ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル金利の低下一服でドル買い戻しへ、
英米連休に向かうなかテクニカルで勝負か

2021年05月27日(木)15:09公開 (2021年05月27日(木)15:09更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はドル相場が全体的に買い戻された。ユーロドルは1.21台まで押し込まれ、ドル円も109円台に乗せてきた。これは米ドル金利の低下が止まったこともあり、それを材料としてドルの買い戻しが進んだものと思われる。値幅は小さい。だからあくまでも短期筋のポジション調整の域を出ていない。

 ユーロ円も欧州時間から利食い売りにさらされた。結果的には今年の高値である133.60あたりがレジスタンスとしてワークしたことになる。もちろんテクニカル重視のプレーヤーからのオファーも出ていただろうし、それがクロス円の上値をすっかり重いものにしてしまったようだ。

 昨日のマーケットは総じて小動きで、動意薄の状態が続いた。その傾向はニューヨーク時間で特に強まって、米国株も実に狭いレンジ内での微動となった。5月末日が米英ともに休場となるので、もはや連休モードに入っているみたいだ。

 しかるに今日と明日も市場でのダイナミックな動きは期待できないのかもしれない。今晩はGDPの改定値や住宅予約件数が出るが、相場はそれらに反応しないだろう。連休明けの雇用統計から動き出そうかなという状態になっている。

 私もしばらくはテクニカルウオッチのスタンスで行こうかと考えている。ユーロ円が133.50近くでショートにしてみたり、ドル円の108.50以下があれば拾ってみたり。逆張りは邪道ではあるが、抜けたらすぐにポジションカットを徹底させれば、それほど危険の多いやり方でもないだろう。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る