ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

緩和期待は鳴りを潜め、
米債券価格が鍵にぎるドル相場!

2010年12月10日(金)18:54公開 (2010年12月10日(金)18:54更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日のアジア市場では1.32台から1.33台まで上伸してきていたユーロドルだったが、欧州市場に入ると、緩んできた。ギリシャでは失業率の悪化が伝えられたせいだろうか…。ただ今さらギリシャの話題だけでは、さほどのインパクトはない。前日まで私がユーロドルのショートを持ち続けていた時には、1.31台後半まで下落すると、またフラフラと1.32台まで戻すという動きを続けていて、なかなか苦しい記憶が過る。気持ちとしては、いつものように勢い込んでユーロドルをショートに振りたいところなのだが、どうもよっしゃ!という気にもなれない。

 その後も、米国オープン前までに何度も1.31台後半を触りにはいくが、1.32台に戻してくる。ここは1.31台後半から1.33台前半までのレンジ取引と割り切ってみることにした。今週の安値近辺となる1.3180にユーロドルの買い注文を置き、イフダンでロスカット30ポイント下に置いてみた。利食いも60ポイント程度のつもりであった。レンジを想定するとはいえ、5分足のチャートで見ても、着実に戻りの上値は切り下がっているようにも見えるからだ。だいいち、私としては基本的にユーロには、まったくベアスタンスでいるのだ。

 日本時間の0時過ぎアイルランドの支援受け入れの前提となる予算案も野党などは反対という報道が出てきたようだ。あっという間にユーロドルをロングポジションができた。さらにイタリアについての格下げもウワサも出ていたらしく、ユーロドルは1.3160近辺まで下がってきた。なんだか心臓に悪いので、ロスカットが来れば止むなしとして、30年債の入札まで相場は見ないことに。一応、OCOオーダーで60ポイント上にも利食いもセットしておいた。

 日本時間のAM02時台後半に起きてみると、ロスカットまでは来ていなくて、私が見ていたあたりが下値だった。そこまででは20ポイントほど今週の安値を更新しただけで、ユーロドルは1.32台に乗せてきていた。ともかく今はアメリカの債券価格が下落傾向となり、ドル金利の上昇がドルの底堅さにつながっている。これに影響を与える米国債の入札もかなり注目されることになるため、結果が出るまでは待ってみることにした。
 見ているうちに、するっと利食いの注文もダンになった。30年債の入札は、かなり好調だったようだ。ああ、救われた。しかし高値も1.3250近辺までだった。積極的にユーロ買いをするには、材料不足でもあるのだろう。

 今晩はアメリカの貿易収支、ミシガン大学などのイベントがあるが、よほどマイナスな結果でもない限り、影響はなさそうだ。さらに明日は中国のインフレ指標、鉱工業生産や小売売上高も出るが、すでに良いらしいというようなウワサも本日出ていて、中国の利上げ観測も続いている。実際に利上げしても、あまりインパクトはないかもしれない。

 ドル円は84台前半より上は重たい感じで、最近のドルの上昇局面でも何回も止められている。この辺りをバックにして83円台後半は売り込む作戦を考えているのだが、あまり相場に動きはなさなうな気もするので、こだわらず、さらに深追いもしないつもりだ。今はアメリカの債券価格の動きがかなり重要なので、リアルタイムの値動きでなくても、チェックだけでもしておくべきだろう。




日本時間 18時50分

8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 CFD口座おすすめ比較
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る