ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

いつまで続くか「安倍相場」・・・
市場の反応が鈍くなってきているようだ

2012年11月27日(火)17:06公開 (2012年11月27日(火)17:06更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日の海外市場では、あまり大きな動きはなかった。連休明けで疲れてもいたのだろうし、マーケットの材料も少なかった。ただ感謝祭中のセールスが良かったのではないかということでリスクテーク気味にはなっていたし、またギリシャ支援の問題が片付くのもそろそろだろうということで信用不安が薄らいできているのも事実であった。

 ドル円は途中、82円台を割り込む局面もあったが、それはあくまでも衆院解散から続いている円売りのポジション調整の域を出ていない。依然として押し目買いの意欲の方が強いように見受けられた。私としても下向きに突っ込むようであれば、それに追随してドル円をショートに振っていこうと考えていたのだが、とうとう売るようなチャンスはなかった。

 ユーロドルももっと期待ベースで上下に激しく動くかとも思われたのだが、終わってみれば30ポイントほどしか動いていない。週末のテレビでアメリカの歳出削減の関係者がいろいろ議論をしたらしく、要は年末までの合意は難しそうだという見解が示されたようだ。しかし特にドル売りに傾くわけでもなく、株や債券といった外部環境もとても静かな一日だった。

 アメリカでの批評はともかく、最近の日本の相場コメントも完全に円安一色となっている。すでに「90円台も」などという意見も出て来ている。これは毎度のことで、ちょっと株価が上がり出すと、「すぐにでも一万円台を回復か」とか「年末には15000円も」などという調子の良い意見が飛び出してくるのとよく似ている。足元のトレンドの方向性は正しいものの、それがどこまで続くのかはたいへん疑わしい。

 ここは冷静になって、将来、かならず来るであろう折り返しポイントを見極めないといけないところだ。安倍総裁が騒いでいるだけで、現実味に乏しいのは言うまでもない。相場つきとしては秋口の緩和期待の相場展開に似ている。話半分ほどにお付き合いするのが、ケガを避けるための方策でもあろう。 

  今日のアジア市場では午前中にEUの財務相会合で、なんとかギリシャ支援の方策がまとまりそうだということで、ユーロに買いが出た。支援策がまとまるのは時間の問題であるだけだったので、いずれ解決するのはわかっていた。そういうこともあり、市場の関心はただユーロドルの戻り高値がどこまでなのかに集中したが、1.30台に乗せたものの、滞空時間は短く、いかにも相場のほうが待ってましたといわんばかりの状態となった。

 多くのプレーヤーがコストの高いユーロロングを持っている状況だ。もっと伸びれば、と願いながらも上がらない。私も1.3000近辺では何度も売ってみて、5ポイントとってはまた売ったりした。たしかに上がりはしなかったが、結果的にはユーロドルはトータルで20ポイントも動いていないので、とても材料で動いたとはいえないような貧弱な動きだった。あとは欧州勢がどのように反応してくるかにかかっている。

 ドル円もひと騒動あって、午前中は軟調な動きだったドル円も、午後1時半ごろに出た安倍総裁の発言で、再び上昇に向かうこととなった。特にフレッシュなことは言ってがいないが、インフレ目標をもっと明確にしろということだったらしい。ドル円は81円台への突入は免れた格好となっており、ややショートカバー気味で82.30あたりをうろついている。しかしここから上サイドは先週までの買い過ぎた分の逃げのオファーが並んでいるので、現状では高いところを買っていきたくはない感じ。

 今晩も昨日と同じで狭いレンジに固執することになるかもしれない。米国株は9月のQE3のときにつけた今年の最高値から、大統領選のあとに付けた押し目との、ちょうど半値近辺にいる。実に動きづらいレベルだ。ここからはどちらに向かうのかが、今年の残り1カ月の動きを決めそうなのだ。しかしそれが鮮明になるには今日は材料が少なすぎる。
 

 日本時間17時00分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 バイナリーオプション比較
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る