ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

欧州の信用問題はまだ続く?
ユーロは上がってもまた売り直し??

2011年09月06日(火)19:04公開 (2011年09月06日(火)19:04更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日はアメリカの市場が休みだったので、ゆっくり休めるものだと思っていた。しかしマーケットは風雲急を告げ、欧州の信用不安が再燃してきた!先週末の雇用統計の悪さをうけて、週明けのマーケットはすでに株安傾向がはっきりしていた。アメリカが休みだといってもグローベックスなどでは先物取引が動いている。

 金曜日に大きく下がって安値引けしたと思っていた米国株だったが、なおも安値を更新しながらの安値追いの展開となった。とてもリスクテークでポジションを張ろうとは思えない状況だ。ドル円はどうせ動かないだろうから、下がりやすいものといったらユーロ円か。そうなるとつまるところ、ユーロドルが100ポイントとか落ちることになるのだろう。

 ちょっと相場はお休みと思っていた私だったが、ちょっとだけユーロドルを売ってみる(@1.4144)にした。気持ちはクロス円の下落にあるが、ドル円が下がらない状況ではしょうがない。

 週末にギリシャを訪れたIMFの管理官が、財政削減がまったく進んでいないのを憤ったらしい。ロンドン市場オープンとともにユーロ売りの圧力が猛烈に高まった。ユーロドルは1.41台の前半まで押し込まれたが、そこは最近のレンジの下限である。テクニカル的に拾おうというプレーヤーも多く、一撃では下がらなかった。

 その一方でギリシャの2年債の利回りは50%を越えてきたようで、それの意味するところは、ギリシャは2年を越えてファンディングできないということに等しい。そのうちイタリアが格下げされるという観測も飛び出してきたり、ドイツ銀行のチーフまで悲観的なトークをするなどして、欧州株は下げ幅を拡大。それにともなうユーロ売りが出て、ユーロドルの頭はますます重くなってきた。アメリカ勢が不在のまま、リスク回避だけが進んでいく。

 今日になってもマーケットの流れは変わらず。グローベックスでの米国株は朝からいっそうの安値攻めを開始している。ユーロドルは1.40台のミドルで推移。ユーロ円も108円割れを目指しての動きとなっている。今回は材料が材料だけに、ファンダメンタルズ面からの効果を無視することができないようだ。

 いつもであれば、そろそろレンジの下限ということでロング転すべきアクションを要するレベルではあるのだが、次の下攻めの機会では下抜けの可能性も出てきた。ここは慎重にユーロショートを堅持しつつ、欧州時間での値動きを見守ることにした。

 ユーロドルが1.4150を越えてきたら問答無用にカットするつもりだった。しかし夕方になって欧州株が切り返してきた。勢いはユーロドルの買い戻しにも波及しそう。私はいったんはユーロショートを1.4077でやめた。

 その後、株価の切り替えしといくつかの欧州発のニュースに後押してされるように、ドル円もユーロドルも大きく切り替えし、ドル円などは77円台ミドルまで駆け上がった。昨晩の欧州の動きを、米国市場ははじまった時にどう消化しているのか、ドル円のショートにもちょっと心惹かれるし、場合によってはまたユーロドルを売り直すつもりでいる。


日本時間 19時00分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る