ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円112円台に沈む、
戻すも米議会の法案審議に注意!

2017年11月16日(木)16:22公開 (2017年11月16日(木)16:22更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日は東京市場でも日本株大幅安をし、日経先物は22000円の大台を割り込みそうなところまで下がった。そしてそのままほぼ安値引けの形で東京クローズを迎えた。安値引けするということは、まだまだ売れていないということだ。

 これを売り足りないのだと解釈するのはテクニカルの要請でもある。次にセッションが始まる時、具体的にはナイトセッションでは一段安する可能性をほのめかしている。これは売りシグナルを発しているのと同じことだ。

 これは市場全体のリスク回避と重なる。私はドル円の113円台でコロコロ回す作戦をとっていたので、113円台の前半ではロングにしている。それは113円ちょうど割れとともにポジションカットである。

 欧州序盤では日経先物の下攻めは顕著となり、欧州株の下落に伴ってドル円も下落。ずっと保っていたドル円の113円台もついに維持できず、112円台に突入してきた。私のドル円ポジションも終了である。

 グローベックスでの米国株も大幅安に傾いている。ドル円も112円台に沈んでくると、まったく値を戻さなくなった。あれだけステーブルだった113円台なのに、遠く感じてしまうほど、オファーがしっかりしている。値が戻ろうとしても、すぐに押し込まれてしまう。

 ニューヨーク序盤までそうしたリスクオフの動きは継続した。しかし米国株の最近の傾向として、始まり当初は世界的な株安の流れで安くはなるが、ニューヨーク終盤に至るまでに値を戻してくるのである。昨日も同じであった。米国株は下がっていた分のおよそ半分を取り戻した。それでドル円もした割れするには至らなかった。

 今日は東京時間ではドル円は腰が強い。しかし長らく113円台が続いたために、目先は上値が重そうだ。ここはやはり戻り売りで攻めるのが正攻法だろう。今晩も経済指標がたくさん出るが、マーケットを大きく動かすほどの重要なものはない。依然として値崩れしないで高値水準を維持している米国株の動向で、リスクの行方を見ていくしかない。

 先週あたりから共和党の議員の中でも減税案に反対の意思を表明してくる人がポロポロと出てきた。これは市場のリスクを高める方向の動きである。米国株の異常な動きが見られたら、即座に対応したいところ。

日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る