ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

FOMCまでのドル買いは一転、
ドル円123円台割れさらに要ウォッチ!

2015年06月18日(木)15:17公開 (2015年06月18日(木)15:17更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日の欧州時間ではドル円の買いが集中した。ついに最近のコアレンジの123.30から123.70の上限のほうを突破してきたのだ。夜中のFOMCに向かって利上げ期待が高まっているといえようか…。ともかくもドルが高めに推移。私も124円台に乗せてきたらドル円でロングにして攻めようと考えていた。しかしニューヨーク勢が参入してくるまでは、123円台の後半を堅持。ぴょんと跳ね上がるような局面はなかった。

 経済指標もないままFOMC待ちとなって動意が少ない中、ドル円はようやく124円台乗せ。私も124.04で追随して買っていった。即座に123.95で売りのストップ注文だけ入れる。しばらくの間は私が高値つかみをしたようで、そこからぜんぜん上がっていかない。かといって下がりもせず、124円ちょうどを挟んでのもみ合いとなった。運よくストップロスだけはつかなかった。このいちばん苦しい状態でFOMCまで待たされるのかと思うとゲンナリした。

 しかし日付が変わる頃になって、ようやく前進。ドル円も124.30を超えてきた。もうやめてしまって、FOMCまで仮眠したいと思っていたところだ。私は喜んで利食い。すっかりもう眠くもなっていたし、このまま124.50とかを超えてきても、それはそれで仕方がない。

 夜中に起きたが、ドル円はほぼ同じレベルで、高値圏で張り付きだった。米国株も下がっているので、マーケットは利上げの時期が明記され、そのペースも遅くなることはないような文言が出ることを見込んでいるようだ。そして3時ちょうどの結果発表。どのような文言が出ているのかはニュースソースに頼るしかないのだが、目の前で動いているレートを追うほうが大変だった。相場がどちらに行きたがっているのかを確認しないといけないからだ。

 ファーストアクションではドル高に進んだ。ドル円は瞬間的に124.40レベルまで吹き上がり、ユーロドルも下がった。しかしすぐにマーケットは切り返して、ドル売りモードに突入した。ドル円はすぐに123円台に逆戻り。ユーロドルもドル安で振れだした。

 株価も見てみると同じような動きをしている。それまで軟調な推移をしていた米国株だったが、急激に反発をしだした。つまり声明文の内容はハト派的であったのだろう。私も123.90割れからドル円を売っていった。ちょっと寝たので、手の動きは軽快だ。

 ドル円は簡単に123円台の中盤まで下押しした。やはり同じように考えるプレーヤーが多いせいだろう。でも123.60あたりまで突っ込んで、そこからの反発も激しかった。速攻で123.77で買い戻させられる羽目になったが、材料が大きいものであるだけに、そう簡単には流れは変わらないだろう。

 イエレン議長は「市場は利上げ時期に神経質になり過ぎだ」といったが、マーケット従事者としてはそうならざるをえない。金利商品であれば、値段にモロに反映されるわけだし、株価だって為替相場だって影響を受ける。軽視はできないものだ。

 市場に予断を与えないようにリードするのが、市場との対話だと思うのだが。「年内に利上げする」とはいっているが、もう半年しかないのも事実だ。いったいいつになったら明確に断言する場を迎えることになるのだろうか…。

日本時間 15時10分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較 人気FX会社ランキング
ザイ投資戦略メルマガ メキシコペソ比較 人気FX会社ランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る