ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円ふたたび94円台へ、
G20後の値動き受けた要人発言に注意

2013年02月18日(月)17:47公開 (2013年02月18日(月)17:47更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 金曜日はいよいよG20の会合だった。日本の政策に関して、どのくらいの理解を得られるのか。それとも通貨安政策だということで世界中から非難を浴びせられるのか。それが最大の関心であった。すでにG7からも当たりさわりのない声明は出ており、おおむね、それを越えるようなものは出てくるはずがないというのが、マーケットのコンセンサスであった。

 それでも欧州序盤ではリスクヘッジのためのドル円の売りもの、およびクロス円の売りものがたくさん出てきた。さすがにどうなるかもわからない結果に対して、リスクテークのままで構えているわけにもいかないということだろう。ドル円は92.23まで押し込まれた。いうまでもなく、私もドル円の売り態勢で画面の前に張り付いていた。

 その前の週で麻生財務相が「円安のペースが速すぎる」とした発言のときに落ちたレベルが92.17だった。それでだれもが重要な節目と意識しているのが、92円台の前半なのである。買いたい人も売りたい人も重要なテクニカルポイントだ。これでスルッと抜けて、91.90なんて為替レートを見せつけられたら、一気に円高の短期トレンドになっても不思議はないという状況だ。

 しかし徐々にドル円やユーロ円は切り返した。「G20の声明も先日のG7のそれに沿ったものになるだろう」というような観測が出回って、市場に安心感が出てきたためだ。また「日本は通貨政策に関して名指しされないだろう」という報道も、円売りの背中を押した。

 G20の場で日本のスタンスが是認されれば、それで円安は再開するであろうと見込んでいた連中の円売りを大いに誘ったことになる。ユーロ円は122円台まで差し込んでいたのに、これも急反発。やがてドル円も93円台に乗せてきたが、アメリカの経済指標が良いものが並んだので、ドル買いのファクターも加わり、ドル円は93円台のミドルまで跳ね上がった。

 正式な声明文は土曜日に発表となるのだが、月曜日はプレジデントデーでお休みとなるため、連休を控えたニューヨーク市場ではポジションの整理が急がれた。ニューヨーク時間の午後にはやや利食い売り優勢という感じも手伝って、ドル円は押されていった。

 そして週明けの動向が気になるところだ。いろいろな評論を読んでみたが、G20では釘を刺されたとして、円安に歯止めがかかるとするもの。G20では名指しの非難は避けられたのだから、円売りが加速するというもの。要するにどちらが起こってもおかしくはない状況であった。実際に早朝の動きを見て判断するしかなさそうだ。

 朝はやや円安レベルでスタートした。しかし極端に円売りが進んでいたわけでもない。それでも私は少し円売りでついていった。そして仲値決めが終わってもドル円の高値追いはおさまらず、ついに94円台に乗せてきた。でも先週つけた今年の高値をさらに超えていくような勢いがあまり感じられなかった。その後は94円ちょうどをはさんでの小動き。

 今日はアメリカが休みなので、欧州からの要人発言がきにかかる。G20を終えて円安になっているのだから、これを肯定する意見が出てくるのか、それともドイツやフランスを中心として「誤解があるようだ」などといった反対意見が出てくるのか。幾人かは発言すると思われるので、欧州時間のドル円のレートには要注意だ。


日本時間 17時30分
 

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る