ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

強まる円売り安心感でやすやすとドル円は144円台へ、
前途多難な中の首相交代でポンドドルも要警戒か

2022年09月07日(水)15:12公開 (2022年09月07日(水)15:12更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 アメリカの休み明けのマーケットは、円安が進んだ。そもそも週明けの為替相場ではドル円が140円台でかえってきたものだから、ドル円の買い意欲は強いままの状態であったのだ。金融当局のスタンスも明確になっているので、そちら方面からもバックアップ材料となって、円売り安心感はとても強まっていたのも事実だ。

 アジア時間にオーストラリアが50ベーシスの利上げをしたのは予想通りであったが、東京クローズ間際にはドル円は141円台に到達。欧州時間ではドイツ国債の利回り上昇が顕著となって、激しいユーロ買い。それがユーロ円を引っ張り上げる形となって、ドル円は142円台にもタッチすることとなった。

 ニューヨーク時間ではドルの腰は強いまま。景況指数が予想を上回ったのもあって、ドル金利が上昇に向かう中、ドル円は143円に到達した。ここまで大幅高してきたドル円だったが、途中で達成感のようなものはまったく感じられなかった。まだまだ買っていけるという感覚の方が強い。

 ドル円とユーロ円にばかり目が行っているが、ユーロドルもしっかりと新安値をつけている。しかしドル円に比べると、やはりダイナミックさに欠けるものがあった。まかりなりにも今週、利上げをするのだから、足りない上げ幅だと思ってはいても、積極的には売り込んで行けないのだろう。私もユーロドルのショートで参戦はしていたが、芳しい成果は上げられていない。素直にドル円のロング攻めが良かったと後悔しているくらいだ。

 ここで気にとめて置かないといけないのは、ポンドドルの動向だろう。コロナ感染拡大の直後につけた歴史的な安値である1.1411がもう見えてきた。首相の交代もあって、場合によっては政権運営がうまくいかないリスクもある。テクニカル的にはユーロポンドの方が重要なのだが、ドル金利のこともあるし、ケーブルにも要警戒だ。


日本時間 15時00分

GMOクリック証券[FXネオ]

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る