ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ポンドドル1.20の大台割れたが、
憶測も入り乱れ乱高下は続きそう

2019年09月04日(水)16:49公開 (2019年09月04日(水)16:49更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日は欧州序盤でポンドの値下がりにやっと弾みがついてきた。ポンドドルは心理的な節目の1.2000を割り込んできて、ようやく不安心理が増大してきたというわけだ。原因はBREXITに絡むものと考えられているが、為替相場ではドルの全面高が継続している。ドル高の流れに乗っての効果の方が大きいものと見る方が自然であろう。

 それでも市場にはまだ楽観論が残っている。合意なきEU離脱は回避されるだろうとするもの。誰もが得をしないのだから、イギリスが大幅な譲歩に踏み切るだろうと見ているのだ。だからマーケットでクラッシュが起こらない分、むしろリスクテークの方向のポジションが危険水域にま達するまでたまってきているとも言える。ポンドのロングと株のロングだ。

 それで私もポンドショートで攻めてみたりするのだが、腰の入った持ち方ができない。ポンドの相場が下がってきても、そこには買い意欲が旺盛なのも見えるからだ。下サイドには投げ売りのストップ注文よりも、利食いの買い戻しや純粋なビッドが多いのである。昨日も1.19台のミドルまでは押し込んだものの、ニューヨーククローズに至るまでにポンドは大きく買い戻されて、瞬間的には1.21台までつけてしまっている。

 英議会で一人が与党を脱退した。これで連立与党が過半数を割り込んだようだ。そこで今朝になってEU離脱の延期法案の道議が出された。翌日にも議論に付されることで議会を通過。ジョンソン首相としては解散総選挙しか打つ手がない状態に追い込まれている。それでもポンドは積極的に売られる気配はない。

 今日になって離脱延期の採決が取られることになっているが、果たして解散に持っていけるのか。イギリスを始め、欧州の多くの国では解散は首相の権限だけで行われることは野蛮だということで忌避される傾向が強まっている。

 イギリスでは下院議員の3分の2以上が賛成しないと解散できないようだ。労働党が解散に賛成する側に回るとしても、数をそろえられるのか。解散もできないとなると、余計にイギリスの政情は混迷の度合いを増すことになる。

 というわけで今日も欧州時間ではイギリスの情勢をケアしないといけない。といって本格的なポンド安が始まってしまったら、そこから売り込んでいくには勇気が要ることではあるのだが。ポンドだからといって、特別に何か重いもの、ドル価に引き直すと高く思えてしまうものという思い込みがある。しかししょせんは為替レートは通貨同士の相対的価値だと考えれば大したことはない。

 ポンドドルが1.19だといっても、同じようなレベルがつい先日までユーロドルでもあったのだ。数字だけの上げ下げを論じるならば、このレベルが行き過ぎだということもないだろう。また直近のユーロドルの歩みの歴史を比べてみれば、ポンドドルだって1.13台とか1.09台まで行っても不思議はまったくないのである。


日本時間 16時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る