ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスク回避が緩みドル円102円ワンタッチ、
今晩は欧州の金利会合が注目!

2014年05月08日(木)15:58公開 (2014年05月08日(木)15:58更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日のアジア時間の終わり頃から欧州序盤にかけては、ドル円の売りが優勢だった。値幅こそ小さいものの、ドル円は101.50アラウンドで安値張り付き。前日の安値である101.51を下回ってきても、突っ込んで走りもしない代わりに、急激なショートカバーも見られなかった。

 私としても、どちらかに動き出したらついていこうと思い、画面の前で張りついて見ていたのだが、101.45から101.55の狭いレンジを行ったり来たりするのみ。昨日は夕食に誘われていたので、ニューヨーク時間は捨ててかかることにした。そして早起きしてから参入することにした。

 そのニューヨーク時間では、ようやく若干の動きが見られたようだ。プーチン大統領が「話し合いによる解決」を口にしたらしく、ウクライナ情勢がやや和らいだ格好となって、リスクテークに傾いた。ドル円は少しずつ値を切り上げてきて、102円ちょうどもワンタッチしている。

 しかしイエレン議長のスピーチが始まると、ドル円は下落。金融緩和の必要性を強調した内容だったので、それでドル売りを誘ったようだ。しかしこのステージでのドル円の安値は101.50近くまでで、欧州序盤での安値である101.44にまでは届かなかった。

 これでサポートされたということになり、ニューヨークのランチタイム以降もドル買いが強まって、ドル円もユーロドルも1日のドル高値圏で引けている。金融政策の先行きは瞬間的なものであって、ウクライナ情勢の好転のほうが勝ったという結果になった。

 本日の朝にはドル円は101.90とかになっていので、とてもドル円を買う気にはなれない。もうちょっと東京オープンに近づいてきて、そして東京勢が買い向かってくるならば、私も仲値決めに向けてロングにしてみようと思った。

 しかし東京時間でもドル円は買いが出てこない。なかなか102円台に乗せてこないのである。昨日の東京クローズでは安値圏で、今日は高値圏で張り付いて、そのまま動かない。まだ手の出しかねる相場状況である。

 今晩はECBの金利会合がメインのトピックである。一部のシンクタンクはユーロの利下げを予想しているようだが、今回も変更しないだろう。今の状態から金融緩和に踏み切るには、根拠が薄弱過ぎるからだ。一時期のような欧州の信用不安も、今は影が薄い。出来ることならば、非常手段は温存しておきたいことだろう。

 ユーロドルもポンドドルも、今年の高値、つまりドルの最安値をうかがっていたのだが、昨日のところは無念だった。ユーロドルの1.3966、ポンドドルの1.6994を越えてきたら、ドル円でのショートも面白いのかもしれないが、大台が変わるには不思議とエネルギーが要るものであり、まだ時間がかかるのかもしれない。

日本時間 15時40分


 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10
田向宏行 バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る