ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

緩和期待が薄まって、、、
ドルの戻りはどこまで?

2010年10月28日(木)19:35公開 (2010年10月28日(木)19:35更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日は欧州市場に入ると、ドル円は82円ちょうど付近まで上昇した。そしてその後は反落。このステージでドル円ロングとなっていた私のポジションはスクエアに戻った。どっちつかずな展開が続いていたが、ドル円が介入後の時間足でみた上値のレジスタンス付近となる82円台前半を越えて行くのかどうかに注目していた。

 しかし日本時間の21時半に発表になったアメリカの耐久財受注は、予想よりは良いけれども、軍需部門などを除くと予想外のマイナスという結果。良いけれども、さほど良くもないという、このところのアメリカの経済データですっかり注目度も薄くなってしまい、あまり反応しない。しかしとにかくドルの買い戻しの勢いは押さえられた感じとなった。米国市場の早朝にはドル円は再び81.80近辺までは上昇してきたが、また81.50付近まで押し戻されていた。

 ユーロドルはこのようななか、ニューヨーク市場がオープンする頃には1.38台を回復していたが、米国株が売りスタートとなったことで、再びドル買いとなってきた。ここ1カ月以上もつづく緩和期待によるドル安、株高という図式だが、その逆流が起こる時には、株安、ドル高となるはずだ。したがってもうちょっと株安が進めば、ユーロドルは1.36台もあるかもと思い、ユーロドルのショートをつくって(@1.3805)みた。30ポイント程度アゲインストにいけばカットするつもりだったが、株安は進み、ユーロドルも1.37台ミドルまでは下がってきた。

 しかしニューヨークのランチタイムに近づいてくると、またまた米国株は下げ渋ってきた。利食いを1.37ちょうどに置き、ロスカット注文も置いて就寝した。早起きして見てみたが、どちらもついていなかった。ユーロドルのレンジはわずか60ポイント!そして米国株は午後には急速に買い戻されていた。東京市場でもこの流れが続く恐れもあるので、朝いちで、ちいさい利食いで我慢してユーロドルから撤退した。
 日銀の会合はいつもよりもちょっと長いものだった。次回の予定がFOMC直後に前倒しされるということで、憶測を呼んだが、会見で「FOMCを意識したものではない」と白川総裁は述べている。機敏にやっていますよという姿勢だけでも見せたいのだろうか?ともかく、金利会合の結果は、予想通りの変更なしで何のサプライズともならなかった。

 今晩もあまり注目のイベントはない。アメリカは中間選挙に向けてますます国内的にヒートアップしているし、来週のFOMCや選挙が終わるまではこのままレンジ相場が続きそうだ。あまり面白みはないが、ストップを近めに置いて、私としてはまたユーロドルの1.38台での戻り売り作戦を決行するしかないのかも…。


日本時間 19時20分
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る