ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円104円台では上値追い減退、
今週も盛りだくさんなイベント

2016年10月17日(月)17:20公開 (2016年10月17日(月)17:20更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日のアジア時間ではリスクテークが盛んとなった。心配された中国経済のスローダウンも株価にはあまり反映されなかったことで、安心感が蔓延したようだ。ドル円も104円台まで値を戻してきて、マーケットのリスク許容度を増大させもした。

 しかし104円台はここ最近の上限でもあるので、ここから積極的に買っていくことはできない。マーケットのほうも急激に上がるスピードを減速。高値警戒感が出てきたようだ。

 欧州市場ではドル円は104円台の前半でスタート。ちょっと上サイドには利食い売りのオファーとショートメークのオファーが同時に並んでいるようで、なかなか上値追いをしない。

 私もこの辺で売っておきたいと思い、104.50あたりまで来ないものかな、と期待していた。しかし104.40あたりまで。ニューヨーク勢の参入も近づいてきたので、私は104.31でドル円をショートに振ってみた。

 そしてニューヨーク市場ではミクロ指標とマクロ指標がたくさん出た。経済指標のほうはマチマチであったが、米企業決算のほうは良いものが並んだ。金融セクターを中心に米国株は上昇してスタート。私も損切りを覚悟したが、ドル円は104.50を超えてくることはなかった。

 そこへもってきてミシガン大学の景況調査の結果が悪かった。米国株はそれを契機にダウンターン。ドル円の上昇もそれまでとなり、私もほっと一息つくことができた。しかし104円台を割ることがなかったので、ここまでかと思い、104.22で買い戻してしまった。

 その後、夜中に103円台に突入しているのだが、朝には104円台に値を戻してしまっている。ユーロもポンドもドル高水準でニューヨーククローズを迎えた。

 今週は経済イベントが毎日のように控えている。一喜一憂をしていても仕方がないが、BREXIT後のボックス圏を抜けてこれるかどうかが注目点である。
 

日本時間 17時00分

 

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る