ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円91円台乗せまだ定着できず、
すこし売り込んでみたい感じ

2013年01月28日(月)16:51公開 (2013年01月28日(月)16:51更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 先週末はアジア時間から海外市場にいたるまで、ひたすら円売りが続いた。ちょうどアジア時間の始まり前に、ジョージソロスが円安を支持するみたいなコメントをダボス会議で述べたからだが、これまでドル円は90円台で何度か跳ね返されてきていただけに、それまでの高値であった90.24アラウンドを上抜けしてきたことは大きな意味があった。アジア時間では上抜けした後もドル円の買い圧力は下がらず、90円台の中盤でステイした。 

 そしてユーロも高い。1.34台に乗せてきて、買い安心感も出てきたようだ。ドイツの景況感であるIFO指数も予想よりも良かった。ユーロドルは完全な押し目買いモードになっており、ユーロポンドも目立って上昇の幅を大きくしてきているので、逆にポンドの安さが際立つ。今年に入って通貨の安い順に並べると、最初が日本円で、つぎに来るのが英ポンドか。それを裏付けるかのようにイギリスのGDP速報値も予想を下回った。ますますユーロ買いのポンド売りが激しくなった。

 ニューヨーク時間の序盤でドル円はすでに91円台に乗せてきた。そしてユーロ円も122円台まで来ている。完全なリスクテークの状態になっているが、その後の問題は米国株である。毎日、値幅こそ小さいが着実に前日比でプラスになることを繰り返しており、これが途絶えるまでは安易に反対のポジションを取りづらい。目をつぶって円売りを仕掛けるか、それとも何もしないかという作戦しかないのである。

 アメリカの新築住宅販売の数字が悪かったので、若干のリスクオフ。しかしその程度も限られていた。日経先物はアーリーニューヨークで11070円まで高値を拡げていたが、これが11000円の大台を割り込んできた。しかし東京クローズの10930円から見ると、まだまだ高値をキープしていると言えなくもない。ニューヨーク時間のドル円は91円ちょうどをはさんでの狭い値動きに終始。ユーロドルも1.3450から1.3470までのレンジ取引。

 最近のパターンでは週末は完全なリスクテークで終わり、株価も円安も進んで週越えをする。そして何かの材料に反応して週央にいったんは調整する。株価も下落し、円の買い戻しが強烈に入る。そして再び週末に向かって株価が切り返し、円安も進行する。これをここ3週間は同じ展開で進んでいる。今週もそうなるのか。朝がたに11000円台を付けていた日経先物が、さっそく200円幅も下落した。パターン的にちょっといやな展開だ。

 ドル円は91円台をキープできないほうに賭けた方が面白いのでは?そのような考えが頭の中をよぎった。早朝にドル円は今年の最高値を更新して91.24まであがったが、欧州時間が近づいてもこれを再度越えにいかないようであれば、私は少しドル円を売ってみようかと考えている。先週、先々週のパターンだと、トップからおよそ2円幅くらいの下落が期待できるのではとも思うからだ。あとは材料待ちである。

 今晩はアメリカのイベントが少ない。すでに企業決算などは一段落しており、次は日本企業の決算発表が相次ぐところだ。日本株の高い水準を裏付けるような決算が、見込みベースでもよいから出て来ないことには、リスクの調整は避けられないところだろう。ドル円がスリップする可能性もあるので、とにかく値動きには重々、注意したい。


日本時間 16時30分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 メキシコペソ比較 CFD口座おすすめ比較
田向宏行 メキシコペソ比較 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る