ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ダイナミックさ欠ける為替相場、
ドル円またレンジ作戦か

2017年11月14日(火)15:49公開 (2017年11月14日(火)15:49更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 先週から為替相場にはダイナミックさが欠けてきている。ドル円は113円台で落ち着いてしまっているようであり、株価や原油価格との相関性も薄まってきているようだ。

 他のマーケットと同様にリスクオンとかリスクオフにはなったりするのだが、それを確認して為替でポジションを持ってもなかなかにうまくいかない。反応が鈍いのだ。

 動かないからというわけでもないが、ドル円は113円台で安定推移しているのは事実だ。その事実に基づいて行動するしかない。極端なことを言えば、113円台の前半で買ってみる、そしてロング攻め。

 そして113円台の後半では売ってみて、ショート転といった具合にだ。大台が変わったら、ポジションはすべてカットする。そうしたレンジ作戦で臨むより他はないだろう。ましてやアメリカが休みで市場の参加者も少ないはず。

 昨日の欧州序盤ではドル円は113円台の中盤だった。どちらにも手が出ない。頭の中では113.30以下で買いを考え、113.70アッパーで売り向かっていく逆張り戦法があるのだが、そのどちらでもない。ニューヨークオープンになると、ようやくドル円が下がってきたので、113.29で買ってみることができた。

 これはあくまでもボックス圏が続くと想定した話なので、外部環境を無視している。EU離脱関連でイギリス株が安いし、ポンドも安い。それがリスク回避を促して、米国株もグローベックスセッションでは安くなっている。

 だからドル円のロングというのは逆張りなだけでなく、状況もアゲインストなのである。ナイトセッションの日経先物も大いに値を下げており、221000円台になっていた。決して持ち心地のよいポジションではない。

 これだけ世界的に株価の調整が起こっていても、やはりドル円への反応は限定的だった。ドル円は113円割れもしなかったし、その後の米国株の値の戻しとともに、再び113.50を上回ってきた。私は早朝に113.62で利食い売りをしたが、依然として同じ作戦でワークするものと考えている。

日本時間 15時50分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る