ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

チョッピーなユーロの動き
ドイツ憲法裁を控えてテクニカルムーブ?

2012年09月11日(火)18:02公開 (2012年09月11日(火)18:02更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日はイベントのない一日だった。だからというわけでもないが、余計にポジションの偏りに左右されてしまうものと思われた。またテクニカルも重要となってくるだろう。そういう意味では週末に高値引けをしていたユーロドルやユーロポンドなどの動きが気にかかった。教科書通りにいくならば、週明けからギャップを作って一段高し、そのままネバーカムバックとなるところだ。

 それゆえにどのくらい強烈なユーロ買いを集めて、週明けの相場がどうなっているのかに注目が集まった。しかしユーロドルも高いところでは始まったが、そのまま。特に高値追いということは起きなかった。東京オープンにもなろうとすると、ユーロドルは売りものに押されて1.28台を割り込んできた。これはちょっと意外な展開だった。

 そもそも材料が少ないので、リスクテークがフル状態で終わった雇用統計の後の株価やユーロの値段の正当性が試される大事なところ。ここでズルズルと来てしまったら、緩和期待というのはウソだったことになる。まあ、それを確かめるには欧州時間まで待ってもいいだろう。

 値幅自体は小動きだったが、株安とユーロ安は続いた。どちらもロングがたまっているようなので、利食い売りが優勢といった感じだ。下がってきているところを買っていくわけにもいかないし、私としてはなかなか手が出ない。私としては雇用統計後の値動きを見て、ユーロのにわかブルにはなったのだが、週明けは高値越えができないでいるのを見せつけられていると、どうしても高値をバックにショート攻めしたくなってくる。

 ユーロドルは金曜日の高値は1.2817なので、1.2820で損切れるような場所で売りたくなる。それほど朝の値動きは失望を誘っている。でもあまり動きも出ないので、私も休止モードになった。寝る前にチロっとPCの画面を覗いてみたら、ユーロドルが1.28台に乗せていた。そこで考え通りに1.2820に買い戻しの損切り注文をプレースしておいて、1.2800で売ってみた。

 たしかに米国株も高くなっている。このままリスクテークが続くのならば、それはそれでよい。朝になって1.28台の後半でもやっているようであれば、そのときは改めてユーロロングで攻めるのだ。数ポイントの損切りは仕方がない。

 朝、起きると、株価もユーロも下がっていた。あまりにも材料が少なかったので、日頃はあまり反応もしない消費者信用残高に影響を受けたようだ。リスクオフの形となって、ユーロは調整を促され、ユーロポンドの0.80台やユーロ円の100円台も押し戻されてしまった。ユーロドルも高値更新にはならず、私のストップ注文はセーフ。ユーロドルは1.2760あたりをやっており、アジア時間の押し目よりも深い。

 利食いをしてもよかったのだが、せっかく生き残ったのだから、もう少し持ってみようかなと思ったら、ランチタイムに変な動きがあって、いきなり1.2800近くまで持ちあがった。すぐにまた緩んだからいいものの、あれは一体なんだったのだろうか。しかしあまりのんびり構えてもいられなさそうだ。

 欧州序盤になって、ユーロドルが下攻めをしそうになりながらも、急反発。こんな時は何か出ているに違いない!急激な戻りの過程でグローベックスの米国株も急上昇していたので、1.2771で買い戻すことができた。後で調べると、ドイツの憲法裁判所が予定通りに12日にESMに関する判決を出すとのこと。

 理由はともあれ、このステージでユーロドルは1.2800あたりまで押し戻された。また1.28台で売るにしても、難しくなってきたのは事実。「判決がちゃんと出る」イコール「ユーロ買い」になるというのも、考えてみればおかしなものだ。悪い判決が出るとは考えられていないようだ。高値がどこまでになるのか、もうちょっと時間がかかりそうだ。

 マーケットとしては明日のドイツ憲法裁の判決やあさってのFOMCなどをひかえて、ますます様子見の姿勢が強まるだろう。その中でのテクニカルムーブである。私も相場を注視しないで、注文をOCOで出しっぱなして、早めに就寝して英気を養おうと思う。 

 

日本時間 17時50分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る