ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

決算発表で様子見が続きそうだけど、
ちょっとドルを買ってみたいような・・・

2010年10月18日(月)19:43公開 (2010年10月18日(月)19:43更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 先週の金曜日はバーナンキ議長のスピーチの内容が注目された。しかしその内容にはサプライズはなかった。インフレは低いし、雇用も悪い、しかるに国内景気は悪いとするもので、追加緩和をすることに前向きな発言をしただけだった。マーケットの反応をみると、結果としてはドルの買い戻しが起こった。これは今までの緩和期待だけで進んできたドル安トレンドから見ると異様である。まあ、バーナンキの意向を確かめたということで達成感が出たものと考えられる。

 私も実はそんなにドルは安いほうに突っ込まないのではないかと懐疑的に見ていた。さんざん金融緩和だといってドル売りをやってきたものの、実際にそれを確かめることができるのは来月になってからなのである。あまりにも間延びし過ぎ~。その間の経済指標などはすべて無視するのかと疑いたくもなる。また金利の水準はすでに最低なので、利下げは出来ないのだから、あとは量的緩和だけである。

 そうした微妙な変化を感じ取ってか、米国株は重い足取りを続けた。クローズ間際の30分で多少の戻しがあったので、終値だけを比較しているとそのような動きには気がつかないが、歩みはまずい形をしている。これまでは株が上がれば上がるほど、マ−ケットの緩和期待は強いということで条件反射的にドル売りが進んだ。とくにユーロドルではそうだ。

 しかし流れが逆になる恐れがあるということは、株が下がるたびにドルが買い戻される局面が多くなってくるということだ。実際にニューヨーク市場での午後はドルの買い戻しがきつくなり、本日のアジア時間ではどちらかというとドル高が進んだという感じだ。ユーロドルは1.38台の前半まで押し込まれている。

 週末には中国での反日デモが話題となったが、市場での目立った反応は示していない。地政学的なリスクの一種ということで、朝から円売りが始まるかと思ったが、反対に円高方向に動いてしまっている。これはリスク回避によるクロス円の売りによる円の買い戻しが主な要因だ。
 今晩は小さい経済指標がたくさん出るが、注目は米企業の決算発表に集中している。特にニューヨーククローズ後に発表されるアップルやIBMが関心が高いので、夜の海外市場では為替も様子見姿勢が強まって、値動きに乏しくなるのかもしれない。しかしちょっとドル円などの安値を拾ってみようと思っている。理由は上に述べたとおりである。ロスカットは置きやすく、もちろん新安値に入ったらポジションを閉じるつもりだ。


日本時間 19時30分
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る