ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスク回避が緩みドル円102円ワンタッチ、
今晩は欧州の金利会合が注目!

2014年05月08日(木)15:58公開 (2014年05月08日(木)15:58更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日のアジア時間の終わり頃から欧州序盤にかけては、ドル円の売りが優勢だった。値幅こそ小さいものの、ドル円は101.50アラウンドで安値張り付き。前日の安値である101.51を下回ってきても、突っ込んで走りもしない代わりに、急激なショートカバーも見られなかった。

 私としても、どちらかに動き出したらついていこうと思い、画面の前で張りついて見ていたのだが、101.45から101.55の狭いレンジを行ったり来たりするのみ。昨日は夕食に誘われていたので、ニューヨーク時間は捨ててかかることにした。そして早起きしてから参入することにした。

 そのニューヨーク時間では、ようやく若干の動きが見られたようだ。プーチン大統領が「話し合いによる解決」を口にしたらしく、ウクライナ情勢がやや和らいだ格好となって、リスクテークに傾いた。ドル円は少しずつ値を切り上げてきて、102円ちょうどもワンタッチしている。

 しかしイエレン議長のスピーチが始まると、ドル円は下落。金融緩和の必要性を強調した内容だったので、それでドル売りを誘ったようだ。しかしこのステージでのドル円の安値は101.50近くまでで、欧州序盤での安値である101.44にまでは届かなかった。

 これでサポートされたということになり、ニューヨークのランチタイム以降もドル買いが強まって、ドル円もユーロドルも1日のドル高値圏で引けている。金融政策の先行きは瞬間的なものであって、ウクライナ情勢の好転のほうが勝ったという結果になった。

 本日の朝にはドル円は101.90とかになっていので、とてもドル円を買う気にはなれない。もうちょっと東京オープンに近づいてきて、そして東京勢が買い向かってくるならば、私も仲値決めに向けてロングにしてみようと思った。

 しかし東京時間でもドル円は買いが出てこない。なかなか102円台に乗せてこないのである。昨日の東京クローズでは安値圏で、今日は高値圏で張り付いて、そのまま動かない。まだ手の出しかねる相場状況である。

 今晩はECBの金利会合がメインのトピックである。一部のシンクタンクはユーロの利下げを予想しているようだが、今回も変更しないだろう。今の状態から金融緩和に踏み切るには、根拠が薄弱過ぎるからだ。一時期のような欧州の信用不安も、今は影が薄い。出来ることならば、非常手段は温存しておきたいことだろう。

 ユーロドルもポンドドルも、今年の高値、つまりドルの最安値をうかがっていたのだが、昨日のところは無念だった。ユーロドルの1.3966、ポンドドルの1.6994を越えてきたら、ドル円でのショートも面白いのかもしれないが、大台が変わるには不思議とエネルギーが要るものであり、まだ時間がかかるのかもしれない。

日本時間 15時40分


 

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る