ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスクテークの反動でクロス円も下落、
ドル円109円割れとなるかウォッチ

2019年05月14日(火)15:13公開 (2019年05月14日(火)15:13更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 週明けは早朝のグローベックスセッションで米国株は大幅安に傾いた。これは米中貿易戦争の激化のためである。しかし出てくる材料はなにもフレッシュなものはないのである。米国側は追加関税をしたといっても、これは先週の協議前から公表していたことだ。それなのに先週末の終盤では大いにリスクテークに励んでしまったのだ。

 依然としてファンダメンタルズを無視して、近い将来を楽観視していたいといった清涼のほうが幅をきかせている状況だったからだ。その余計なリスクテーク分が、アメリカのさらなる追加関税の報道で打ち消しにされたという格好であった。

 私は朝からドル円をショートに構えていたが、アジア時間ではあまりおいしくはなかった。上がりはしないものの、ズルズルとは下がっていかないのだ。それもそのはずで朝からの米国株の下げは一服していたからだ。アジア時間では米国株の下げ幅は限られていた。

 米国株は先週金曜日の安値を下回ってこないのだ。この時点でも超がつくほどの割高だ。ようやく一段安に向かったのは欧州時間に入ってからだ。ドル円もやっと先週の安値である109円台のミドルに近づいてきた。ただスピードがのろいので、利食いのためのポジションクローズに意欲がわかない。 

 ニューヨークオープンでは米国株はもちろん大幅安で始まったが、それでも下げたりないというのが、ファンダメンタルズ面からの要請であろう。次いで中国も報復関税を発表したが、米国株の下げはちょっとだけだった。つまりニューヨーク時間での米国株は小幅な動きしかしなかったと言うことだ。

 それでも一段安した米国株をうけて、ドル円は109円台の前半まで下げてきた。私は早朝になってドル円を買い戻したが、米国株の下げ幅の割には小さい値幅だったいえよう。大台は109円台のままだったからだ。

 昨日は米国株が安値引けしたことによって、今日の一段安があるのかどうかが注視される。株価を見ながらのトレードとなるのは必然であり、ドル円の108円台突っ込みがあるかどうかも、それにかかっている。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る