ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスクモードは続くが、
見えない壁に突き当たっているドル円

2019年04月18日(木)15:55公開 (2019年04月18日(木)15:55更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日も為替相場はほとんど動かず。相変わらず20ポイントとか30ポイントの値幅しかない。中国のGDPが予想よりも良かったことや、アメリカの貿易収支が改善されていたことなどは、あまりマーケットでは材料視されなかったようである。

 米国株は昨年の10月初旬に史上最高値をつけた。それからほぼ3ヶ月の間、リスク回避の流れが強まって株価は大きく調整したことは記憶に新しい。S&P先物のレベルで言えば、最高値は2944ポイントであった。

 クリスマスまでには2316ポイントまで降下。600ポイント以上の下げということでもあり、20%を越える下げ幅である。そこから株価は回復してきて、1月以来はひたすらラリーをしている。そして今週になってS&P先物は2923ポイントまで上がってきた。ほぼ全戻しである。

 全戻しということは、そこに歴史的な最高値というもっとも重要なテクニカルポイントが控えているということだ。レジスタンスである。もっとも高いのだから、当然のごとく売りたい人のオファーを集める。

 またここ半年で高いところをつかんで我慢していた人々の逃げのオファーも出てくる。そうしたテクニカル面からの動きが、これからは顕著に出てくる領域に突入する。昨日の米国株の挙動もそのようなものであった。

 そういうわけでリスク性のあるものと相関度の高いドル円などは、いま目に見えない壁に突き当たっているのである。米国株のほうでS&P先物が2945ポイントをつけて上抜けしてこないと、株価の一段高は望めない。しかるにドル円も喜んで上がっていくという形態を実現することは困難なのだ。

 テクニカル的に米国株に売りものが出てくることは仕方がないとして、上サイドをブレークするためにはフレッシュな材料が必要だ。それが何なのかは今はわからない。日本の参院選やアメリカの大統領選に向けたキャッチーな一言かもしれないし、北朝鮮やベネズエラなどの電撃的な軟化かもしれない。ともかくもレベルが知れていることなので、そこをしっかりとウオッチしておかなければならないのは確かだ。

日本時間 15時30分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行
jfx記事 トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る