ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

JPモルガン棚瀬氏に聞く新興国通貨(2)
2017年のおすすめ新興国通貨はコレだ!

2017年03月14日(火)13:00公開 (2017年03月14日(火)13:00更新)
ザイFX!編集部

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■金利狙いのロシアルーブルに投資妙味アリ!

 長期的な金利収益を重視するならロシアルーブルや、インドルピーが向いている。

 「ロシアルーブルは2014年に売られましたが、現在は反発・上昇している途中。バリューから見ると現在はほぼ適正な水準ですが、ファンダメンタルズは強く、通貨としては安定しています。

 今後、どこまでロシアルーブルが上昇するかは微妙ですが、ロシアは経常黒字国ですし、財政も新興国の中ではもっとも良好といえます」

ロシアの経常収支

(出所:Bloomberg)

 「ファンダメンタルズが強いので、金利狙いでロシアルーブルに投資するのは悪くないと思います」

【参考記事】
政策金利10%のロシアルーブルが急上昇! 2017年、ロシアルーブル買いの理由とは?

【参考一覧表】
ロシアルーブル(RUB)が取引できるFX会社

米ドル/ロシアルーブル 週足
米ドル/ロシアルーブル 週足

(出所:Bloomberg)

ロシア政策金利

(出所:ロシア連邦中央銀行のデータを基にザイFX!編集部が作成)

■インド政府がルピー安に誘導

 インドルピーは2014年の選挙で誕生したモディ首相の経済政策により、劇的にファンダメンタルズが改善した通貨。

 当時のインフレ率は前年比10%を超えていたが、現在はその半分ぐらいまで下がっている。経常赤字の対GDP 比も2012年は5%ぐらいだったが今は1%程度。

 これらのファンダメンタルズ改善により、インドルピーのボラティリティ(変動率)は大幅に下がった。ボラティリティの低さは、金利狙いのトレードにはポジティブな要因となる。

インドルピー(対米ドル)の3カ月リアライズド・ボラティリティ

(J.P.モルガンのデータを基にザイFX!編集部が作成)

 ただし、輸出振興という政策的な観点から、当局は名目為替レートが弱くなるように誘導しており、ファンダメンタルズが強いにもかかわらず、インドルピーは徐々に弱含んでいる。

 「トルコリラやメキシコペソが大きく売られているため、インドルピーの下げは目立っていませんが、このように政策面も勘案する必要はあります」

【参考一覧表】
インドルピー(INR)が取引できるFX会社

■ブラジルレアルは割高、中国人民元はあまり変動せず

 ブラジルレアルは、2015年に大きく売られたが、2016年は反転・急上昇した。現在は過大評価されている水準に入っているが、「大幅に利下げする可能性が高く、債券価格にはポジティブ」と棚瀬さん。

【参考記事】
ブラジルレアルのスワップは1000円超え! リオ五輪より衝撃的な金メダル級の事実!?
政策金利14.25%のブラジルレアルを取引できる日本唯一のFX会社、知ってる?

【参考一覧表】
ブラジルレアル(BRL)が取引できるFX会社

ブラジルレアル/円 週足
ブラジルレアル/円 週足

(出所:Bloomberg)

 そして、新興国といえば、見逃せないのが中国の動向だ。

 棚瀬さんによると、中国人民元は今年、あまり動かないだろうという。

 その理由は、2017年は中国共産党の党大会が開催される年だから。この党大会は今後5年間の国家の基本方針を決定する最重要会議だ。

 「歴史的に見て、米ドル/中国人民元は党大会とその翌年はあまり変動がありません。そのパターンどおりなら、2017年の中国人民元に大きな動きはないでしょう」

【参考一覧表】
中国オフショア人民元(CNH)の対円以外が取引できるFX会社

歴史的に見て、米ドル/中国人民元は党大会とその翌年はあまり変動がないので、そのパターンどおりなら、今年の人民元は動かないというのが棚瀬さんの見解だ

歴史的に見て、米ドル/中国人民元は党大会とその翌年はあまり変動がないので、そのパターンどおりなら、今年の人民元は動かないというのが棚瀬さんの見解だ

 主要な新興国通貨について解説してもらったが、個人的に…

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る