ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ハト派的な見解でポンド急落!
ドル円も102円台ミドルまで上伸へ

2014年08月14日(木)15:48公開 (2014年08月14日(木)15:48更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は102.45あたり、ユーロドルは1.3350アラウンド。どちらも先週来のドルの戻し高値圏である。ユーロドルは今年の安値である1.3333にアプローチしているが、何度も跳ね返されている。相当にサポートされている感じだ。中途半端なところからユーロドルを売っていくならば、それは差し控えて1.3333を割りこんでからショートにしたほうが安全費用としても納得がいく。

 強いてやるならば、1.3333の手前は逆張りでスケベロングにすべきであろう。今週にはいって私もそれを何度も試みている。ユーロドルがブルではないのだから、数ポイントでも上がってしまえば喜んでの利食い態勢に入る。あまり上サイドにグングン伸びるなどとは考えていない。

 夕方からBOEのカーニ―総裁の発言があったが、かなりハト派的な見解が示された。インフレ見通しを切り下げて、まだ利上げの時期ではないと言いきった。これでポンド金利の先高観は薄まってしまい、ポンド急落へ。ポンド売りが、同じく欧州通貨だということでユーロドルの下げにつながるかと思っていたが、ぜんぜんユーロドルは下がらなかった。

 私は1.3335で虫のよいビッドをしていたのだが、これはダンにならなかった。安値は1.3342まで。ポンドドルの100ポイント以上の急落は、すべてユーロポンドの上昇が吸収した。おかげでユーロドルの安いところを拾えず。

 欧州株は大きく上昇していた。これはイラクのマリキ首相が退陣するだろうということで、地政学的なリスクが薄くなったものらしい。グローベックスでの米国株も上昇。しかし為替相場のほうでは明確なリスクテークの図式になっていなかった。株高のまま迎えたアメリカの経済指標である。

 小売売上高が出た瞬間に、ドル円は15ポイントほど下落した。悪かったのだろう。ユーロドルも上がっている。そもそもリスクオンからのクロス円上昇圧力も高かったせいか、ユーロドルは1.34台まで上がってしまった。うーん、残念。昨日は完全に入り場を見失ってしまった。



 その後のニューヨーク時間では、売られていたドルが買い戻される形で終了した。つまり行って来いになったわけだ。その中でもポンドの安値引けだけが目立った。ドル円の戻り基調は今日になっても継続し、ドル円は102.65近辺まで高値を拡げた。

 102円台の後半には大量のオファーが存在しているものとされているが、それがわかっていても102円台のミドルを越えてきたことは特筆に値する。まあ本格的なドルの上昇はユーロドルの1.3333割れを見てからでないと起こりそうもないが、それがいつ来てもいいように構えておく必要がある。


日本時間 15時30分
 

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る