ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

BOE会合でポンドめくれ上がり、
OPEC総会すでに織り込みか

2018年06月22日(金)16:10公開 (2018年06月22日(金)16:10更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は世界的にもリスク回避の流れも強まった。米中貿易の問題が先行き不透明なのが根底にくすぶっている。欧州時間に入るとドル円が軟化。またユーロも今年の最安値をうかがう展開となった。ユーロが安いのは、ポンド安に引きずられてのこと。

 イギリスの金利会合を控えていて、市場の利上げ期待が高まっていたからだ。利上げに傾くのは、いうまでもなく先日のアメリカのり利上げがあったからである。アメリカに追随しておかないと、ポンドは実質的に利下げしたのを同じ効果になる。

 それでも利上げしても当然の環境にあるなかでも、ポンドの利上げを主張している委員の数は少ない。今回は利上げはしないだろうが、それでも近い将来の利上げに対して消極姿勢を示したら、ポンドはいっせいに叩き売られるだろう。

 先週のECBでのスタンス表明と同じだ。それゆえにポンドが売り込まれている。そして同じ欧州通貨であるユーロも売られているところなのだ。ユーロドルは今年の最安値である1.1510にちょびっとさわるほどの下げ圧力の強さ。

 ユーロの下げはユーロ円の下げをももたらす。それがマーケットのリスクオフ姿勢を明確にする。ユーロドルがBOEの発表をきっかけに、一気に1.12台くらいまでを臨んでしまうのではないかとの思いもあって、例外なく私もユーロショートで構えている。

 結果的にはイギリスの利上げはなかった。しかし事前のポンドショートが積み上がっていたためか、ユーロもポンドも買い戻された。下値ブレークがないならば、もうユーロドルを底値圏でショートにしておく必要はない。危険なだけである。私も25ポイントは持っていかれたが、即座にゲットアウト。

 ユーロドルはそのまま1.16台まで値を戻してきて、あまり下がらなくなってしまった。ドル円もやや軟化しているのは、米国株が多派安をしており、そのリスク回避のためである。ダイムラー社が業績見通しを引き下げたのだ。欧州経済のスローダウンがささやかれていたところだが、それが企業活動で証明された格好となったからだ。

 今晩はOPECの総会がある。すでに合意するであろう内容は漏れてきており、全会一致で60万から100万BPDの増産でおちつきそうだ。これはすでにマーケットに織り込み済みなので、これ自体は材料視されない。やはり注目は昨日に大幅安を演じた米国株に動向であり、8日続落しているダウ平均が折り返すかどうかである。


日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る