ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

“驚き”なしのトランプ予算案、
ドル安の流れだが小動き

2017年03月17日(金)15:27公開 (2017年03月17日(金)15:27更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日は欧州序盤でドル円が112円台に突っ込んだ。やっと来たか、という感じもあったので、私も112円台の突っ込みに参加した。しかし押しは浅いものだった。まったく下がらずじまいで、私も113.07であきらめて買い戻した。

 値幅は大したこともないのだが、あんまりにもつまらない損失だったので、それ以降はちょっと相場の行方に興味を失いそうになった…。でも昨日はトランプ大統領の予算方針が示される日だった。

 米議会のほうに予算教書が提出された。だが内容は従来の主張をそのまま盛り込んだだけのものであった。軍事費の1割増しとか、国境警備に予算を積み増している。その一方で環境問題や海外支援の予算は大きく削っている。

 内容としては、まったく主張通りなのだから、何のサプライズもない。また議会側の共和党からもさっそく批判が続出したというのも、これまたまったく想定の範囲内のことである。問題はトランプ大統領が「2、3週間以内に驚くべき予算案を出す」と言っていたのがこれなのか、ということである。

 発言していた「驚くべき」ポイントはどこにあるのだろうか。財源手当ての予定も書いていないし、大型の減税の規模も出ていないし、インフラ投資に至っては何をするのかも出ていない。ちょっとした予算の付け替えだけで終始している。つまり小手先のマイナーチェンジなだけなのだ。

 ニューヨーク時間の午前中、マーケットはリスクオフに傾いた。米国株は前日の上昇の勢いを失い、売りものに押されがちとなった。ドル円もショートカバーで113円台の中盤まで切り上がっていたのだが、再び軟化。それでも新たに安値を更新するほどの破壊力はなかった。

 今週の大きな一連のイベントが通過して、結局は泰山鳴動の観をぬぐいきれないものがある。株価も為替相場もあんまり動いていないのだ。週のレンジも上下がとても狭い。金利会合でもオランダの選挙でも米予算でも、マーケットの波乱要因にはならなかった。そして市場のボラティリティは急速に低下しつつある。

日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る