば、そこが突っ込み売りのチャンスとなろう。つまり1.3545で売りのストップメーキングを置くということだ。0時をすぎてもユーロは安いままだが、ポジションは出来なかった。そこでイフダン注文で、1.3555で買い戻しにしておいて、寝てしまった。

 朝、起きるとユーロドルのショートポジションが出来ていた。そしてロスカットもついていない。その時のレベルは1.3510あたりだった。とりあえず利食いして、アジア市場に臨んだ。個人的にはもっと落ちそうだと思っている。1.36台アッパーで買った向きの投げ売りも出そうなほどの、久しぶりの下げ幅であったからだ。反対にショートカバーで上がってきたら、そこを売ってみたい気もある。要するに上がっても下がってもユーロを売るのだ。

 今晩はISMの非製造業の指数がある。金曜日には雇用統計よりもISMの製造業の数字での反応の方が大きかったので要注意である。しかし市場に向かうスタンスは変わらない。依然として昨日のシコリをほぐす方向、つまりリスク回避のアクションを取って攻めたいと思う。ドル円が昼間の高値も越えて、92.60を上回って来たら、その限りではない。またマーケットが勘違いしてリスクテークに走るかもしれないからだ。


日本時間 17時00分


 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング ザイ投資戦略メルマガ 経済指標速報記事
トルコリラスワップポイントランキング ザイ投資戦略メルマガ 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る