ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

相次ぐテロに慣れ切った金融マーケット、
様子見だがドル円は要ウォッチ!

2016年07月05日(火)15:01公開 (2016年07月05日(火)15:01更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はアメリカが休みだった。それゆえにアジア時間からマーケットに大きな動きはまったくなかった。しかし先週末からはイスラク国によるテロが激化している。日本人も犠牲になったし、イスタンブールやサウジアラビアでも爆弾テロが発生している。

 ニュースの素材はあったのだが、いかんせん、ここ10年はテロで死者が出ても、それがマーケットを大きく揺すぶることはなくなった。半年前のフランスでの大規模なテロでも、市場の反応は限定的だった。

 それだけリスク回避の対象にはならないということであり、反応しない以上は誰もポートフォリオを傾けたりはしないということになる。悪く言えば、危険慣れしてしまったということだ。

 先週に何度もドル円は戻し高値をトライしたが、103円台の前半までが限界だった。イギリスのEU離脱が決まる直前の106.80くらいまで上げたところから100円割れまでの、ちょうど半値戻しが効いているようだ。

 次に手が出しやすくなるためには、どちらかにブレークしてもらわないと動きづらい。今週は週の後半に雇用統計など重要指標を控えているので、ますまず様子見の姿勢が強まりそうだ。

 今日のところは朝からドル円が重い。それは昨日の海外市場でややクロス円が押され気味だったのを受けての動きなのだろう。ドル円は101円台に突入してきて、しかも定着しそうな雰囲気となったら、マーケットにベアムードが広がることになるのではないだろうか。

 それとてもドル円は100円を割り込んできて二ケタのレートにならない限り、依然として直近のレンジ内でのプレイのままであることに変わりはない。

日本時間 15時00分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る