ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

円の独歩安でユーロ円ようやく上抜け、
楽観的でいたいモードがまん延

2020年06月03日(水)15:19公開 (2020年06月03日(水)15:19更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は海外時間に為替相場で円安が進んだ。ドル円がながらく107円台にいたのに、108円台に突入。そしてリスクに敏感とされるクロス円も大きく上昇した。中でもユーロ円はコロナ感染の影響で下がって以来は120円で完全に頭を押さえつけられていた。

 なのにそれがようやく上抜いてきたのだ。そして買い戻しのストップロスを巻き込んで、121円台の中盤まで吹き上がっている。ドル円の上昇はクロス円上昇の一環だったと考えたほうがよいだろう。

 また原油相場も一段高。OPECプラスにおいて減産調整を1カ月延長することが決まりそうだという報道が出たからである。こちらもコロナ以来の戻り高値をつけていて、37ドル台まで上昇。

 ユーロ円、原油価格といったリスク性の高い金融商品が高値追いをしているので、マーケット全体がリスクテークの流れとなった。米国株も値幅こそ小さかったが、ずっと高値張り付き。

 こうした株高の裏付けもあって、いましばらくはクロス円が堅調に推移しそうだ。ユーロ円は今度は120円ちょうどが押し目の目安を与えるものとなろう。

 つまりネックラインとしてワークしそうだということである。また別にコロナ感染からの活動復帰に対して楽観的だと感じているマーケットが、そういう値動きを呈している。

 今晩のいちばん重要な経済指標はADPの雇用指数であるが、これもかなり悪い数字が出てくるだろうことが予想されているので、さらに悪いものが出てきてもマーケットは反応しないだろう。

 楽観的になろうしている姿勢が強いために、リスクテークするだけの根拠を探る展開になるだけだろう。つまりドル円やユーロ円が緩む局面があっても、そこは押し目買いで臨むべきだということ。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る